2018年11月15日

MAKI マキ   原題:MAKI

MAKI_poster(1).jpg

監督・脚本:ナグメ・シルハン
出演:
マキ(エヴァ): サンドバーグ直美
トミー:.ジュリアン
ユミコ:.おおのゆりか
ヴァイオレット: ブランカ・ヴィヴァンコス
ミカ:原田美枝子

Maki_09.jpg
ニューヨークの日本人高級クラブでエヴァという名のホステスとして働くマキ。クラブ内は恋愛禁止だが、マキはボーイのトミーと暮らしていて、お腹には彼の子を宿している。そのことに気づいたクラブ経営者のミカは、子どもを産むまで郊外のヴァイオレットの家で暮らし、生まれた子は養子に出してはどうかとマキをいたわる・・・

Maki_making02.jpg
左から、サンドバーグ直美、ナグメ・シルハン監督、ジュリアン

ナグメ・シルハン監督は、イラン生まれで、イラン革命の前年1978年に家族とアメリカに移住。父親はテヘランに戻るが、イラン・イラク戦争の影響で母親と共にアメリカに残る。この別離や移住、新たな場所での葛藤がシルハン監督の映画の主なテーマになっている。
22010年の初長編作品『The Neighbor(Hamsayeh)』が映画祭で話題となり、『MAKI マキ』が長編第二作。ボストン大学放送映画学学士。
長年の師匠であるアミール・ナデリ監督のアドバイスで、ニューヨークの日本人コミュニティを舞台にした物語を紡ぐ。
日本側のプロデューサーは、長年、日本でイラン映画の紹介に尽力してきたショーレ:ゴルパリアンさん。

台詞のほとんどが日本語ですが、冒頭と最後にMarjan Farsadによるペルシア語の歌「Khooneye Ma」(私たちの家)が効果的に使われています。
心地よく素敵な歌は、YouTubeで聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=f0-fPwuPpAk

冒頭の歌には、歌詞の日本語訳がないのですが、映画の最後に流れるときには訳がついています。
この映画のために作った歌ではなく、既存の歌を見つけてきたそうですが、物語にぴったりの歌!
いつまでも心に残る素敵な歌です。(咲)



【初日舞台挨拶&トークショーのお知らせ】
  会場:ユーロスペース

★11月17日(土) 12:30の回上映前 初日舞台挨拶舞台挨拶
登壇者:サンドバーグ直美、ジュリアン、原田美枝子、ナグメ・シルハン監督

★11月18日(日)16:30の回上映後 スペシャルトークショー
登壇者:アミール・ナデリ(映画監督『CUT』『山<モンテ>』)、ナグメ・シルハン監督


2017年/アメリカ・日本合作/89分
配給:ユーロスペース
公式サイト:http://maki-movie.com/
★2018年11月17日(土)ユーロスペースほか全国順次ロードショー




posted by sakiko at 08:53| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする