2018年07月13日

グッバイ・ゴダール!   原題:LE REDOUTABLE

goodbye.jpg

監督:ミシェル・アザナヴィシウス(『アーティスト』)
出演:ルイ・ガレル/ステイシー・マーティン/ベレニス・ベジョ

1968年、パリ。哲学科の学生アンヌ、19歳。祖父は、ノーベル文学賞受賞作家フランソワ・モーリアックという名家。そんなアンナが、世界から注目を集める映画監督ジャン=リュック・ゴダールと出会い、瞬く間に恋に落ちる。彼の新作『中国女』の主演に抜擢され、これまで知らなかった映画作りの世界で、ときめきの日々。やがてゴダールからプロポーズ。二人の結婚は世界から注目される。
街には革命の気運。ゴダールも映画よりも学生や労働者たちとデモや討論会に赴くことが多くなる。そんな中、アンヌは友人の監督の作品がカンヌ映画祭に出品されることになったと、カンヌに誘われる。一方、ゴダールは、ド・ゴール政権下での映画製作を批判し、映画祭を中止に追い込もうと、トリフォー、アラン・レネ、クロード・ルルーシュらと共にカンヌに乗り込む・・・

原作は、ゴダールの2人目の妻で、女優、作家として活躍したアンヌ・ヴィアゼムスキーによる自伝的小説。数々の映像化のオファーを断ってきたアンヌが、ミシェル・アザナヴィシウス監督から、「とても愉快で楽しいストーリーだ」と言われ、初めて映画化を承諾。アンヌは2017年10月に亡くなったが、何とか完成作を見てもらうことができ、とても気に入ったそうだ。

アンヌの青春時代が、5月革命の時代を背景に生き生きと描かれている。
ゴダールが中止に追い込んだカンヌ映画祭からパリに帰る車には、映画祭に出品したのに上映できなかった監督も同乗していて、6人がぎゅうぎゅう詰めの車中で口論になる。
辛辣な言葉が飛び交って愉快な場面だが、ワンカットで撮るのに、誰かしらが笑ってしまうので、2日かかったそうだ。
5月革命から、2018年で50年。アザナヴィシウス監督は、この映画を作ることで、5月革命の精神に最大級の敬意を表したかったという。(咲)


2017年/フランス/108分/ギャガ/DCP
配給:ギャガ
公式サイト:http://gaga.ne.jp/goodby-g/
★2018年7月13日(金)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座 他、全国順次ロードショー





posted by sakiko at 13:04| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする