2014年07月12日

プレーンズ2 ファイアー&レスキュー(原題 PLANES: FIRE & RESCUE)

planes2.JPG

監督:ボブス・ガナウェイ
製作総指揮:ジョン・ラセター
プロデューサー:フェレル・バロン
声の出演:瑛太(ダスティ)、ハリセンボン 近藤春菜(ディッパー)、ハリセンボン 箕輪はるか(パインコーン)
オリジナル・サウンドドラック:ウォルト・ディズニー・レコード
ジュニアノベル:偕成社刊

農薬散布用の飛行機だったダスティは、憧れの世界一周レースに出場。見事チャンピオンとなった。しかし大事な部品が壊れてしまい、最大速度を出さねばならないレース出場はできなくなってしまった。
一時は落ち込んだダスティだったが気を取り直し、消防士の足りない飛行場のため、資格を取ろうと思いつく。レスキュー隊チームリーダーの消防救助ヘリコプター・ブレードは、自信過剰のダスティに、チームワークと勇気の大切さが身につくように厳しく指導する。大規模な山火事が発生したある日、仲間たちとともにダスティも消火活動に飛び出すが、火事は拡大していき絶体絶命の危機に陥る。

2013年公開『プレーンズ』の第2弾。前作でお馴染みのキャラに加えて、様々なタイプの飛行機が登場します。男の子たちには「はたらく乗り物」がいつの時代も人気ですが、今回はあまり見る機会のない消火作業のための大型飛行機、ヘリコプター、パラシュート隊の車などが活躍します。たくさんの賑やかなキャラたちのセリフがかぶるお喋りは、シルバーエイジにはちと疲れるものですが、お笑いに慣れた若い方々や子どもたちには問題ないのでしょうね。
飛行シーンは相変わらず素晴らしく、今回特筆すべきは山火事のシーンでの炎のリアルさ!!何十種類もの炎を描き分けたそうです。勢いを増す強風がさらに炎と煙を変化させ、トラウマになりそうな怖さです。その中で繰り広げられるアクションアドベンチャーに、ドキドキハラハラの連続。ダスティを支える仲間たちの友情にホロリとさせられ、大切な贈りものをもらった気になる作品です。
実際は人間が操縦してこの命がけのレスキューをしているわけです・・・・消防隊、レスキュー隊の皆様の無事を祈りつつ。(白)


2014年/アメリカ/カラー/84分
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)2014 Disney. All Rights Reserved.
http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/planes2

★2014年7月19日(土)全国ロードショー!
posted by shiraishi at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック