2014年06月08日

ノア 約束の舟(原題:NOAH)

noah.jpg

監督:ダーレン・アロノフスキー
脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル
出演:ラッセル・クロウ(ノア)、ジェニファー・コネリー(ナーマ)、レイ・ウィンストン(トバル・カイン)、エマ・ワトソン(イラ)、アンソニー・ホプキンス(メトシェラ)、ローガン・ラーマン(ハム)、ダグラス・ブース(セム)

妻と子を守り、神の教えに従って生きるノアは、ある日恐ろしい夢を見る。それは堕落した人間を地上から消し去り新たな世界を作り直すという神からの啓示であった。洪水が襲ってくる前に、総ての動物をつがいで収容する巨大な箱舟を作らねばならない。ノアは嘲笑を受けながらも家族と共に黙々と作業をする。激しい雨が降り始めると、人々は慄きわれ先に助かろうとノアの箱舟をめざした。ノアの父親を殺した傲慢なトバル・カインも剣を手に襲ってくる。

創世記の記述は真実か伝説か?壮大なミステリーか?古くから数多の学者や研究者が謎を解こうと力を注いできた、ノアの箱舟が『ブラック・スワン』のアロノフスキー監督により映画化されました。これまでのどの映像よりもダイナミックなだけでなく、1人の人間として、父親としてのノアの苦悩も描かれています。神に忠実であろうとしながら、ほかの人々や、一つがい以外のほかの命を助けられないことで苦しみます。これまでの創世記にはなかった家族、ことに養女であるイラとのやりとりが、ノアの内面に光をあてているようです。いつまでもハーマイオニーではなかったのでした。エマ・ワトソン。
ノアと敵対するトバル・カインのセリフときたら、まるで現代人みたい。あぶれてしまう次男は悲痛。それにしてもノアたちって、500歳とか600歳だったの?知らなかった。(白)


配給:パラマウント
(C)2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
http://www.noah-movie.jp/
★6月13日(金)TOHOシネマズ日劇1ほか全国ロードショー

ラッセル・クロウ来日舞台挨拶レポはこちらのスタッフ日記をご参照下さい。
http://cinemajournal.seesaa.net/article/398800987.html
posted by shiraishi at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック