2014年05月10日

百瀬、こっちを向いて。

momose.JPG

監督:耶雲哉治(やくも さいじ)
原作:中田永一「百瀬、こっちを向いて。」(祥伝社刊)
脚本:狗飼恭子
撮影:梅根秀平
美術:三浦真澄
出演:早見あかり(百瀬陽)、竹内太郎(15歳の相原ノボル)、向井理(30歳の相原ノボル)、石橋杏奈(神林徹子)、工藤阿須加(宮崎瞬)、ひろみ(田辺真治)

相原ノボルは久々に故郷へ向かっていた。文学新人賞を受賞した記念に母校での講演を頼まれたのだ。ノボルには、小さな嘘から始まる忘れられない思い出があった。
15年前、尊敬する先輩の宮崎瞬から呼び出されたノボルは、強いまなざしの百瀬陽と引き合わされる。瞬には石橋杏奈という本命の彼女がいて、陽は2番目。二股かけているのがバレないように、ノボルと陽が付き合っているフリをしてほしいというのだ。しかもそれは陽自身が提案したのだという。

いくら彼を諦めたくないとはいえ、他の男子を巻き込んでまでそんな「フリ」をする女子がいるのだろうか?青春からあまりに遠く離れてしまったおばちゃんには信じられません。だいたいそんなことをさせとく「彼」なんてロクなもんじゃありません。
恋をしたことのないノボルは、恋に夢中の陽に引き摺り回されるうちに、陽が好きになってしまうのです。恋のベクトルがそれぞれ別のほうを向いています。若い時って楽しいだけでなく、切なくて苦い思いもたくさん。制服の似合う若手の俳優さんたちがみな爽やかです。透明感のある百瀬陽役の早見あかりさんは、元ももいろクローバーのメンバーで2011年に脱退。これが初主演です。(白)


2014/日本/カラー/109分/
配給:スールキートス
(C)2014 映画「百瀬、こっちを向いて。」製作委員会
http://momose-movie.com/
★2014年5月10日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック