2014年03月02日

偉大なる、しゅららぼん

idainaru.jpg

監督:水落豊
原作:万城目学「偉大なる、しゅららぼん」(集英社刊)
脚本:ふじきみつ彦
音楽:瀬川英史
主題歌: ももいろクローバーZ 「堂々平和宣言」
出演:濱田岳(日出淡十郎)、岡田将生(日出涼介)、深田恭子(日出清子)、渡辺大(棗広海)、貫地谷しほり(藤宮濤子)、佐野史郎(日出淡九郎)、高田延彦(棗永海)、森若香織(棗の母)、田口浩正(日出洋介)、大野いと(速水沙月)、柏木ひなた(棗潮音)、小柳友(葛西)、津川雅彦(日出淡八郎)、笹野高史(源治郎)、村上弘明(速水義治)

琵琶湖湖畔の町、石走(いわばしり)に住む一族「日出家」には、代々琵琶湖の神より賜った不思議な力が伝えられていた。1300年にわたって守ってきた力は・・・「琵琶湖エリア限定」??分家の涼介は高校入学と同時にその力の修行をすべく本家に寄宿することになった。源治郎の迎えの船で住まいとなる城に送り届けられる。最強の力を持つと言われる跡取りの淡十郎、その姉の清子、師匠の濤子たちとの暮らしが始まった。淡十郎とおそろいのオーダーメイドの制服で登校した涼介は、日出家と長年の宿敵である棗一族の兄妹と出会う。

原作は「鴨川ホルモー」(2006年)で文壇デビューした万城目(まきめ)学氏。2009年に映画化されて、その摩訶不思議な世界と、濱田岳さんのちょんまげに驚いたものです。その後「プリンセス トヨトミ」も映画化されていますが、今回は原点に戻ったかのような不思議なパワーが炸裂するファンタジー作品。
濱田岳さんは今度もビジュアルで驚かせる真っ赤な詰襟で登場。いそうにないキャラでもこの人が演じると説得力が増しますね。恐れるもののないこの「殿」に、涼介はすっかりお供のもの扱いで、面食らうことばかり。青春っぽい恋模様と両家の争いが進むにつれ、不思議な力の秘密が明かされていきます。(白) 

2013年/日本/カラー/114分/ビスタ
配給:東映=アスミック・エース 
(C)2014映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会 
(C)万城目学/集英社 
http://shurara-bon.com/ 

 ★3月8日(土)より全国順次公開
posted by shiraishi at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック