2014年05月18日

マンデラ 自由への長い道(原題:Mandela: A Long Walk To Freedom)

mandela2.jpg

監督:ジャスティン・チャドウィック
脚本:ウィリアム・ニコルソン
原作:ネルソン・マンデラ自伝「自由への長い道」(NHK出版)
出演:イドリス・エルバ(ネルソン・マンデラ)、ナオミ・ハリス(ウィニー・マンデラ)、トニー・ギゴロギ(ウォルター・シスル)
主題歌:「オーディナリー・ラヴ」U2
オリジナル・サウンドトラック:ユニバーサル・ミュージック

1918年生まれのネルソン・マンデラは、ヨハネスブルグで法律を学び弁護士資格を取得する。都会での人種の格差を身にしみて感じ、アフリカ民族会議(ANC)に入党。アパルトヘイト政策の強化とともに、運動に力を注いでいく。「民族の槍」を組織し、武装闘争で逮捕された後、1964年、国家反逆罪で終身刑となった。獄中生活はそれから27年も続くことになる。

ネルソン・マンデラの自伝「自由への長い道」をもとに、自由と平等のために闘った激烈な生涯を描いた作品。プロデューサーのアナント・シンは、1995年マンデラ本人から自伝を手渡され「君に作ってほしい」と指名されたそうです。シン自身も南アフリカで、反アパルトヘイト運動に参画した1人であり、『サラフィナ!』などを送り出しています。
決して美化しないという条件のもと、監督、脚本をはじめとするスタッフ、キャストたちが実在した人々をスクリーンに息づかせています。マンデラの次に重要な1人、妻ウィニーとの出会い、つかのまの幸福、そして長期の獄中生活を支え続けたウィニーの献身。釈放後の再会と別れも描いています。この人も十分映画になりそう、と思ったらジェニファー・ハドソン主演で『ウィニー』(2011年/日本未公開/マンデラはテレンス・ハワード)が作られていました。
ネルソン・マンデラは、惜しまれつつ2013年12月5日95歳で亡くなりました。作品の中に散りばめられた彼の言葉は、きっといつまでも残るはずです。(白)


2012年/アメリカ/カラー/2時間27分/シネスコ/ドルビーSRD
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(c)2014 Long Walk To Freedom(Pty)Ltd
http://disney-studio.jp/movies/mandela/

★5月24日(土)全国ロードショー
posted by shiraishi at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック