2014年05月25日

ポリス・ストーリー レジェンド(原題:警察故事2013 Police Story)

police.jpg

監督・脚本・編集:ディン・シェン
アクション監督:ヘ・ジュン
キャスト:ジャッキー・チェン(ジョン・ウェン)、リウ・イエ(ウー・ジアン)、ジン・ティエン(ミャオ)、グーリー・ナーザー(シャオウェイ)、リュウ・ハイロン(ファイター)、ジョウ・シャオオウ(ウェイ・シャオフー)、ユー・ロングァン(隊長)

ジョン・ウェン刑事は半年振りに一人娘ミャオに会った。待ち合わせた巨大なナイトクラブ「ウー・バー」のオーナーのウー・ジアンと結婚したいというのだ。仕事に追われ、家庭を2の次にしていたジョンをミャオは許せず、ことさら反抗的になっている。
娘との間が持てず、バーの中を見ていたジョンは、急に何者かに襲われ気を失ってしまう。気がつくと出入り口が封鎖され、ジョン親子を含めた十数人の客が檻のような囲いに閉じ込められていた。しかもあちこちに爆弾がしかけられ、警察もうかつに手が出せない。これはウーが巧妙に仕組んだ籠城事件だった。ウーの目的は何なのか?

冒頭シーンが、チラシ画像の「涙目で銃をこめかみに当てているジャッキー」のアップです。何が起こるの?とくいつくように観てしまいました。
『ポリス・ストーリー』第1弾が30年前(今観ても面白いです!)、香港のアクションを牽引してきたジャッキーも今年60歳になりました。アクションはこの前の『ライジング・ドラゴン』が最後、と言ってなかったっけ?と思いつつ、娘を思う父の心情がにじみ出るジャッキーに、全部封印しないでアクションもできるスターでいて、と応援したくなります。悪役のリウ・イエが新鮮。猫型少女のジン・ティエンも可愛いです。
監督は『ラスト・ソルジャー』でジャッキーが抜擢したディン・シェン。アクション監督が成家班のヘ・ジュン。ナイト・クラブでのバトルが多いですが、アクションのためのような作りなので(?)飽きさせません。トンネルだけは無駄に見えましたが。(白)


2013年/中国/カラー/108分/シネスコ
配給:ブロードメディア・スタジオ
(C)2013 Jackie & JJ Productions Limited, Wanda Media Company Limited and Starlit HK International Media Company Limited All rights reserved 

★6月6日(金)TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー


posted by shiraishi at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック