2018年10月07日

ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ  原題:In Jackson Heights

jackson heights.jpg

監督・録音・編集・製作:フレデリック・ワイズマン

ニューヨーク市クイーンズ区の北西にジャクソンハイツと呼ばれる一画がある。
ここには、中南米各国をはじめ、パキスタン、バングラディシュ、インド、タイ、ネパール、チベットの人々のコミュニティがあり、初期の移民の子孫であるイタリア人、ユダヤ人、アイルランド人と一緒に住んでいる。ニューヨークの平均と比較すると、2015年の統計でヒスパニック系が57%と突出して多く、黒人は3.5%と少ない。
本作は、2014年5月から9週間、この地域の人々にカメラを向けたドキュメンタリー。
通りの出来事、商売(衣料品店、コインランドリー、ベーカリー、レストラン、スーパーマーケット)、宗教施設(モスク、寺院、教会)などで撮影した素材は合計120時間。
その後、10ヶ月かけて編集した本作から見えてくるものは・・・?

本作は、アメリカを代表するドキュメンタリーの巨匠、フレデリック・ワイズマンの40作目。コミュニティについて作った作品としては、『アスペン』『メイン州ベルファスト』に次ぐ3番目の作品。

ユダヤの教会であるシナゴーグの集会室が、ユダヤ人のコミュニティだけでなく、ムスリムやほかの様々な団体も利用するコミュニティセンターになっていて興味深い。
また、ジャクソンハイツは、ブロードウェイから7号線一本で行ける便利さから、俳優や芸人が多く移り住み、彼らの多くがゲイだったことからゲイコミュニティも古くから存在する。再開発で、集まる場所が交通の不便な所になることを心配する人たちも。
167の言語が話され、性的マイノリティの人たちも暮らす、まさに世界の縮図のような町。価値観も様々な人々が共存するミラクルな世界に、地球全体がこうであればと!(咲)


2015年9月ヴェネチア国際映画祭でプレミア上映。

2015年/アメリカ・フランス/189分/カラー/ドルビーデジタル/ヴィスタサイズ
配給:チャイルド・フィルム/ムヴィオラ
(C) 2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved
公式サイト:http://child-film.com/jackson/
★2018年10月20日(土)シアターイメージフォーラムほか全国順次ロードショー







posted by sakiko at 19:19| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スモールフット  原題:SMALLFOOT

smallfoot.jpg

監督:キャリー・カークパトリック
製作:ボニー・ラドフォード、グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
製作総指揮:ニコラス・ストーラー、フィル・ロード、クリストファー・ミラー、ジャレッド・スターン、セルジオ・パブロスキャスト、キャリー・カークパトリック
エンドソング:「Finally Free」ナイル・ホーラン
声の出演:チャニング・テイタム、ゼンデイヤ、ジェームズ・コーデン、コモン、レブロン・ジェームズ
日本語吹き替え版:木村昴、宮野真守、早見沙織、立木文彦

大きな足のイエティ(雪男)たちの住む雪深い山頂の村。ミーゴは村一番の正直者だけど、ちょっと臆病な男の子。ある日、雲の下にはじき飛ばされ、伝説の小さな足の生物“スモールフット(=人間)”に出会う。村に帰って報告しても、誰も信じてくれない。村の掟を守る長老ストーンキーパーからは、嘘つきだとして村から追放を言い渡される。ミーゴがひそかに思いを寄せるストーンキーパーの娘ミーチーから、「雲の下には不思議な世界が広がっているのよ」と送り出される。ミーゴは、雲の下に降り、伝説のスモールフットを探す旅に出る・・・

私たちが謎の怪物と思っている雪男(イエテイ)が、ここでは、臆病な心優しい生き物。逆に、大足のイエティたちの世界では、小足の人間たちは攻撃的で危険な怪物と思われているのです。異質な者を見た目だけでお互い怪物だと思っているのは、まさに今の世界の縮図。本作は、お互い歩み寄って交流し、違いを理解し、敬いあうことが、平和への一歩だと教えてくれます。子どもたちに、そのことがわかりやすく伝わる映画ですが、大人も、ほろっとさせられること請合います。
本作の製作には、100人以上のアニメーターが起用されているそうですが、エンドロールには、日本、韓国、中華系などアジアの出身と思われる名前がたくさん見受けられました。
山の麓の町の看板に漢字があったのも、なるほどと! (咲)


イエティたちが住む村には、村長が代々語り継いできた村の掟がある。ミーゴは何の疑いもなく、その掟に従って起きてきた。
このように情報操作された環境で何も知らずに暮らすことが安全に繋がる。これは上に立つ者の言い訳にすぎない。自分の目で見て確かめる。そして考え、判断することの大事さを子どもにもわかりやすく伝えている。
そして、自分たちと違うものに対して、「分かり合えない」と決めつけず、「わかり合いたい」と思うことから始めれば、いつかはきっと分かり合えるという希望を感じさせる作品である。(堀)



2018年/アメリカ/96分
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/smallfoot/
★2018年10月12日(金)新宿ピカデリー他 ロードショー!




posted by sakiko at 15:42| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

教誨師

kyokai.jpg

監督・脚本:佐向大
エグゼクティブプロデューサー:大杉漣 狩野洋平 押田興将
プロデューサー:松田広子
撮影:山田達也
照明:玉川直人
録音:山本タカアキ
美術:安藤真人
出演:大杉漣、玉置玲央、烏丸せつこ、五頭岳夫、小川 登、古舘寛治、光石 研

プロテスタントの牧師、佐伯保(大杉漣)。彼は教誨師として月に2回拘置所を訪れ、一癖も二癖もある死刑囚と面会する。無言を貫き、佐伯の問いにも一切応えようとしない鈴木(古舘寛治)。気のよいヤクザの組長、吉田(光石研)。年老いたホームレス、進藤(五頭岳夫)。よくしゃべる関西出身の中年女性、野口(烏丸せつこ)。面会にも来ない我が子を思い続ける気弱な小川(小川登)。そして大量殺人者の若者、高宮(玉置玲央)。佐伯は、彼らが自らの罪をしっかりと見つめ、悔い改めることで残り少ない“ 生” を充実したものにできるよう、そして心安らかに“ 死” を迎えられるよう、親身になって彼らの話を聞き、聖書の言葉を伝える。しかしなかなか思い通りにはいかず、意図せずして相手を怒らせてしまったり、いつまで経っても心を開いてもらえなかったり、苦難の日々が繰り返される。それでも少しずつ死刑囚の心にも変化が見られるものの、高宮だけは常に社会に対する不満をぶちまけ、佐伯に対しても一貫して攻撃的な態度をとり続ける。死刑囚たちと真剣に向き合うことで、長い間封印してきた過去に思いを馳せ、自分の人生とも向き合うようになる佐伯。そんな中、ついにある受刑者に死刑執行の命が下される。

<教誨師(きょうかいし)>
刑務所や少年院等の矯正施設において、被収容者の宗教上の希望に応じ、所属する宗教・宗派の教義に基づいた宗教教誨活動(宗教行事、礼拝、面接、講話等)を行う民間の篤志の宗教家である。
平成29年末現在の矯正施設における教誨師の人数は約2,000名であり、そのうち仏教系が約66パーセント、キリスト教系が約14パーセント、神道系が約11パーセント、諸教が約8パーセントとなっている。(公式サイトより引用)

年齢や境遇、性格の異なる6人の死刑囚との対話が閉ざされた空間で次々と繰り広げられる。話を聞くのは教誨師に着任したばかりの牧師、佐伯保。彼らの話に真摯に耳を傾け、心を開かせていく。その佐伯保を演じるのが大杉漣。本作は最後の主演作であり、また唯一のプロデュース作である。光石研、烏丸せつこ、古舘寛治といったベテラン俳優や劇団“柿喰う客”の玉置玲央らが演じる一癖も二癖もある死刑囚を受けの演技でより際立たせた。
実は佐伯も封印してきた過去を持つ。教誨をすることで、自身の過去と向き合うことに。やがて教誨師としての自分の存在意義さえ問い始める。そんなとき、死刑囚の1人の執行が決まり、佐伯は最期に立ち会う。精神的な負担の大きい仕事である。
世界各国で次々と廃止されている死刑。今まだ存続する死刑制度に対して何かを声高に訴える作品ではないが、あなたはどう思うかと問われている気がしてくる。見終わったあと、すぐには席が立てない。(堀)


2018年/日本/カラー/スタンダード(一部、ヴィスタ)/114分/ステレオ
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
(C)「教誨師」members?
http://kyoukaishi-movie.com/
★2018年10月6日(土)より、有楽町スバル座、池袋シネマ・ロサ他にて全国順次公開
posted by shiraishi at 16:42| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブレイン・ゲーム(原題:Solace)

brain.jpg

監督・脚本:アフォンソ・ポイアルチ
脚本:ショーン・ベイリー、テッド・グリフィン
音楽:ブライアン・トランソー
出演::アンソニー・ホプキンス、ジェフリー・ディーン・モーガン、アビー・コーニッシュ、コリン・ファレル

FBI特別捜査官のジョー・メリウェザー(ジェフリー・ディーン・モーガン)と若き相棒捜査官(アビー・コーニッシュ)は、連続殺人事件の捜査に行き詰まり、元同僚のアナリスト兼医師ジョン・クランシー博士(アンソニー・ホプキンス)に助けを求める。博士は隠遁生活を送っていたが事件に特別の感情を抱き、容疑者のチャールズ・アンブローズ(コリン・ファレル)を追跡していく。博士は並外れた予知能力の持ち主だったが、この殺人犯は博士以上の能力をもっているのだった。

thumbnail_ブレイン・ゲーム.jpg

連続殺人事件が発生する。未来や過去が見える能力を持つ医学博士は被害者がみな重篤な病気を患っていることに気づく。犯人の動機は病気で苦しむ前に行う慈悲殺人ではないか。博士の娘は白血病で苦しみながら亡くなった。医者でありながら、見守るしかなかった博士は犯人に取り込まれそうになる。しかし、それは本当に慈善なのか。死は誰にでも訪れる。残された生をどう生きるのかを決めるのは本人でしかない。(堀)

2015 年/アメリカ/スコープ/101 分/5.1ch
配給:ポニーキャニオン
(C)2014 SUPERSENSORY, LLC
http://braingame.jp/
★2018年10月6日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開

posted by shiraishi at 16:41| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィフティ・シェイズ・フリード(原題)Fifty Shades Freed

50.jpg

監督:ジェームズ・フォーリー
脚本:ナイオール・レナード
原作:E L ジェイムズ(早川書房刊)
出演:ダコタ・ジョンソン、ジェイミー・ドーナン、エリック・ジョンソン、リタ・オラ、マーシャ・ゲイ・ハーデン

アナ(ダコタ・ジョンソン)とクリスチャン・グレイ(ジェイミー・ドーナン)は数々の困難を乗り越えて結婚。幸せな日々を過ごしていた。しかし、過去のある出来事がきっかけで、命を脅かされるような事件に巻き込まれることになる。その事件にはアナが勤めている出版社で元上司だったジャック・ハイド(エリック・ジョンソン)が関わっていた。当時、アナを誘惑しようとしていたジャックに腹を立てたクリスチャンがその出版社を買収してジャックを解雇。ジャックはクリスチャンを逆恨みしていた。しかも、ジャックとクリスチャンにはそれ以前から繋がりがあったのだ。ジャックはさまざまな手を使って2人の幸せに襲い掛かってくる。
thumbnail_フィフティ・シェイズ・フリード.jpg

1作目で、大学生だったアナは若くして巨万の富を手にしていた超絶イケメンCEOのクリスチャン・グレイと学生新聞の取材を通じて運命的な出会いを果たす。アナとの秘密の刺激的な関係をより強く求めるクリスチャンに対して、彼の歪んだ愛の形を受け入れられないアナは、一旦は彼の元を去っていく。その後も求め合う気持ちが絶えることがなかった2人は2作目で再び結ばれ、快楽以上の”愛情”を感じるようになっていった。
本作は3部作の最終章。2人の眩いばかりの結婚式からスタートする。全てがゴージャス!愛しているからこそ管理したい男。自由がほしい女。その匙加減は夫婦ごと違う。サスペンスフルな危機を乗り越えた先に2人が見つけた答えは、男が本当に望んでいたものかもしれない。(堀)


2017年/アメリカ/スコープサイズ/105分
配給:東宝東和
(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS
https://fiftyshadesmovie.jp/
★2018年10月5日(金)全国ロードショー
posted by shiraishi at 16:39| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする