2014年07月06日

怪しい彼女(原題:Miss Granny)

ayasii.jpg

監督:ファン・ドンヒョク
撮影:キム・ジヨン
美術:チョ・ギョンソン
音楽:モグ
出演:シム・ウンギョン(オ・ドゥリ)、ナ・ムニ(オ・マルスン)、ソン・ドンイル (パン・ヒョンチョル)、イ・ジヌク(ハン・スンウ)、ジニョン(パン・ジハ)、パク・イナン(パク氏)

夫に先立たれ、苦しい生活のなか女手一つで息子を育て上げたオ・マルスンおばあちゃん。大学教授になった息子が自慢で、嫁や孫には毒舌で言いたい放題。毎日いびられた嫁は、ストレスで倒れて入院してしまった。たまりかねた家族が、老人施設に入れようかと話しているのを聞いてしまったマルスン。ふらふらと通りかかった写真館で葬儀用の写真を撮影してもらった。なんだか妙な感じがしてガラスに映った顔を見ると・・・中味は70歳のまま、姿かたちが20歳に若返っていた!(ここからナ・ムニからシム・ウンギョンに代わります)。
写真館は跡形もなく消えてしまっていて、このままでは家にも帰れない。マルスンは、ファンだったヘプバーンから思いついた「オ・ドゥリ」と名乗り、新しい生活を始めることにした。彼女の正体に気づいたのはただ一人・・・。

子役出身のシム・ウンギョンは、製作時は19歳だったのですが、方言丸出し+口が悪い+気が強いおばあちゃんを演じてほんとに上手です!大先輩であるナ・ムニの動きをよく観察したのだとか。
見た目と中味のギャップで笑わせるだけでなく、劇中で歌う懐メロもオリジナルの歌も本人という頑張りやさん。次の作品が楽しみな若手です。
激動の時代に一人奮闘したマルスンには自分の夢を見る余裕などありませんでした。韓国の歴史を垣間見ると、そのガンコさも納得。家族も毒舌の内側にあったマルスンの思いを徐々に知ることになります。そんな側面も見せながら「青春よ、もう一度」と願う人には夢のようなお話が展開します。もし20歳に戻れたら何をしますか?

sub2_large.jpg

笑わせ、泣かせの塩梅も絶妙で、ファン監督はこういうセンスもあるのだと感心しました。前作は障害児施設での虐待を描いた『トガニ 幼き瞳の告発』。あの院長役だったチャン・グァンが、今度は不思議な写真屋さんで出演。サプライズ登場の人もいますのでお楽しみに。(白)


2014年/韓国/カラー/125分/ビスタ
配給:CJ Entertainment Japan
(c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
http://ayakano-movie.com/

★7月11日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック