2018年12月16日

家(うち)へ帰ろう    原題:El ultimo traje 英題:The Last Suit

uchiye kaerou.jpg

監督・脚本:パブロ・ソラルス
出演:ミゲル・アンヘル・ソラ、アンヘラ・モリーナ、ナタリア・ベルベケ、フリア・ベールホルド、オルガ・ボラス

ブエノスアイレスで仕立て屋を営んできたアブラハム。88歳となり右足は不自由だ。娘たちは彼を老人ホームに入れることを決め、家も売ってしまった。明日は老人ホームに入るという夜、アブラハムはそっと抜け出し、故郷ポーランドを目指す。戦争中、ユダヤである自分を匿ってくれた親友に、彼のために仕立てたスーツを届けるという約束を果たしにいくのだ。
知人に切符の手配を頼むが、すぐに飛べるのはスペインのマドリッド行き。そこからはフランスを経由してポーランドに列車で行けるという。ところが、パリからはドイツ経由だとわかり、決してドイツの土は踏みたくないアブラハム。ポーランドで無事、親友に会えるのだろうか・・・

ちょっと頑固なアブラハム爺さんの、人生最後の願いを叶える旅。
孫娘とのユダヤらしい駆け引きや、旅先でのハプニングをユーモアを交えながら描いていて、大いに笑わせていただきました。
アブラハムのモデルになったのは、パブロ・ソラルス監督の父方と母方の双方の祖父。特に、父方の祖父はアルゼンチンに来る前のポーランド時代のことを一切語らなかったそうです。ホロコーストを生き抜いたお祖父さまにとって、口にしたくない、あまりに悲惨な時代。
映画の中では、文化人類学者のドイツ人女性が、イディッシュ語でアブラハムに語りかけ、ドイツの土を踏みたくない彼の願いを叶えます。わだかまりが、少し溶ける瞬間。今を生きる私たちは、忌まわしい歴史を忘れることなく、お互いを敬うことが共存の一歩なのだと思います。(咲)


70年前に交わした約束を守るため、主人公はアルゼンチンからポーランドに向かう。老いた病身には行くだけでも辛いが、トラブルも起こる。それでも心優しき人々の助けを受け、友との再会を果たすべく旅を続ける。

ドイツ、ポーランドの国名を発したくない。ドイツの土地に1pたりとも足を踏み入れたくない。ナチスの迫害を受けた人々の悲しみは今なお癒えていないことを知る。そんな主人公がドイツ人に助けられ、ドイツを受け入れたときに未来の可能性を感じた。

冒頭で主人公が子や孫に「老いを受け入れるのは難しいが向き合っていく」『家族には迷惑をかけないで生きていきたい」と語る。これは誰もが思うこと。しかし実現は難しい。(堀)



DSCF4596 last s.JPG

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018で、『ザ・ラスト・ス―ツ(仮題)』のタイトルで上映され、観客賞を受賞。その折に来日したパブロ・ソラルス監督にお話を伺う機会をいただきました。(白・咲)
パブロ・ソラルスインタビュー

スタッフ日記
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 Q&A 


2017年/アルゼンチン・スペイン/スペイン語他/カラー/スコープサイズ/5.1ch/93分
配給:彩プロ
公式サイト:http://uchi-kaero.ayapro.ne.jp/
★2018年12月22日(土)シネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開







posted by sakiko at 18:36| Comment(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グリンチ(原題:The Grinch)

グリンチ.jpg
 
監督:ヤーロウ・チェイニー、スコット・モシャー
原作:ドクター・スース「いじわるグリンチのクリスマス」
音楽:ダニー・エルフマン
声の出演:ベネディクト・カンバーバッチ
日本語吹替え大泉洋、杏、秋山竜次、横溝菜帆、宮野真守

ひねくれ者のグリンチは人里離れた山の洞窟で、愛犬マックスだけを話し相手に、ひとり侘しく暮らす。買い置きの食料が底を尽き、大っ嫌いなクリスマスで賑わう村に買い出しに行くことに。みんながウキウキしているのが我慢できず、サンタクロースに変装して、村中のクリスマスプレゼントを奪うことを思いつく。
その頃、フーの村に住む少女シンディ・ルーはある願いを叶えるために、秘密の計画を立てていた。そして、クリスマス・イブにシンディはサンタクロースの格好をしたグリンチと出会うのだった。

ひねくれ者の主人公グリンチが人の優しさに触れ、心を開いていく。定番の展開ではあるが、グリンチの生活を快適にしている発明の数々や舞台となるフーの村のカラフルでポップな感じに心がウキウキしてくる。
前半、グリンチは村の人々に意地悪をするが、心に抱える悲しみがにじみ出ているので、嫌いにはなり切れない。初めて、人の優しさにふれたときの戸惑いも伝わってくる。
グリンチを変えることとなるシンディ・ルーには双子の弟がいる。彼らを育てるシングルマザーのドナは忙しい中でも子どもに対してしっかり愛情を示す。これは親として大事なこと。接する時間が短くても、母の深い愛情があるから、シンディ・ルーは人を愛し、赦すことができるのだろう。この気持ちがグリンチを変えた。愛は連鎖していくのだ。(堀)


2018年/アメリカ/カラー/スコープサイズ/ドルビーデジタル/86分
配給:東宝東和
(C) 2018 UNIVERSAL STUDIOS
https://grinch.jp/
★2018年12月14日(金)ロードショー




posted by sakiko at 09:21| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。