2014年06月01日

捨てがたき人々

sutegataki.jpg

監督:榊英雄
原作:ジョージ秋山
脚本:秋山命
撮影:宮川幸三
出演:大森南朋(狸穴勇介)、三輪ひとみ(岡辺京子)、美保純(あかね)、田口トモロヲ(丸吉社長)、内田慈(吉田和江)、滝藤賢一(吉田チーフ)

仕事も金もなく、生きるのにも飽きてしまった勇介はふるさとの長崎・五島に戻ってくる。すでに両親も知る人もない街で無為にすごすが、ただ1人だけ勇介に笑顔を見せてくれた女がいた。顔に大きな痣のある弁当屋の店員京子だった。京子は新興宗教に傾倒していて、勇介に愛を説き仕事を世話してくれる。2人は衝動的に関係を持ってしまい、なしくずしに同居し子どもも授かるのだが・・・。

榊英雄監督がジョージ秋山のコミックを映画化。脚本の秋山命さんはジョージ氏の息子さんです。
以前『誘拐ラプソディー』インタビューのとき、大森さんを主演に「男と女のまぐわい」の作品を撮りたいとおっしゃってましたものね。
→ http://www.cinemajournal.net/special/2010/yuukai/
目つきが悪く怠惰で金とセックスにしか興味のない勇介を大森南朋さん。この役のために体重を増やし、コミックの主人公にそっくりな表情をします。いやはや。ホラークイーンの三輪ひとみさんも全裸でのハードなシーンもいとわず熱演。叔母役の美保純さんが熟女のふてぶてしさと可愛らしさを同居させて2重丸◎!
初めは勇介がすっごくいやなヤツに見えるのですが、周りの人の金とセックス亡者ぶりが露見してきて、最後には勇介は正直な分損しているように思えてきます。榊監督のふるさとの五島の景色も素敵で、ご本人も1シーン出演。(白)


2012年/日本/カラー/123分/HD
配給:アークエンタテインメント
(C)2012「捨てがたき人々」製作委員会
http://sutegatakihitobito.com/
★6月7日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック