2014年05月10日

シークレット・チルドレン(原題:The Secret Children)

シークレット.jpg

監督:中島央
編集:目見田健
音楽:比留間一昭
キャスト:オーガスト・コリエル(セドリック)、ジェイミー・ベルナデッテ(ソフィア)、アリ・デ・ソーサ(マックス)、サイモン・ソロズ(ギル)、アリ・ハースタンド(カール)

近未来のある国家。人口減少が続き、労働力不足を補うため政府は「シークレット・チルドレン」と呼ぶクローンを作り出してきた。しかし独裁者が大統領に就任し、クローン廃絶運動を開始した。それまで人間と共存してきた3万人のクローンたちは、抵抗もむなしく次々と命を奪われていく。

政府の都合で作り出され、あげく粛清されていくクローンが団結して一矢報いるストーリーです。派手な映画ではありませんが抑え目の色調で、幼馴染のクローンカップルの命がけの抵抗を描きます。
実際に哺乳類のヒツジのクローンができたとは聞いていますが、公表されないだけでヒトのクローン研究もなされているのではと想像しています。それが進んでいけばこの映画のような事態がおきるかも。権力を持てばそれを存続するために自分のコピーがほしくなるだろうし、全く欲には限りがありません。
2011年の『Lily』公開時の中島監督インタビューが特別記事にあります。今回もオリジナル脚本で、日本公開できたことお祝い申し上げます。(白)

http://www.cinemajournal.net/special/2011/lily/

2014年/アメリカ/カラー/103分/
配給:アーク・フィルムズ 
http://thesecretchildren.com/
(c)2014 FOX International Channels (Japan) / Hikari-TV
★5月10日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷にて全国ロードショー


posted by shiraishi at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック