2014年05月18日

ミスターGO!  原題:Mr.Go

mr go.jpg

監督:キム・ヨンファ(『カンナさん大成功です!』『国家代表!?』)
出演:リンリン(ゴリラ)、シュー・チャオ、ソン・ドンイル、キム・ガンウ、オダギリジョー

中国吉林省。サーカス団でゴリラのリンリンと共に育った15歳の少女ウェイウェイ(シュー・チャオ)は、大地震で団長だった祖父を亡くし、団長としてサーカス団を率いることになる。サーカス団は多額の借金を抱えていて、押しかける借金取りに困り果てていたところに、韓国球界にゴリラのリンリンをスカウトしたいとソン・チュンソ(ソン・ドンイル)という男がやってくる。最下位トゥサン・ベアーズの救世主として起用したいというのだ。韓国入りしたリンリンは、“ミスターGO”の名で代打選手としてバッターボックスに立つ。ウェイウェイが送るサインで、リンリンは毎回大きなホームランを放つ。チームに勝利をもたらすリンリンに球団の若き団長キム(キム・ガンウ)も大喜び。やがて、噂を聞きつけた日本の球界から読売ジャイアンツと中日ドラゴンズがこぞってトレード話を持ちかけてくる。さらに、ライバルチームが、リンリン対策として、中国の同じサーカス団からゴリラのZEROSを投手として入団させる。ゴリラ対決で人気沸騰の陰で、リンリンは膝の痛みに苦しんでいた・・・

mr go odagiri.jpg
ソン・ドンイル(左)とオダギリジョー
(C) 2013 SHOWBOX / MEDIAPLEX AND DEXTER FILMS ALL RIGHTS RESERVED.


「球界のルールに、人間だけでチームを作れとは書いてない」と、ゴリラを起用! おふざけとしか思えない設定なのに、実に大真面目に作っていて、もう笑うしかない!
中日ドラゴンズオーナーのイトウ役でオダギリジョーが出てくるとわかっていたのですが、おかっぱ頭に大きな眼鏡をかけた変な男が、オダギリジョーにはどうしても見えません。声は確かにオダギリジョーなのですが・・・
少女ウェイウェイ役のシュー・チャオは、チャウ・シンチー監督の『ミラクル7号』で映画デビュー。今回初めて韓国映画に出演。
敏腕スカウトのソン・チュンソ役のソン・ドンイルは、ドラマ「パリの恋人」や「僕の彼女は九尾狐(クミホ)」での、ちょっと詐欺師っぽい映画監督役が気に入っている俳優さん。 『ミスターGO!』でも、団長になったばかりの少女ウェイウェイちゃんを騙すのでは?と心配になってしまいました。7月11日公開の『怪しい彼女』では、老人問題が専門の大学教授役。父親を幼少時代に亡くし、女手一つで育ててくれた母親を思う気持ちに溢れ、なかなかいい味を出してます。
また、5月10日公開の『結婚前夜〜マリッジブルー〜』で、ウズベキスタンの美女から思いを寄せられて戸惑う中年男を演じたマ・ドンソクが、本作では、野球解説アナウンサーとして颯爽とマイクを握っています。
その他、ドラマ「母さんに角が生えた」「ソル薬局の息子たち」などで会社役員役が似合うキム・ヨンゴンが、トゥサンベアーズ球団のオーナー役、「パリの恋人」のキム・ジョンウンがリンリンの出演するバラエティ番組のMC役で出るなど、韓国ドラマファンには、お楽しみがいっぱい。
そして、何より圧巻は、CGとは思えないほどよく出来たゴリラたち。涙もろく心優しいリンリンと、敵対心むきだしの獰猛なZEROS。ちょっとした表情で性格を描き出していて、いやもう、あっぱれです。(咲)


2013年/韓国/カラー/133分
配給:ギャガ
公式サイト:http://go.gaga.ne.jp/
★2014年5月24日(土)よりシネマライズほか全国ロードショー
posted by sakiko at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック