2018年08月03日

7号室   原題:Room No. 7

7gousitu.jpg

監督・脚本:イ・ヨンスン
出演:シン・ハギュン(『JSA』『マイ・ブラザー』)、D.O.( ディオ:ボーイズアイドルグループ「EXO」のメインボーカル)(『あの日、兄貴が灯した光』)

ドゥシク(シン・ハギュン)は10年前、離婚ですべてを失い、人生の再起をかけて個室DVD店を開き、街一番の品揃えを誇っていた。そんな店も時代遅れとなり客足はすっかり途絶え、家賃は滞納、従業員への給料も払えないでいた。一方、給料を貰えないでいるアルバイト店員のテジョン(D.O.)は、麻薬密売人からブツを預かるだけで多額の報酬を払うという話に乗り、預かったスーツケースを店の「7号室」に隠す。
なんとか店を売却したいドゥシクは、アルバイトをもう1名雇って、大繁盛を装う。お蔭で売買契約を希望する相手も現れるが、そんな最中、新人バイトが老朽化した店内で不慮の死を遂げてしまう。ドゥシクは死体を「7号室」に隠し、ドアの前には本棚を置き、誰にも開けられないようにしてしまう。密売人に渡すためブツを取りにきたテジョンは、封印されている「7号室」になんとしてでも入りたい。開けられては困る社長ドゥシクとの壮絶なバトルが繰り広げられる・・・

新入りバイトが死んでしまったのは、不慮の事故だから、警察に届ければ何の問題もないのですが、パニックに陥ったドゥシクは7号室に隠してしまいます。おまけに、そこには置いておけないと姉の店に死体の入ったスーツケースを苦労して移し、さらにまた戻さなくてはいけないという事態に・・・ 演技派シン・ハギュンと、アイドルグループ出身の若手ホープのD.O.との攻防戦が、真剣なだけに、もう笑うしかありません。でも、登場人物それぞれの人生の背景を思うと、笑っていられない社会の不公平を感じてしまいました。(咲)

2017年/韓国/100分
配給:ツイン
公式サイト:http://www.roomno7.com/
★2018年8月4日(土) シネマート新宿ほか全国公開





posted by sakiko at 21:28| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンクシーを盗んだ男   原題:The Man Who Stole Banksy

banksy.jpg

監督:マルコ・プロゼルピオ
ナレーション:イギー・ポップ
出演:
ロン・イングリッシュ(現代アーティスト)
スティーブ・ラザリデス(バンクシーの元マネージャー)
ステファン・ケスラー(収集家)
クリスチャン・オモデオ(芸術史家)
ベラ・バブウン(ベツレヘム市長 *撮影当時)
パオロ・ブッジャーニ(芸術家/パフォーマー/収集家)
フィリップ・トイヒトラー(収集家/芸術家)
カミッロ・タロッツイ(修復家)
ワリド・“ザ・ビースト”・ザワラー(タクシー運転手)
アブ・ヤメン(BANKSY’S SHOP店主)
マイケル・カナワッティ(壁の元持ち主)

2007年、パレスチナ・ヨルダン川西岸地区ベツレヘムの巨大な分離壁に、姿を見せないことで有名なグラフィティアーティスト、バンクシーが集めた14人のアーティストによって6つの壁画が描かれた。その内の1枚「ロバと兵士」は、パレスチナ人をロバに見立てたとして怒った地元住民たちによって切り出され、オークションサイト「eBay」に出品される。コンクリートの塊のまま! 
5年後、ベツレヘムに取材に行った監督のマルコ・プロゼルピオが最初に出会ったのが、「ロバと兵士」を売りとばす一旦を担ったタクシー運転手ワリド・“ザ・ビースト”だった。それを機に、様々な人に話を聞き、切り出された絵を追って、デンマーク、ロンドン、ロサンゼルスへと飛ぶ・・・

バンクシーといえば、分離壁に描いた絵が『オマールの壁』に登場したり、昨年2017年には、3方を分離壁に囲まれてしまったベツレヘム地区の家を世界一眺めの悪いホテル“The Walled off Hotel”として開業したりと、イスラエルの横暴な政策に一石を投じているアーティストという印象が強い。
本作の中でも、取材当時のベツレヘム市長のベラ・バブウンさん(女性です!)が、「バンクシーは私にとっては哲学者。誰よりも正確に気持ちを表わしてくれたことに感謝」と語っている。『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』(2014年)で、壁などにゲリラ的に描かれた絵がオリジナルのまま見られるのは時間の問題ということが描かれていたけれど、パレスチナの分離壁の絵は、警察も価値を認め、汚す者がいないか見張っているそうだ。
一方で、タクシー運転手のワリド・“ザ・ビースト”は、「壁に絵を描いて偽善者ぶってやがる。バンクシーはクソ野郎だ」と言い放つ。彼は、壁の絵の売り主カナワッティに「壁を切り取って売れば」と進言したのに、1銭も貰ってないとも言う。実は、この壁画、いまだに売れてないそうだ。
バンクシー自身、この騒動をどんな思いで見ているのだろう。 アーティストとしてのバンクシーには、高さ8メートル、そして、長さはまだまだ伸びる分離壁は、大きなキャンパス。でも、パレスチナの地に描く場所がなくなることを願っているに違いない。(咲)


2018年/イギリス・イタリア/カラー/デジタル/英語/93分
配給:シンカ
公式サイト:http://banksy-movie.jp/
★2018年8月4日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次公開





posted by sakiko at 18:48| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。