2014年07月12日

複製された男(原題:ENEMY)

hukuseisareta.jpg

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作:ジョゼ・サラマーゴ「複製された男」(彩流社刊)
脚本:ハビエル・グヨン
出演:ジェイク・ギレンホール(アダム/アンソニー)、メラニー・ロラン(メアリー)、サラ・ガドン(ヘレン)、イザベラ・ロッセリーニ(キャロライン)

大学で歴史を教えるアダムは、同僚から勧められたビデオに自分とそっくりの男が端役で登場しているのを発見する。血縁なのか他人の空似なのか?!アンソニーという名前だとつきとめたアダムは、所属する俳優事務所を訪ねたり、家に電話をかけたりして確かめる。どうしてもじかに本人と会いたくなったアダムは約束をとりつけ、ついにアンソニーと対面する。見た目だけでなく、生年月日も同じなら後からできた傷も同じ。2人はオリジナルとコピーなのか?

ポルトガルのノーベル文学賞作家ジョゼ・サラマーゴの至高のミステリーが原作。『プリズナーズ』に続いてドゥニ・ビルヌーヴ監督とタッグを組んだギレンホールが、自分にそっくりな男との1人2役を演じ分け、驚愕のラストまで観客をひきつけます。
え、ええ〜!?ともう一度見直したくなることうけあい。筆者は「原作はいったいどうなの?」と図書館で手にとってはみましたが、難解との評に違わず句読点なく続く長い文章にあっけなく降参・・・。興味と時間のある方はぜひ読破してみてください。
恋人に『イングロリアス・バスターズ』のメラニー・ロラン、妻に『危険なメソッド』のサラ・ガドン、母に『ブルーベルベット』のイザベラ・ロッセリーニと美女に囲まれたギレンホールの苦悩の表情にくらくらしましょう。(白)


2013年/カナダ、スペイン/カラー/90分/
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
(c) 2013 RHOMBUS MEDIA (ENEMY) INC. / ROXBURY PICTURES S.L. / 9232-2437 QUEBEC INC. / MECANISMO FILMS, S.L. / ROXBURY ENEMY S.L. ALL RIGHTS RESERVED.
http://fukusei-movie.com/

★7月18日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかロードショー
posted by shiraishi at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック