2014年03月09日

オール・イズ・ロスト 最後の手紙   原題 ALL IS LOST

監督:JC・チャンダー

出演:ロバート・レッドフォード


スマトラ海峡から3150キロ沖の海。“すべて失った……すまない”と、ボートの上で家族に手紙をしたためる男。

インド洋を自家用ヨットで航海していた男。8日前、水の音で目覚める。何かがぶつかって穴が開き、船室に水が入ってきたのだった。穴を応急修理し、水を一生懸命掻き出すが、やがて暴風雨に襲われ、無線もパソコンも使えなくなる。男はヨットを捨てる決意をし、食糧や必要最低限の道具などを持って救命ボートに乗り移る。男は助かるのか・・・
allislost.jpg

(C) 2013 All Is Lost LLC


設備は整っていても、大海原で小さなヨットが遭難する可能性もひとりぼっちの孤独も覚悟の上での単独航海。災難に襲われ、すべてを失った時、それでも男は生きる望みを失わない。

暗い海の中、遠くに見えてきた船体。なんとも面白い形・・・と思ったら、コンテナ船だった。かつて、船積みの手配をしていたことがあったけど、実際の船を見たことがなかった。コンテナって、こんな風に積まれるんだと興味津々。コンテナ船には、船員の姿も見えず、静かに男の前を通り過ぎていく。すごく不気味で、この映画で一番ぞくっとした場面。(咲)


配給:ポニーキャニオン 
2013年/アメリカ/カラー/ドルビーデジタル/シネマスコープ/106
公式サイト:http://allislost.jp/
★2014
314日(金)TOHOシネマズシャンテほか、全国ロードショ-
posted by sakiko at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック