2018年09月29日

運命は踊る  原題:Foxtrot

unnmei odoru.jpg

監督・脚本:サミュエル・マオズ
出演:リオル・アシュケナージ、サラ・アドラー、ヨナタン・シライ

イスラエル、テルアビブ。瀟洒なアパートで暮らすフェルドマン家に、軍の役人が息子ヨナタンの戦死を知らせにくる。卒倒する母ダフナ。葬儀は軍で仕切るので心配いりませんという役人に、父ミハエルは、ただ黙っている。やがて、従軍ラビ(ユダヤ教の聖職者)が葬儀の打ち合わせにやって来るが、遺体は見せられないという。そうこうするうち、再び軍の役人がやって来て、戦死したのは同姓同名の別人だったという。ミハエルは怒りを抑えきれず、「ヨナタンを即刻帰宅させろ!」と怒鳴る。
当のヨナタンは、イスラエル北部国境付近の殺風景な検問所の基地であるコンテナの中で、スケッチしながら同僚たちと退屈な任務についていた。夜中に若者たちが車で通りかかり、事件が起こる。車から投げ捨てた缶を手榴弾と勘違いしてヨナタンが発砲してしまったのだ。死者が出るが、車ごと砂に埋め、上官は「戦争で起こったこと。何もなかったことにする」と皆に伝える。そこへ、ヨナタンを即刻帰宅させよとの連絡が来る・・・

男女共に徴兵義務のあるイスラエル。たいした実戦はなくても戦死はありえるのだと思い知りました。本作では、戦死を知らされた時の両親の気持ち、誤報だったと知らされた時の安堵の気持ち、折々の夫婦の間の感情の動きも丁寧に描かれています。徴兵され無為な日々を過ごす若者たちの思いも、ずっしり伝わってきます。
そして、誤報がもたらす思わぬ運命! 
チラシに描かれている駱駝が運命を握っています。  

原題Foxtrotは、1910年代はじめにアメリカで流行した、4分の4拍子、2分の2拍子の社交ダンス。「前へ、前へ、右へ、ストップ。後ろ、後ろ、左へ、ストップ」と、元の場所に戻って来るステップ。どうあがいても、運命は変えられない? (咲)


第74回ヴェネチア国際映画祭審査員グランプリ受賞

2017年/イスラエル,ドイツ,フランス,スイス/113分/ビターズ・エンド/DCP
配給:ビターズ・エンド
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/foxtrot/
★2018年9月29日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー





posted by sakiko at 13:27| Comment(0) | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

クレイジー・リッチ!  原題:Crazy Rich Asians

grazy rich.jpg

監督:ジョン・M・チュウ
原作:ケヴィン・クワン著「クレイジー・リッチ・アジアンズ」(竹書房)
出演:コンスタンス・ウー、ヘンリー・ゴールディング、ジェンマ・チャン、リサ・ルー、オークワフィーナ、ケン・チョン、ミシェル・ヨー、ソノヤ・ミズノ、クリス・パン、ジミー・O・ヤン、ロニー・チャン、レミー・ハイ、ニコ・サントス

ニューヨーク大学の経済学の教授レイチェル・チュウは生粋のニューヨーカー。労働者階級のシングルマザーに育てられた才媛だ。恋人ニック・ヤンから、故郷のシンガポールでの親友の結婚式に一緒に参列しようと誘われる。空港で案内されたのはファースト・クラス。レイチェルはニックがとてつもない大金持ちの御曹司だと知る。豪華な彼の実家でのセレブが集まるパーティで気後れするレイチェル。元カノや社交界のお嬢様たちはニックが連れてきた恋人への嫉妬をあらわにする。ニックの母エレノアや祖母はじめ家族たちに紹介されるが、財産目当ての交際ではと疑われてしまう。レイチェルは幸せをつかむことができるのだろうか・・・

ミシェル・ヨーの演じる母エレノアが、実にエレガントでゴージャス。堂々としているエレノアも、セレブ一族を率いる真の女帝アー・マー(祖母)の前では一歩引いています。そのアー・マーも結婚当初はすぐには馴染めなかったことでしょう。たとえ経済的環境が同じレベルの者どうしが結婚したとしても、育った家庭環境は違うはず。財閥の御曹司との結婚を、玉の輿と周りの目は厳しいけれど、愛という絆があれば乗り越えられる!? コンスタンス・ウー演じるチャーミングなレイチェルを、きっと応援したくなるでしょう。
本作は、ハリウッドで全員がアジア系キャストで製作された映画として、『ジョイ・ラック・クラブ』(1993年)以来、実に25年ぶり。
レイチェルの友人ペク・リンを演じているオークワフィーナは、ラッパーで脚本家でもある女優。普段はとんでもない格好をしているのに、パーティにはお洒落なドレスを着こなして登場する女性を演じて異彩を放っています。
シンガポールのニュートンサーカスやラッフルズホテルなど昔懐かしい場所から、世界最大の屋上プール“インフィニティプール”まで、新旧のシンガポールもたっぷり楽しめます。(咲)



里帰りに同行し、彼の一族と初めて対面。恋した彼は王族に並ぶ超セレブ一族だった! 主人公は格式の違いを見せつけられる。
お金のある幸せと不自由。彼の従姉妹の健気な努力はかえって夫を傷つけた。夫婦の機微を理解するのは難しい。
厳しい姑も祖母の前ではたじたじ。嫁姑の確執は国や時代を超えて同じなのだ。若い2人の苦悩は繰り返す。姑の主人公への厳しい言葉は、経験からアドバイスだった。それを乗り越えるのは2人の強い愛情が大切。下手な小細工は無用だ。
主人公は姑を麻雀に誘う。ゲーム理論を専門とする教授として、完璧な振る舞いをした。姑との関係に悩む人には参考になるだろう。牌の意味がわかると嫁姑の決着がより理解できるかもしれない。
また、アジアのイケメンが勢ぞろいしているところも見どころ。ゴージャズな舞台に輝く彼らをたっぷり堪能したい。(堀)


2018年/アメリカ/カラー/シネマスコープ/英語/121分
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/crazyrich/?_ga=2.55993647.560651244.1538053049-530050996.1536622550
★2018年9月28日(金)、新宿ピカデリー他 ロードショー!






posted by sakiko at 09:55| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

散り椿

thumbnail_散り椿-タイトルロゴ.jpg

監督・撮影:木村大作
脚本:小泉堯史
出演:岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、緒形直人、新井浩文、柳楽優弥、芳根京子、駿河太郎、渡辺大、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二

享保15年。かつて藩の不正を訴え出たが認められず、故郷・扇野藩を出た瓜生新兵衛(岡田准一)は、連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)が病に倒れた折、彼女から最期の願いを託される。「采女様を助けていただきたいのです……」と。采女(西島秀俊)とは、平山道場・四天王の一人で新兵衛にとって良き友であったが、二人には新兵衛の離郷に関わる大きな因縁があったのだ。篠の願いと藩の不正事件の真相を突き止めようと、故郷・扇野藩に戻った新兵衛。篠の妹・坂下里美(黒木華)と弟・藤吾(池松壮亮)は、戻ってきた新兵衛の真意に戸惑いながらも、凛とした彼の生き様にいつしか惹かれていくのだった。
散り椿が咲き誇る春――
ある確証を得た新兵衛は、采女と対峙することになる。そこで過去の不正事件の真相と、切なくも愛に溢れた妻の本当の想いを知ることになるのだった……。しかし、その裏では大きな力が新兵衛に迫っていた――。

岡田准一主演の時代劇。亡き妻の最後の願いで、追放された藩に戻り、親友を助けて不正を暴く。原作は葉室麟の同名小説で、カメラマンの巨匠、木村大作がメガホンを取った。
藩が差し向けた刺客をあっさりと返り討ちにし、家で夫の帰りを待っていた妻と慈しみあうように語らい合う。冒頭の数分で、主人公の剣豪ぶりと崇高な夫婦愛が伝わってきた。
しかし、ここからが本編。亡き妻は親友と破談になってから主人公に嫁いだが、心は親友にあったのかもしれないと残した手紙が思わせる。妻の気持ちはどこにあったのか。不安な気持ちを封じ込め、妻の「親友を助けてほしい」という願いを叶えようとする。そんな主人公の心の支えは妻との思い出。庭先で寄り添うように妻の洗髪を手伝うさまは清らかなラブシーン。必見である。
最後に明らかになる妻の本当の思い。それに応えようと、命を懸けて闘う武士としての生き様。ラブストーリーと時代劇が見事に融合し、夫婦の愛を高らかに奏で上げる。岡田准一の代表作となるに違いない。(堀)


2018年/日本/カラー/シネスコ/112分
配給:東宝
(C) 2018「散り椿」製作委員会
http://chiritsubaki.jp

★2018年9月28日(土)全国東宝系にてロードショー
posted by shiraishi at 17:36| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(原題:Bad Genius)

bad.jpg

監督・脚本:ナタウット・プーンピリヤ
プロデューサー:ジラ・マリクン、ワンリディー・ポンシティサック
出演:チュティモン・ジョンジャルーンスックジン(リン)
チャーノン・サンティナトーンクン(バンク)
イッサヤー・ホースワン(グレース)
ティーラドン・スパパンピンヨー(パット)

女子高生のリンは、皆がうらやむ進学校に特待生として転入してきた。父子家庭でつましく暮らしているリンには高嶺の花の学校だったが、成績優秀のため授業料は免除になった。最初に友だちになったグレースは将来女優になるのが夢、勉強はあまり得意ではない気のよい子だった。赤点になりそうなテストをリンのおかげで乗り切って、ますます仲良くなる。グレースの彼氏のパットが自分も助けてほしい、ついては「ビジネス」をしようともちかけてくる。裕福な家の生徒たちは親が手を回して裏口入学していた。おかげで毎回テストで四苦八苦しているのだという。正解をカンニングさせてくれたら、対価を払うというものだ。絶対に見破られない方法をリンは考え付く。希望者が殺到するのを苦々しく眺めていたのは、リンと同じ特待生で母子家庭で苦学しているバンクだった。

タイの名前は長いわ、難しいわでいまだに覚えられませんが、今回は初めて聞くお名前ばかり。脚本も手がけたナタウット・プーンピリヤ監督はまだ30代です。アメリカの青春映画のように明るくて、スピード感たっぷりで、いけないことだというのに、その展開をハラハラ、あれあれと思いながら観続けました。天才も秀才も生まれた家庭によっては、才能を伸ばすことも発揮することも難しい。そんな苛立ちを抱え、自分の頭脳を頼りに疾走するリン。これがはじめての演技体験というチュティモン・ジョンジャルーンスックジン(長い+マネできません)のクールさは緊張によるものなのか、良いほうに働いています。社会的な問題も何気なく見せながらエンターテイメントに昇華させる監督の手腕、これからが楽しみです。長編3,4作目?未公開作品も観たいです。映画祭とかで公開されないでしょうか?(白)

2017年/タイ/カラー/シネスコ/130分
配給:ザジフィルムズ、マグザム
(c)GDH 559 CO., LTD. All rights reserved.
https://maxam.jp/badgenius/
★2018年9月日22日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 15:32| Comment(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

純平、考え直せ

junpei.jpg

監督:森岡利行
原作:奥田英朗(光文社刊)
撮影:釘宮慎治
音楽:原田智英
出演:野村周平(坂本純平)、柳ゆり菜(山本加奈)、毎熊克哉(北島)、岡山天音、佐野岳(ゴロウ)、戸塚純貴、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人、森田涼花、片岡礼子(純平の母)

純平は新宿歌舞伎町のチンピラ、21歳。任侠に憧れ、いつか一人前の”男”になるのを夢見ている。ある日、対立する組の幹部の命を獲って来い、と命じられた。”鉄砲玉”である。実行の日まで3日間。兄貴から支度金を渡され、たまたま出会ったOLの加奈と最後の日々を楽しむことにした。贅沢なホテルに泊まり、好きな焼肉をほおばり、思い切り飲んで笑った。加奈はベッドからSNSに投稿する。現場中継のような加奈の書き込みに、次々とレスがつく。加奈がうっかり名前を書いてしまった”純平”は掲示板で注目の人となる。無責任に煽るもの、釣りだろうと冷めているもの、心配して忠告するもの・・・様々な書き込みで掲示板は溢れかえる。

昭和の香りの任侠道の純平と携帯を片時も離さず、SNSに依存する加奈。全く違う2人が短い間で惹かれあう3日間。森岡監督は『ローマの休日』がお好きなんだそうです。全く違う世界に住む男女の話で、バイクに乗って髪も切ってとエピソードが入っていますね。あっちでは、ベッドに王女が眠るだけ。こちらでは限りある時間を惜しむような渾身のベッドシーン。これまでの出演作には、こんな大人向けシーンはなかったと思います。これで野村周平くんは大人の階段をのぼって、学生役は卒業でしょう。ヒロインの柳ゆり菜さんは、この作品で初めて観ました。グラビアや舞台の方なんですね。劇中で髪を切られたり、激しいベッドシーンがあったり熱演。『ケンとカズ』(2016)以来注目している毎熊さんも兄貴役で凄みを見せていました。
9月22日(土)シネリーブル池袋で初日舞台挨拶に11人が登壇しました。そのときの集合写真を1枚。(白)

IMG_6649.jpg

2018年/日本/カラー/シネスコ/95分
配給:アークエンタテインメント
(C)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ
http://junpei-movie.com/
★2018年9月22日(土)ロードショー
スタッフ日記はこちら
posted by shiraishi at 15:19| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。