2014年05月25日

罪の手ざわり   原題:天注定  英題:A TOUCH OF SIN  

tsuminotezawari.jpg

監督・脚本:ジャ・ジャンクー
出演:チャオ・タオ、チャン・ウー、ワン・バオチャン、ルオ・ランシャン

村の共同所有だった炭鉱の利益を独占してしまった同級生の実業家ジャオを訴えると怒る山西省・烏金山(ウージンシャン)の炭鉱夫ダーハイ。ある日、ジャオの手下に襲われたダーハイは、猟銃を手に役人たちのもとへ向かう。

出稼ぎと称して各地で強盗を繰り返し、重慶に残した妻と子に大金を送るチョウ。正月と母親の誕生祝いを兼ねて重慶に帰ってくる。山西省の山奥で自分を襲ってきた3人を殺してしまったことが頭をよぎる。

湖北省・宜昌(イーチャン)、妻帯者の恋人との関係を絶つべきか悩むシャオユー。風俗サウナで受付係として働く彼女は、ある日、男たちに執拗に相手をしろと言われ、思わず持っていたナイフで男を刺してしまう。

広東省の縫製工場で働く青年シャオホイは同僚を怪我させてしまい、高給を稼ごうと転職したナイトクラブでホステスの女性に恋をする。訳ありの彼女との恋に破れ、台湾企業に転職するが低賃金の上、給料日前に親から仕送りの督促が入る。そこへ縫製工場で怪我をさせた同僚が現れる・・・

山西省、重慶市、湖北省、広東省と、広い中国の離れた地で実際に起こった誰もが知る重罪事件を、ジャ・ジャンクー監督は登場人物をみごとに交差させて一つの映画として紡いでいます。
初監督作品『一瞬の夢』以来、現代社会の厳しさの中で生きる庶民の姿を描いてきたジャ・ジャンクー。本作も、その人の置かれた環境が罪を生み出すことをずっしり感じさせてくれました。
『罪の手ざわり』の試写を観たのは、ワン・ビン監督の『収容病棟』を観た直後でした。雲南省の精神病院に収容されている患者たちの姿を捉えたドキュメンタリー。精神異常として収容されている患者の中には、政治的な陳情行為をした人や、「一人っ子政策」に違反した人、宗教的に熱心すぎる人などもいました。
生まれながらの悪人はいません。社会の歪が、罪人や精神異常者を排出していることを強く感じた一日でした。もし私が中国で生まれていたら、とても生き抜けないと思いましたが、きっとどんな環境でも人間はなんとか生きていくのでしょうね。そこでいかにドロップアウトしないで済むかでしょうか・・・ (咲)


第66回カンヌ国際映画祭脚本賞 受賞
2013/中国=日本/129分/R15+
配給:ビターズ・エンド、オフィス北野
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/tumi
2014/5/31(土)より Bunkamuraル・ シネマほか全国順次ロードショー
posted by sakiko at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック