2014年02月15日

デリーに行こう  原題:Challo Dilli

監督:シャシャーント・シャー

出演:ラーラ・ダッタ、ヴィナイ・パタック

charo delhi2.jpg

ミヒカは美人で潔癖症、ムンバイで投資会社を営むキャリアウーマン。ハンサムでお金持ちの夫は首都デリーで別居生活。ある日、ミヒカは仕事を兼ねて夫に会いにデリーに向かうが、機体トラブルの為、ジャイプルで降ろされてしまう。タクシーでデリーに向かおうとするが、運転手不足で、機内で見かけた不躾な男マヌと同乗する羽目になる。だいぶん走って気がつくとデリーとは反対方向!おまけにタクシーは沙漠の真ん中で故障してしまう。「大丈夫! たいしたことじゃない!」と何があってもマヌはこの一言。らくだ車、ジープ、木賃宿での一泊、トラックの荷台・・・と、上品なミヒカには我慢ならない珍道中になってしまう・・・

 charo delhi.jpg

ミヒカは、下品極まりないマヌと出会ったのが運のつきと、あからさまに嫌な顔をマヌに向けるのですが、一緒に旅をするうち、少しずつ気持ちが変わっていきます。別れた後、オールドデリーで生地屋を営んでいると言っていたのを頼りに訪ねていって知るマヌの素顔・・・  ハチャメチャな旅のあとに知るマヌの秘密。ぜひ劇場でご確認を!

 

思えばインドで飛行機が思うように飛ばないというハプニング。インドに4回旅して、2回経験しています。一度は、デリーからジャイプル行きの飛行機が霧で飛ばなくて、バスで向かったら、3車線が5車線くらいになって車がひしめき身動きできない状況に。その合間を牛が悠々と歩いていたのを思い出します。もう一度は、ジョドプルからデリーに向かった飛行機がデリーまで飛べず、ジャイプルで泊まる羽目に。現地ガイドも聞いたことがないというホテル・・・なんと、宮殿ホテルでした! 西洋人より先に案内されて喜んでいたら、私たちは城壁下の部屋。西洋人は母屋(つまり宮殿)でした。旅にも人生にもハプニングはつき物。何があってもマヌじゃないけど、「大丈夫! たいしたことじゃない!」で乗り越えるのが一番♪ (咲)

 

2011年/インド/ヒンディー語/120

配給:Thati Media Corporation

(C) 2012 Thati Media K.K. All Rights Reserved.

公式サイト:http://www.bollywoodeiga.com

★2014年2月15日(土)より、オーディトリウム渋谷ほか全国順次公開



posted by sakiko at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック