2014年05月19日

ぼくたちの家族

bokutati.jpg

監督・脚本:石井裕也
原作:早見和真「ぼくたちの家族」(幻冬舎文庫)
出演:妻夫木聡(若菜浩介)、原田美枝子(若菜玲子)、池松壮亮(若菜俊平)、長塚京三(若菜克明)、黒川芽以(深雪)

郊外の一戸建てに住む若菜家はごく普通の家族だった。小さな会社を経営する父克明、専業主婦の母玲子。中学生のときは引きこもりだったが今は会社員、結婚もしてもうすぐ父親になる長男浩介、気楽な大学生の次男俊平は家を出て自活、ときどき母に無心している。
このごろ物忘れが多くて、という玲子のようすがおかしい。嫁の深雪の両親との会食で独り言をつぶやき、何度も名前を間違う。克明と浩介は玲子を病院に連れて行き、医師に「脳腫瘍で末期。治療法がなく、余命は1週間」と告げられる。慌てふためく克明と浩介。玲子の病状は進み、俊平を他人だと思ったり、急に明るく笑ったりする。今後の費用を心配する浩介と俊平は、父の多額の負債と家のローン、母のサラ金からの借金を初めて知って愕然とする。

『舟を編む』で昨年度の映画賞を総なめにした石井裕也監督・脚本の新作。試写室は満員でした。
突然母を襲った病魔に、家族が大揺れに揺れ、それまで見えなかったひずみが大きく出てきます。童女のような無邪気な母の本音が可愛らしくも涙を誘い(原田美枝子さん素敵!)、いたたまれない気弱な父と生真面目な長男(まじめな妻夫木くん似合う!)にしっかりしてといいたくなります。次男(池谷くん儲け役!)はヘラヘラしながらも存外に役に立ち、幸運を呼び込んできてくれるのでした。
妻夫木くん扮する長男の「悪あがきしてみる」のセリフに、自分だったら1週間で何ができるだろう?と考えてしまいました。どこの家にでも似たような問題がひとつふたつはありそうですが、投げ出さずに悪あがきすれば道は開けていくのだ、と背中を押してもらった気分です。いや、崖っぷちで押すのはなしね。(白)


2014年/日本/カラー/117分/シネスコ
配給:ファントム・フィルム
(C)2013「ぼくたちの家族」製作委員会
http://bokutachi-kazoku.com/

★5月24日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー
posted by shiraishi at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック