2018年12月09日

メアリーの総て  原題:Mary Shelley

mary.jpg

監督:ハイファ・アル=マンスール(『少女は自転車にのって』)
出演:エル・ファニング、ダグラス・ブース、スティーブン・ディレイン、ジョアンヌ・フロガット、

200年前、フランケンシュタインを生み出したのは、わずか18歳のメアリー・シェリーだった!

1800年代初頭のイギリス。作家を夢見る16歳の少女メアリー。有名な思想家の母は自分を生んで亡くなり、貧しく誇り高い作家の父と暮らしていた。継母と折り合いが悪いのを案じて、父はメアリーをスコットランドの友人のもとに送る。そこで開かれた読書会で、メアリーは異端の天才詩人と評判のパーシー・シェリーと出会い、恋に落ちる。義妹クレアが病に倒れたという嘘でメアリーはロンドンに呼び戻される。そんなメアリーを追いかけてくるほど、パーシーはメアリーにぞっこんだったが、彼には妻子がいた。反対を押し切り駆け落ちし、メアリーは女の子を産むが、借金の取り立てから逃げる途中で娘は亡くなってしまう。失意のメアリーは、義妹クレアに誘われてスイスの詩人・バイロン卿の別荘に赴く。そこで、「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる・・・

孤独な怪物フランケンシュタインの物語には、メアリーの人生経験が深く投影されているとのこと。わずか18歳で、それほど波乱に満ちた経験をしていることに驚かされます。
プロデューサーのエイミー・ベアーが、数多くの脚本からこの物語を選び、さらに監督をサウジアラビア出身のハイファ・アル=マンスールを選んだことに興味津々。女性の権利が著しく奪われているサウジアラビアで育ったハイファ・アル=マンスールは、「自分を取り巻く慣習からなんとか解放されるために、自身を見つけようとしながら成長する若い女性の物語」に強く惹かれたといいます。エイミー・ベアーの思惑通り、素晴らしい作品に仕上がっているのですが、いつかまた、自身の経験を生かして、サウジアラビアを舞台に映画を紡いでほしいものです。(咲)



2017年/イギリス・ルクセンブルク・アメリカ/ 121分/ギャガ/DCP
配給: ギャガ
公式サイト:https://gaga.ne.jp/maryshelley/
★2018年12 月15日(土) シネスイッチ銀座、シネマカリテ 他全国順次ロードショー.





posted by sakiko at 19:22| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ときめき プリンセス婚活記(原題:The Princess and the Matchmaker)

tokimeki.jpg

監督:ホン・チャンピョ
脚本:イ・ソミ
撮影:イ・ヒョンドク
音楽:キム・ドンキ
出演:イ・スンギ、シム・ウンギョン、ヨン・ウジン、カン・ミンヒョク(CNBLUE)、チェ・ウシク、ミンホ(SHINee)他

英祖 29年(1753年)、王(キム・サンギョン)は深刻な大干ばつから民を救うために、あらゆる策を尽くしていた。だが雨は一向に降らない。困り果てた王は占術に頼り、陰陽の均衡の崩れを元通りにするため、婚期を迎えた娘・ソンファ姫(シム・ウンギョン)と、最高の相性を持つ男性を婿として迎え入れ、婚礼を執り行うことを決断する。姫に相応しい婿を見つけるため、朝鮮最高の監察官(占い師)ソ・ドユン(イ・スンギ)を抜擢。一大婚活プロジェクトが始動した。国中から選りすぐりの花婿候補が集い、占いによって最終的に4人に絞られる。しかしソンファは見ず知らずの男性と結婚する事はできないと、4人の素顔を知るべく、宮中を抜け出して町へ出るのだが、ソ・ドユンに見つかり…

結婚する前に相手の顔を見てみたい。主人公ソンファ姫の気持ちはよくわかる。しかし、文字通り、お姫様育ちで世間を知らないソンファ姫が臆することなく出掛けていくので、見ている方はハラハラが止まらない。そんな姫のピンチに遭遇するのが監察官のソ・ドユン。姫の身分を知らずに助け、2人が反発しあいながらも気になってしまうのは、ラブコメ、お決まりの展開である。『怪しい彼女』『サニー 永遠の仲間たち』で人気を博したシム・ウンギョンがはつらつとした明るさでソンファ姫を好演。イ・スンギも朝鮮最高の占い師を知的に演じた上に、アクションまで披露する。年末の忙しさに疲れたときに、頭を空っぽにして楽しめる作品に仕上がった。(堀)

2018年/韓国/シネスコ/110分
配給:ツイン
(C) 2018 CJ E&M CORPORATION, JUPITER FILM, ALL RIGHTS RESERVED
http://tokipuri.jp/
★2018年12月8日(土)シネマート新宿他にて全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 16:35| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暁に祈れ(原題:A Prayer Before Dawn) 

akatuki.jpg

監督:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール
原作:ビリー・ムーア
脚本:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール、ニック・ソルトリーズ、ジョナサン・ハーシュベイン
製作:リタ・ダゲール
撮影:ダヴィッド・ウンガロ
音楽:ニコラス・ベッカー
編集:マーク・ブクワ
出演:ジョー・コール、ポンチャノック・マブラン、ビタヤ・パンスリンガム、ソムラック・カムシン

ボクサーのビリー・ムーア(ジョー・コール)は、タイで自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者になってしまう。ある日、警察から家宅捜索を受けたビリーは逮捕され、タイで最も悪名高い刑務所に収容される。そこは殺人、レイプ、汚職が横行する、この世の地獄のような場所だった。死と隣り合わせの日々を過ごすビリーだったが、所内に設立されたムエタイ・クラブとの出会いが彼を変えていく。

危ない雰囲気が充満する路地裏。喧騒が溢れる。タイ語には字幕がつかないので、何を言っているのか、さっぱりわからず、見ていていらついた気分になる。これこそ、主人公ビリーの気持ちであろう。
イギリス人ボクサーのビリー・ムーアが再スタートを切ろうとしたタイで刑務所に服役し、汚職・レイプ・殺人が蔓延する中、ムエタイでのし上がっていったことを描いた自伝ベストセラー小説をベースにした作品である。ビリーを演じたのは、ポスト“トム・ハーディ”の呼び声高いジョー・コール。『きみへの距離、1万キロ』で演じた中東の女性に恋をするドローン・オペレーターから一転、ボクサー役を務めるため何か月も肉体改造に励み、鋼の肉体を手に入れ、過酷な30日間の撮影に挑んだ。
ビリーが服役する刑務所はまるで、映画でよく見る捕虜収容所。広めのスペースだが、収容人数を超えると思われる囚人がうごめき合う。不衛生極まりない状況だ。しかも、囚人役の大半に元囚人たちを起用。体験に基づいた迫真の演技に、思わず身の毛がよだつ。
しかし、最初こそ言葉が通じず、孤立していたビリーも次第に囚人仲間と絆を育んでいき、その絆が苦難を乗り越える力となっていく。どんな状況でも希望は捨ててはいけないのだと作品は伝えてくれる。
カンヌ国際映画祭の2017年ミッドナイト・スクリーニング部門にて大きな話題となり、批評家サイト、ロッテン・トマトでも96%という高評価を獲得した。(堀)


2017年/イギリス・フランス/英語、タイ語/シネスコ/117分
配給:トランスフォーマー  
(C) 2017 - Meridian Entertainment - Senorita Films SAS
http://www.transformer.co.jp/m/APBD/
★2018年12月8日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 16:31| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おとなの恋は、まわり道(原題:Destination Wedding)

otonanokoi.jpg

監督・脚本:ヴィクター・レヴィン
撮影:ジョルジョ・スカリ
音楽:ウィリアム・ロス
出演:ウィノナ・ライダー(リンジー)、キアヌ・リーブス(フランク)

空港で同じ便を待っていたフランクとリンジーは、その後行く先々で一緒になる。イケメンだけれど偏屈で人を信じないこじらせ男のフランクと、美人なのに口を開けば毒舌が止まらないリンジーは、同じ結婚式に招かれていたことがわかった。新郎はフランクの父親違いの兄弟だが絶縁中。リンジーには元カレで、婚約までしたのに手ひどく振られた相手であった。それでも運命の相手の存在を信じるリンジーに「そんなものはいない」とバッサリ切るフランク。バトルを繰り広げながら、いつしか近づいていく二人はどうなる??

さあ、みなさま大好きなラブコメにあの二人が戻ってきました。いつのまにか50代半ばにさしかかったキアヌ、個人的にはヒゲを剃ってほしいです。ウィノナは昨年2月日本公開の『アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発』(2015)でも見かけましたが、あいかわらずスレンダーです。ほかに共演者はいるものの「台詞があるのは二人だけ」という特殊な状況の二人劇。これまでにも何度か共演している二人が、いいコンビネーションでストーリーを進めていきます。結婚願望のあるかたにはリンジーの気持ちが理解できるでしょう?まわり道ばかりのおとなの恋を見守ってあげてください。(白)

2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/87分/R15+
配給:ショウゲート
http://koi-michi.com/
★2018年12月15日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 15:21| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

輪違屋糸里 京女たちの幕末

watigaiya.jpg

監督:加島幹也
原作:浅田次郎
脚本:金子成人、門間宣裕、加島幹也
撮影:江原祥二
音楽:平原誠之
出演:藤野涼子(天神糸里)、溝端淳平(土方歳三)、松井玲奈(吉栄)、佐藤隆太(平山五郎)、田畑智子(お梅)、塚本高史(芹澤鴨)、石濱朗(隠居)、榎木孝明(松平容保)

幕末の京都島原。遊郭の輪違屋(わちがいや)で働く糸里(いとさと)。姉のように糸里を可愛がってくれた音羽太夫が新選組筆頭局長 芹澤鴨に無礼打ちされてしまった。理不尽な制裁に怒りがおさまらない糸里たちだったが、武士の力の前に屈するしかなかった。
その場を収めたのは切れ者の新選組副長・土方歳三。新選組には農民出身の近藤勇と、生まれながらの武士の芹澤鴨という二人の局長がいて両派は対立を深めていた。糸里は土方歳三を秘かに慕い、糸里と仲の良い芸妓吉栄は芹澤の腹心の部下、平山五郎と恋仲だった。そして芹澤鴨の愛人お梅。男たちの抗争に女たちも巻き込まれてゆく。

浅田次郎の同名小説が原作。これまで数多くの新選組のドラマが発表されてきましたが、男性中心のものが多かったですね。この原作は、彼らに関わった数人の女性の目線で書かれたもので、とても面白く読みました。主演の天神糸里を『ソロモンの偽証』(2015)で1万人の中から映画未体験ながらヒロインに選出された藤野涼子。役名をそのまま芸名にしています。花街で生きねばならない女の哀しさと強さを体現していて、すっかり大人の女優になられたんだなーと、またまた遠縁のおばちゃんのような思いで観ていました。(白)

2018年/日本/カラー/シネスコ/116分
配給:アークエンタテインメント
(C)2018 銀幕維新の会/「輪違屋糸里」製作委員会
http://wachigaiya.com/
★2018年12月15日(土)有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 15:18| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春待つ僕ら

harumatu.jpg

監督:平川雄一朗
原作:あなしん
脚本:おかざきさとこ
撮影:小松高志
音楽:高見優
主題歌:TAOTAK
出演:土屋太鳳(春野美月)、北村匠海(浅倉永久)、小関裕太(神山亜哉)、磯村勇斗(若宮恭介)、杉野遥亮(多田竜二)、稲葉友(宮本瑠衣)

春野美月は、これまで友達ができず一人寂しい思いをしてきた。高校入学をきっかけに自分から働きかけるように努力するが、なかなか「ぼっち」から抜け出せない。バイト先のカフェが唯一の自分の場所だった。ある日そのカフェに、バスケ部のイケメン四天王とよばれている1年の永久(とわ)、瑠衣、2年の恭介と竜二がやってくる。くったくのない彼らは美月を仲間に引き込んで、なにかと一緒にすごすようになる。そんな美月を幼馴染の亜哉(あや)が見守っていた。亜哉はアメリカに留学し、バスケの超有名選手となって戻ってきていた。

イケメンのスポーツ選手と引っ込み思案の女子、そこへ幼馴染がからんでくるという青春王道もの。人気の若手が揃ったこのメンツ、「え、高校1、2年生かい!」と突っ込みました。いくら制服が強力アイテムとはいえ、高校3年でも大学生の設定でもいいんじゃない?同名原作漫画(絵柄が可愛い。累計380万部突破!?すごい)がそうなのですが、もっと年齢相応の役をやらせてあげたいです。ちょうどの、もっと若手はいないのか?
とはいえ、おくてな美月と天然の永久、戻ってきた幼馴染の亜哉との今後が気になるストーリーです。このメンバーで続編ができるのでしょうか?なんやかや言いましたが、やっぱり先が観たいです。(白)


2018年/日本/カラー/シネスコ/109分
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画「春待つ僕ら」製作委員会
http://wwws.warnerbros.co.jp/harumatsumovie/
★2018年12月14日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 14:35| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マチルダ 禁断の恋   原題:Mathilde

Mathilde.jpg

監督:アレクセイ・ウチーチェリ
出演:ラース・アイディンガー、ミハリナ・オルシャンスカ

ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世と、伝説のプリマドンナ、マチルダとの許されない恋。

1890年代後半のサンクトペテルブルグ。ロシアで約300年続いたロマノフ王朝の次期王位継承者ニコライ2世。ある日、帝国旅団のための競技会の見物に来ていたバレエ団一行の中の一人に、ニコライ2世の目は釘付けとなる。その美しいバレリーナ、マチルダ・クシェシンスカヤと瞬く間に恋に落ち、二人は逢瀬を重ねる。だが、ニコライ二世は、王位継承者として、ヴィクトリア女王の孫娘、ヘッセン大公女アリックスとの結婚を受け入れるしかなかった。しかし、マチルダへの思いを断ち切れず、彼女のもとに戻ろうと決意する。マチルダに片思いし、執拗に追いかけているヴォロンツォフ大尉は嫉妬に狂い、ニコライ二世の目の前でマチルダの乗ったボートに火を放つ。マチルダが亡くなったと思い込んだニコライ2世は、王座につくことを受け入れ、戴冠式に臨む。そこに、マチルダが現われる・・・

ロシア最後の皇帝とバレリーナの恋のことを、本作を通じて初めて知りましたが、ロシアでは皆が知っている事実。ロシア革命で、ニコライ2世は銃殺され、殉教者として聖人となったことから、映画製作中に聖人のスキャンダルを描くことに対して抗議の声が女性国会議員からあがったそうです。
サンクトペテルブルグのエカテリーナ宮殿やマリインスキー劇場、モスクワのクレムリンの中にあるウスペンスキー聖堂で撮影した息を飲む美しい映像に、プーチン大統領も「監督を尊敬している」と絶賛。その発言に、映画に対する抗議の声は止むどころか強まったのは、ロシアにも民主主義があると実感したと監督。

映画の中で、マチルダがニコライ二世に対して、「私を捨ててアリックスと結婚したらあなたは破滅するわよ」と語る場面があります。まさに、アリックスと結婚し、王位を受け入れたために、革命でニコライ二世は銃殺されることになったので、マチルダを選んでいれば別の人生があったことでしょう。
冒頭、王室専用列車が脱線し、父アレクサンドル2世が瀕死の重傷を負います。迫力ある場面に度肝を抜かれますが、思えば、この大事故が既にニコライ2世の運命を暗示しているかのようです。贅を尽くした宮殿や聖堂での場面が、さらにロシア帝国の最期を際立たせています。自分の気持ちに従って恋にまい進したニコライ二世の人間的な姿を垣間見て、王位継承者という立場にあった不幸を思わずにいられませんでした。(咲)


荘厳な雰囲気の中、戴冠式が執り行われる。ヒロインが愛する人を一目見ようと警備の目を潜り抜けて大聖堂に入り込んだ。気がついた側近がそれを追う。冒頭から緊迫した空気が満ち溢れ、その恋がどれだけ危険なものなのか、強烈に伝わってくる。

2人を引き裂くのは国家の圧力だけではない。愛は時折、狂気を生み出す。叶わないほど燃え上がる愛の炎。さまざまな愛がサスペンスフルに紡がれる。

監督はもし、この恋が成就したらロシア革命は起こらなかったかもしれないという。そんな「もしも」を言うのなら、別の「もしも」も頭に浮かぶ。この恋が生まれる前に、ニコライ2世は来日し、大津で警官に斬りつけられた。いわゆる「大津事件」である。ここでロシアが怒って、日露戦争が起こっていたら、マチルダとの恋どころでなかったはず。そして、日本はロシアに勝てなかっただろう。そうしたら、ロシア革命は起きずに、今頃、私たちはロシア人と呼ばれていたかもしれない、などとあり得ないことをふと考えてしまった。(堀)



2017年/ロシア/カラー/ロシア語/108分
配給: シンカ
後援: ロシア文化フェスティバル組織委員会、駐日ロシア連邦大使館、ロシア連邦文化協力庁、ロ日協会、ロシアン・アーツ 
公式サイト:http://www.synca.jp/mathilde/
★2018年12月8日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA他全国ロードショー!





posted by sakiko at 10:20| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。