2014年02月14日

家族の灯り 原題:O Gebo e a Sombra

監督:マノエル・ド・オリヴェイラ(『アブラハム渓谷』『夜顔』『コロンブス 永遠の海』『ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区』)

出演:クラウディア・カルディナーレ、ジャンヌ・モロー、マイケル・ロンズデール、リカルド・トレパ、レオノール・シルベイラ、ルイス・ミゲル・シントラ

 

帳簿係のジェボは8年前に息子ジョアンが家出した理由を知っているが、妻ドロテイアに言えないでいる。息子の妻ソフィアも事情をわかっているが、いつ帰るともしれない夫を待つしかない。そんなある日、いつものようにカフェタイムにやってきた隣人のカンディニアが「息子さんが帰ってきてよかったわね」という。息子が帰ってきたのだ・・・

 

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲をもとにオリヴェイラ監督自身が脚本を書き映画化。家出した息子を待つ両親と息子の妻、そして友人たちが室内で語る光景がまったりと続く本作。まるで重厚な絵画に描かれている人物が会話しているかのよう。
kazoku.jpg

(C) 2012 - O SOM E A FURIA / MACT PRODUCTIONS

「我が息子!」と時折ため息をつく老母を演じたカルディナーレと、口達者な隣人を演じたジャンヌ・モローが圧巻。20131211日に105歳を迎えた現役最高齢の監督。どうぞまだまだ映画を作り続けてください

 

69回ヴェネチア国際映画祭アウト・オブ・コンペティション正式出品

2012年/ポルトガル・フランス/フランス語/1時間31分/35mm/カラー

配給:アルシネテラン 

公式ホームページhttp://www.alcine-terran.com/kazoku/

20142月15日(土)より岩波ホールにてロードショー



posted by sakiko at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック