2018年11月11日

体操しようよ

taisou.jpg

監督:菊地健雄
脚本:和田清人、春藤忠温
撮影:佐々木靖之
音楽:野村卓史
主題歌:RCサクセション「体操しようよ」
出演:草刈正雄(佐野道太郎)、木村文乃(佐野弓子)、きたろう(神田義彦)、渡辺大知(馬場薫)、和久井映見(藤澤のぞみ)

佐野道太郎は妻に先立たれ、シングルファーザーとして娘と二人三脚で円満な家庭を築いてきたつもりだった。ところが、定年退職の日に娘からエプロンを渡されて家事デビュー。慣れない家事に失敗ばかり。暇を持て余していたところ、元上司に誘われて、地元のラジオ体操に参加する。さまざまな世代の人と関わることで、新たな世界を知り、変わっていく。

定年退職した男性が地域で生きがいを見つけ、子離れするまでを描く。
パリっとしたスーツがよく似合う、二枚目の代名詞のような草刈正雄が、ポロシャツをジャージにインしてくたびれた姿をスクリーンに晒す。かなり驚いたが、誰にでも公平に老いは訪れるのねと妙に安心をした。舘ひろし主演の「終わった人」とテーマはかぶるが、普通の人の参考になるのはこちらだろう。定年になったことで会社という居場所を失くした男が会社の代わりになるところを地域で見つけた。うれしくて、ついつい張り切り過ぎて孤立する。他人事とは思えない話である。
結婚したいという若者への対応が、他人と自分の娘では基準が変わる。あるあるな話だろう。それでも父と娘は互いの我慢をぶつけ合うことで分かり合う。笑って泣いて、ラストにホッとする。寒い季節にはこういうハートウォーミングな作品がうれしい。(堀)


2018年/日本/カラー/ビスタサイズ/5.1ch/109分
配給:東急レクリエーション
(C)2018「体操しようよ」製作委員会
http://taiso-movie.com/
★2018年11月9日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 02:06| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンクル・ドリュー(原題:Uncle Drew)

uncle.jpg

監督:チャールズ・ストーン3世
脚本:ジェイ・ロンジーノ
撮影:クラッシュ
音楽:クリストファー・レナーツ
出演:カイリー・アービング、リルレル・ハウリー、ティファニー・ハディッシュ、シャキール・オニール、クリス・ウェバー、レジー・ミラー、ネイト・ロビンソン、リサ・レスリー

マイケル・ジョーダンに憧れバスケットボールを始めた青年ダックス(リルレル・ハウリー)は、あるトラウマから選手の夢を諦め、現在はストリートバスケチームのコーチをし、大会での優勝を目指していた。しかし、ある日突然、チームの主力選手をライバルチームに引き抜かれてしまう。失意の中ダックスは、伝説の選手だったお爺さん・アンクル・ドリュー(カイリー・アービング)と出会う。二人はかつての仲間を集め、伝説のチームを復活させ、バスケの聖地“ラッカー・パーク”で開催される大会に挑むことに…。果たしてダックスの夢はかなうのか?そして、ドリューたちはかつての輝きを取り戻すことができるのか!?

よぼよぼのおじいちゃんがバスケットボールを持った途端、華麗な足捌きで神業プレーを連発!「このおじいちゃん、凄すぎる」と思っていたら、NBAスター選手、カイリー・アービングが特殊メイクで老人に変身していた。
ペプシがカイリーと組んで作ったプロモーション用CMがYouTubeで爆発的な人気を博し、この映画になったのだ。
カイリーのチームメンバーにはシャキール・オニール、レジー・ミラー、ネイト・ロビンソン、クリス・ウェバー。そしてリサ・レスリーが助っ人に入る。
もちろん見どころはバスケットボールの試合シーン。ゴールがガンガン決まる様は見ていて気持ちがいい。加齢はやめる理由ではなく、やめるから歳を取るのだと作品は伝える。まっ本当はみんな、そこまでの高齢ではないのだけれど。背中を屈め、腰を落とし、すっかり高齢者の姿勢。
また、バスケットボールの試合の合間に出掛けたクラブでのダンス対決。演じる彼らの年齢はおじいちゃんではないものの、よくまあ、あれだけ踊れるものだと感心。日本のプロスポーツ選手があれだけキレッキレのダンスを披露できるだろうか。
試合だけでなく、過去に起こしたことへの後悔から立ち直る姿も描く。逃げずに向き合うことが人を成長させる。それは歳を取っても同じ。そして力を合わせて困難を乗り越えたとき、絆が生まれるのだ。(堀)


2018年/アメリカ/英語/カラー/アメリカンビスタ/103分
配給:REGENTS
Motion Picture Artwork (c) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
http://uncledrew.jp/
★2018年11月9日(金) 全国ロードショー
posted by shiraishi at 01:45| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ういらぶ。

thumbnail_RGB_WEBメイン.jpg

監督:佐藤祐市
原作:星森ゆきも
脚本:高橋ナツコ
撮影:小宮山充
音楽:佐藤直紀
主題歌King & Prince
出演:平野紫耀(和泉凛)、桜井日奈子(春名優羽)、玉城ティナ(坂下暦)、磯村勇斗(藤蛍太)、桜田ひより(佐伯実花)、伊藤健太郎(佐伯和真)

子どものころから同じマンションに住んでいる凛(りん)と優羽(ゆう)、暦(こよみ)と蛍太(けいた)の幼馴染の4人組。男子2人、女子2人は大親友。凛と優羽はお互いが大好きなのに、凛は自己嫌悪の塊りに、優羽はこじらせすぎた凛にゴミ扱いされてすっかり自信ゼロのネガティブ女子になってしまった。そこへ頭もよければ顔もいい、おまけに「好きなら好きとハッキリ言う」和真と実花兄妹が現われて、4人組の土台が動きはじめた。凛は素直になれるのか?

いまどきの小学生のほうがもっと大人じゃないか?と思われる凛のこじらせっぷりにあきれます。蛍太と暦はちゃんと相応に成長しているというのに・・・ま、コミック原作なのでかなりオーバーではあります。いい大人になった知人男性が「男は中学生くらいからあんまり進歩しないんだよ」と独白していましたっけ。しょうがないか。
紫耀くんは関ジャニ出身で、6人組ユニットKing & Prince(キンプリ)のセンターというアイドルでありますが、ハスキーボイスでわりと個性的なお顔立ちなので(他の子と間違えない)すぐ記憶に残りました。『honey』で優しくしてくれた平祐奈さんを一途に思う純情な不良?役でしたが、今回も見た目と中味にギャップのある男子。次は高校生でなく、も少し大人の役の彼が見たいものです。(白)


好きだからいじめてしまうドSな男子と超ヘタレ女子の不器用な恋。主人公の凛のSぶりは許容範囲を超えるほどだが、いじめた後に後悔して悶絶する姿を見ていると、そんなやり方しかできない彼を守ってあげたくなる。平野紫耀と桜井日奈子の魅力を最大限に活かした作品。最強の「チーム幼馴染」に私も入りたい!(堀)

2018年/日本/カラー/シネスコ/100分
配給:アスミック・エース
(C)2018「ういらぶ。」製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館
http://welove.asmik-ace.co.jp/
★2018年11月9日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 01:35| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生きてるだけで、愛。

ikiteru.jpg

監督・脚本:関根光才
原作:本谷有希子
撮影:重森豊太郎
音楽:世武裕子
出演:趣里(寧子)、菅田将暉(津奈木)、田中哲司(村田)、西田尚美(真紀)、松重豊(磯山)、石橋静河(美里)、織田梨沙(莉奈)、仲里依紗(安堂)

寧子と津奈木は同棲して3年になる。寧子はもともとメンタルに問題を抱えており、過眠症で引きこもり状態。週刊誌の編集部でゴシップ記事を書いている津奈木が会社帰りに2人分のお弁当を買って帰る。しかし、感情をコントロールできない寧子は津奈木に当たり散らしていた。
ある日突然、津奈木の元恋人・安堂が寧子を訪ねてくる。津奈木に未練を残す安堂は、寧子を自立させて津奈木の部屋から追い出そうと、強制的にカフェバーのアルバイトを決めてしまう。寧子は戸惑うものの、思いがけないチャンスを得て、今の生活から抜け出そうと次第に前向きになっていくが…。

