2014年05月11日

ニューヨーク 冬物語(原題:WINTER'S TALE)

NY.jpg

監督・脚本:アキヴァ・ゴールズマン
原作:マーク・ヘルプリン「ウィンターズ・テイル」(早川書房刊)
出演:コリン・ファレル(ピーター・レイク)、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ(ベバリー・ペン)、ジェニファー・コネリー(バージニア)、ウィリアム・ハート(アイザック・ペン)、エヴァ・マリー・セイント(ウィラ)、ラッセル・クロウ(パーリー・ソームズ)

19世紀末のニューヨーク。移民船でようやく到着したばかりの若い夫婦が新しい生活に期待している。しかし、夫が上陸前の検査で結核とわかり送り返されることになってしまった。わが子だけでも新天地に、と夫婦はこっそり幼い息子を手放して去って行く。
男の子は親を知らずに育ちピーター・レイクと名乗って、裏社会を牛耳るパーリーの元で頭角を現していた。独り立ちをしたいピーターはパーリーから逃げ出すが追い詰められる。あわやというとき、不思議な白馬の導きで逃げおおせ美しい令嬢ベバリーと出会う。

アメリカで絶賛されたベストセラー小説「ウィンターズ・テイル」を『ビューティフル・マインド』の脚本家アキヴァ・ゴールズマンが自ら脚色、監督した作品。100年前と現在のニューヨークが舞台です。このごろ夏のような暑さが続いているので、冬のニューヨークを満喫するのもいいかも。ヒロインのジェシカ・ブラウン・フィンドレイはイギリスのテレビドラマで人気の出た人だそうで、はまり役でした。
ロマンスだけでなく、ピーターとパーリーの戦いもあるのですが、これがファンタジー風味で最初なんなのかよくわかりませんでした。原作はよく知られているらしいので、アメリカではすぐ通じたのでしょう。
TVドラマ「ホワイトカラー」で人気のマット・ボマーが最初に登場してあらっ!ウィル・スミスも意外な役で出演しています。愛のために100年の時を生かされるロマンチックなお話なので、デートムービーにおすすめ。(白)


2014/アメリカ/カラー/118分/シネスコ
配給:ワーナー・ブラザース
(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
http://wwws.warnerbros.co.jp/winterstale/
★5月16日(金)丸の内ピカデリーほかにて公開
posted by shiraishi at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック