2018年09月18日

飢えたライオン

ueta.jpg

監督:緒方貴臣
脚本:緒方貴臣、池田芙樹
撮影:根岸憲一
音楽:田中マコト
出演:松林うらら(杉本瞳)、水石亜飛夢(藤川ヒロキ)、筒井真理子(杉本裕子)、菅井知美(木下美咲)、日高七海(尾田七海)

女子高生の瞳は、優しい彼氏や友だちグループとの学校生活を楽しんでいる。ある朝のホームルーム中、クラス担任が警察に連行された。未成年との淫行動画が出回ったと、またたくまに噂がひろまる。しかもその相手が瞳だというのだ。身に覚えのない瞳は、すぐに立ち消えになるだろうとほっておいたが、彼氏や妹からも疑われて愕然とする。ネットの噂はどこまでも拡がり、瞳は追い詰められて死を選んでしまう。
瞳が死んだことでネットでは瞳の虚像が形成され、報道はさらにエスカレートした。

緒方貴臣監督の作品では、若いシングルマザーのネグレクトを描いた『子宮に沈める』(2013)の衝撃を思い出します。あれから時間が経ちましたが、子どもを取り巻く環境は少しもよくなっていないのか、悲しいニュースが後を絶ちません。
これだけの情報社会なのに(だから?)、自分の好きなこと意外は無関心。強いものには抗えず(抗わず?)、たまったストレスを反撃しない弱いものにぶつける無慈悲。限りなく拡がっていくデマや言葉の暴力を新作は描いています。
子どものころは、テレビや新聞の報道を疑ったりしませんでした。友だちや学校の中での噂が、外にあっというまに流れていくこともなかったと思います。そんなネットワークがないかわり、思いやる想像力はありました。時間もゆっくりだったからでしょうか。
流れてくる報道やネットの噂を鵜呑みにしてはいけない、と最近は考えます。その量に溺れそうになります。便利だと取り入れたものが、逆に生活や人間を壊していくことがあります。怖くなるほどあります。
瞳にしても、一人でも丸ごと信じてくれる人がいたら、生きる支えになったでしょうに。映画を観て自分が誰かに重なったら、ちょっとだけ変える勇気を出してみませんか。(白)


2017年/日本/カラー/78分
配給:キャットパワー
(C)2017 The Hungry Lion.All Rights Reserved.
http://hungrylion.paranoidkitchen.com/
★2018年9月15日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 15:41| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダウンレンジ(原題:Downrange) 

down.jpg

監督:北村龍平
脚本:ジョーイ・オブライアン
撮影:マティアス・シューバート
音楽:アルド・シュラク
出演:ケリー・コンネア(ジョディ)、ステファニー・ピアソン(カレン)、ロッド・ヘルナンデス=ファレラ(トッド)、アンソニー・カーリュー(エリック)、アレクサ・イェイムズ(サラ)

1台の車が荒野を走っている。突然タイヤがパンクして、何もないところで立ち往生してしまった。乗っていたのは6人の男女。結婚して引越し途中の若い夫婦と相乗りした大学生たちだ。携帯も繋がらず、一人が慣れない手つきでタイヤ交換をする羽目になった。タイヤを外したときにコトリと落ちたのは銃弾。パンクではなく、撃たれたのだった。車の陰で休んでいたものはタイヤがころがっていくのを見る。反対側に回ると夥しい血が流れ、仲間が倒れていた。なんの理由か、誰かが、どこからか自分たちを狙っていると気づく。

いや、怖かった。北村流容赦のない映画なので、こころして観に行ってください。同じころに試写で観た映画の悪霊や呪いよりも、真に恐ろしいのは人間の悪意でした。理不尽に狙われる無防備な大学生たちが、もし自分だったら?
『ザ・ウォール』(2017)は凄腕スナイパーに狙われ、壁に隠れつつ戦う兵士の話でした。しかし、それは戦闘中の兵士の話。こちらはただの大学生。武器もスキルも持ちません。ただ一人軍人の娘が、サバイバル術をいくらか心得ていますが、焼け石に水。じわじわと襲ってくる恐怖で絶望のどん底に突き落とされます。猛暑の季節にぞっとするにはぴったり。涼しくなってしまいましたがどうぞ。ゲームじゃないのでリセット不可。あなたならどう戦いますか。(白)


2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/90分R15+
配給:ジェンコ、エレファント・ハウス
(C)Genco. All Rights Reserved.http://downrangethemovie.com/
★2018年9月15日(土)新宿武蔵野館2週間限定レイトショー、9月22日(土)大阪第七藝術劇場にて
posted by shiraishi at 15:01| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ・プレデター(原題:The Predator)

the predetor.jpg

監督:シェーン・ブラック
脚本:フレッド・デッカー、シェーン・ブラック
撮影:ラリー・フォン?
音楽:ヘンリー・ジャックマン
出演:ボイド・ホルブルック(クイン)、トレヴァンテ・ローズ(ネブラスカ)、ジェイコブ・トレンブレイ(ローリー)、キーガン=マイケル・キー(コイル)、オリヴィア・マン(ケイシー)

元特殊部隊員の傭兵クインは、メキシコのジャングルで墜落した宇宙船に出くわす。傭兵仲間はみな正体不明のエイリアンに殺されてしまい、クインは宇宙船から回収したものをアメリカの離婚した妻の家に送る。クインの息子ローリーは父から届いた荷物をあけてしまう。クインは宇宙船や地球外生命体の存在を隠したい政府に拘束される。クインが出会ったエイリアンは征服でなく「狩り」を目的とした「プレデター」と呼ばれる獰猛な戦闘種族だった。
天才的な頭脳を持つローリーは、好奇心のままにエイリアンの装置を作動させ、それと知らずにプレデターを呼び寄せるシグナルを放ってしまう。クインは一緒に拘束された戦闘スペシャリストたち“ルーニーズ”と脱走する。息子の元へと駆けつけプレデターに立ち向かうのだが。

“プレデター”初登場は1987年。アーノルド・シュワルツェネッガーの戦った最強の人気キャラクターです。ドレッドヘアー(風)に黒尽くめのクールな外見、ハイテク装備、女子どもや武器を持たないものは相手にせず、強い相手のみと戦い、狩ることを楽しむハンター。記念に首を持ち帰るのにゲッと思いましたが、地球の動物ハンターたちもそうやって首を剥製にして飾っているんでした。
シェーン・ブラック監督はその1作目に俳優として出演していたのだそうです。その後、アクション映画の脚本を手がけ『アイアンマン3』(2013)『ナイスガイズ!』(2016)の監督を経て、この映画を監督・共同脚本。
プレデターは30年経ってさらに進化。クインとはみだし者たちが壮絶な戦いを繰り広げます。意外に笑ったり、ほろりとしたりとても楽しめました。女性学者の活躍場所もありますが、なんといってもキーパーソンはクインの息子ローリー。主演のボイド・ホルブルックほか大人の俳優たちに引けをとらないジェイコブ・トレンブレイくん今回もすごい!初めて彼を観る方は『ルーム』『ワンダー 君は太陽』も追ってご覧下さい。(白)


2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/107分
配給:FOX
(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
http://www.foxmovies-jp.com/the-predator/
★2018年9月14日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 14:05| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。