鬱による過眠症で、自分自身をコントロールできない女。物静かで心を病む女に理解があるように振る舞うが、実はやり過ごしているだけの男。人との距離感がうまく取れない不器用な男女の歪な愛を描いた。原作は本谷有希子の同名小説で、芥川賞・三島賞候補作となった。
主人公の寧子を演じるのは趣里。ドラマ「ブラックペアン」で演じたミステリアスな看護婦・猫田麻里役が記憶に新しい。恋人の津奈木役には映画『あゝ、荒野』で第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた菅田将暉。『銀魂2』『帝一の國』でのパワフルなキャラを封印して、受け身の演技に徹した。メガホンを取ったのは、CMやMVディレクターとしてキャリアを積んできた関根光才監督。劇場長編映画デビュー作である。フィルムで映すことで人の心が映ると考える監督は本作も16oフィルムで撮影。生きにくさの中でもがく若者たちを誤魔化すことなく冷静にとらえた脚本を自身で書き、それを柔らかく見つめて映し出した。
とにかく趣里が素晴らしい。他人を寄せ付けないネコのような冷めた目をしながら、内面には煮えたぎるマグマを感じさせる。例えば、バイト先の人と距離が近づいたと思ったのに、いきなり深い溝を感じた瞬間、エキセントリックに感情を爆発させた。心が切り裂かれる痛みへの悲鳴が聞こえてくる。そして、冬の夜に外へ飛び出し、走り出した。その様は火山が噴火したかのよう。趣里の華奢な体のどこにそんなエネルギーがあったのか。全身全霊で寧子を演じ切った趣里を見るには、こちらにも覚悟が必要だ。(堀)


趣里さんをちゃんと記憶したのは『勝手にふるえてろ』でした。金髪に赤と白のストライプの制服のウエィトレス役。印象は「くるくる回るオルゴールの人形みたい」。後で水谷豊・伊藤蘭夫妻の一人娘で、バレリーナを目指していたと知りました(怪我のため断念)。そういえば蘭ちゃんに面差しが似ています。細くてかよわそうなのに、芯がしっかりしてみえますが、本作では布団から出られない躁鬱女子。自分でどうしようもないイライラを同居人にぶつけて、ますます落ち込む悪循環。痛々しさ満点です。
こういう人が身近にいたらどうしたらいいんでしょ。ひたすら聴いてあげても怒りそう、あげるって何!?って言われそう。自分のしたいことしか見えない安堂が誰よりも無敵です。津奈木は戻らないだろうけど。
責める(攻める)趣里さんを受け(流す)菅田将暉くんが新鮮。自分なら重すぎてめんどうになって、逃げ出しそうです。でも諦めないで生きていれば、愛も見つかるかもしれないんだよね。寧子さん、津奈木くんがいてくれてよかったね。
「一瞬だけでもわかりあえたら」ってコピーには、あれ?一瞬だけでもわかりあえたから、一緒に暮らし始めたんじゃなかったの?と思う私はずれているのでしょうか?(白)


2018年/日本/カラー/シネスコ/110分
配給:クロックワークス
(C)2018「生きてるだけで、愛。」製作委員会
http://ikiai.jp/
★2018年11月9日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 01:34| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

ビリオネア・ボーイズ・クラブ   原題:Billionaire Boys Club

billionaire.jpg

監督: ジェームズ・コックス
出演:アンセル・エルゴート、ケビン・スペイシー、タロン・エガートン、エマ・ロバーツ

1983年、ロサンゼルス。上流階級が集う商談の場で、偶然再会する高校の同級生だったジョー(アンセル・エルゴート)とディーン(タロン・エガートン)。金融の専門家となったジョーは、金(ゴールド)の投資を、今や有名なテニスプレイヤーとなったディーンに一緒に組んで誘致して儲けようと持ちかける。
二人は、同級生のビバリーヒルズの金持ちたちから集めた1万ドルを元手に投資グループ「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)」を立ち上げる。贅沢で派手な社交クラブとして名を馳せ、巧妙な手口で、ウォール街の敏腕トレーダーのロン(ケビン・スペイシー)からも融資金を騙し取り、2億5000万ドルの取引をするまでに成長するが・・・

本作は、ビバリーヒルズの富裕層を相手に詐欺を働き、ついには殺人まで犯してしまった実話に基づいた物語。すでにテレビ映画にもなっていた事件ですが、皆の記憶と違う一味に仕上げてあるそうです。
さて、なんと、殺されてしまったのが、イラン人! 加害者側から、「そもそも悪いのは彼の祖国」なんて言葉も出てきました。この事件が起こったのが、1980年代。1979年のイスラーム革命で、お金のあるイラン人の多くがアメリカに逃げたのですが、カリフォルニアは気候がイランに似ていると特に人気で、その数、百万人以上。ロサンゼルスはイランゼルスと言われるほど、イラン人移民が多いのです。ビバリーヒルズに住む金持ちイラン人も大勢います。彼らに騙されたイラン人も多くいたのかしら? (咲)


2018年/アメリカ/カラー/シネマスコープ/英語/108分
配給:プレシディオ
公式サイト:http://bbc-movie.jp/
★2018年11月10日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

posted by sakiko at 10:21| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする