2018年07月05日

スウィンダラーズ(原題:The Swindlers)

swind.jpg

監督・脚本:チャン・チャンウォン
撮影:イ・テユン
音楽:パン・ジュンソク
出演:ヒョンビン(ファン・ジソン)、ユ・ジテ(パク・ヒス)、ペ・ソンウ(コ・ソクトン)、パク・ソンウン(クァク・スンゴン)、アン・セハ(キム課長)、ナナ(チュンジャ)

韓国中を騒がせた詐欺師のチャン・ドゥチルが死亡したというニュースが流れるが、詐欺師のファン・ジソンは信じない。ドゥチルの事件を担当していたエリート検事のパク・ヒスに近づき、一緒に真相を暴こうと提案する。パク検事は自らの裏ルートの詐欺師メンバーをジソンと引き合わせる。演技力のコ・ソクトン、ハニー・トラップの仕掛け人チュンジャ、天才ハッカーのキム課長は同じ目標のために、協力する・・・はずだったが、それぞれに違う思惑があった。騙し騙されの攻防の末、勝つのは誰だ?

コンフィデンシャル 共助』が2月に公開されたヒョンビン、そちらでは殆ど笑顔を見せない北朝鮮の軍人役でしたが、こちらでは詐欺師を騙す頭の切れる詐欺師役。クールな検事のユ・ジテ(お久しぶり!)を相手に、いろいろな表情を見せてくれるのでファンは必見です。6人が魅力を最大限に発揮したこの作品、韓国では大ヒットしました。詐欺の手口がいろいろ出てきますが、よい子はマネしないように。これは大物詐欺師を炙り出すためです。みんなが着こなす衣装にもご注目ください。ナナさんが惜しげもなく見せる長い脚に男性はうっとりするでしょう。ペ・ソンウさん、アン・セハさんの衣装は個性が出ています。長身のヒョンビン(184cm)、ユ・ジテ(188)、パク・ソンウン(187)3人のスーツ姿が特に素敵!
観終わった後に、仕掛けや伏線を確かめにもう一度観たくなる作品でした。(白)


2017年/韓国/カラー/シネスコ/116分
配給:クロックワークス
(C)2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.
http://klockworx-asia.com/swindlers/
★2018年7月7日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:33| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルームロンダリング

room.jpg

監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋、梅本竜矢
撮影:江崎朋生
音楽:川嶋可能
出演:池田エライザ(八雲御子)、渋川清彦(春日公比古)、健太郎(虹川亜樹人)、光宗薫(千夏本悠希)、オダギリジョー(雷土悟郎)

八雲御子は肉親を早くから亡くし、叔父の悟郎が残っているだけ。人付き合いの苦手な御子に悟郎が紹介する仕事は「ワケあり物件」のロンダリング(浄化)。御子には死んだ人の姿が見えるのだ。未練たらたらのあまり成仏できずに、部屋に残っている彼らの相談にのるのが、主な仕事になる。引っ越してきたアパートには、自殺したもののミュージシャンになる夢を諦めきれないパンクロッカーの公比古、見ず知らずの男にいきなり殺されたOL薫の幽霊が居座っていた。

TSUTAYAがオリジナル企画を募集した「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM2015」で準グランプリを受賞し、このほど映画化された作品。モデル出身でこれまでの役柄から明るく華やかな印象の池田エライザさん、本作では引き籠り気味なオカルト少女。幽霊たちに振り回されながら、隣人にちょっと心傾き、自分の殻を少しずつ破っていきます。やる気ゼロな叔父さんをオダギリジョー。いつも肩の力抜けていて人を安心させる役柄が地に見えてしまいます。「仮面ライダークウガ」(2000)だったんですけど。
渋川清彦さんは主演の『榎田貿易堂』が公開中。『パンク侍、斬られて候』『菊とギロチン』もうすぐです。あちらでもこちらでも顔を見ます。情けないけど、応援したくなるキャラがほんとによく似合います。
片桐健滋監督は崔洋一監督、廣木隆一監督たちの元で助監督を務め、本作で長編映画監督デビューとなりました。みんながちょっとずつ幸せになるデート向き作品。(白)


2017年/日本/カラー/シネスコ/109分
配給:ファントム・フィルム
(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会
http://roomlaundering.com/
★2018年7月7日(土)より新宿武蔵野、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋他全国ロードショー
posted by shiraishi at 15:30| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボリショイ・バレエ 2人のスワン(原題:Bolshoy)

Bolshoy.jpg

監督:バレーリー・トドロフスキー
脚本:アナスタシア・パルチコバ
音楽:パーベル・カルマノフ
出演:マルガリータ・シモノヴァ(ユリア・オルシャンスカヤ)、アンナ・イサエヴァ(カリーナ・クルニコヴァ)、アリーサ・フレインドリフ(ガリーナ・ミハローヴナ)、アレクサンドル・ドモガロフ(ウラジミール・ポトツキ)、ニコラ・ル・リッシュ(アントワーヌ・デュバル)

ロシアの名門、ボリショイのバレエ・アカデミーに入学したユリアとカリーナ。カリーナは富裕層の家に生まれて、何不自由なく育った。ユリアは貧しい炭鉱町の出身。酔いどれの元バレエダンサーに才能をかわれて、ここまでやってきたのだ。カリーナは講師の誰もが認める完璧な踊りと優雅さを身につけていたが、ユリアを認めたのは伝説のプリマだったガリーナただ1人。孤立無援のユリアにあれこれと援助する。ユリアとカリーナは過酷なレッスンに耐えてプリマの座を目指していく。

私たちが見るのは舞台上の優雅なプログラムですが、そこに立つまでの足跡が詳しく描かれています。子どものころから厳しい練習を積み、多くの競争相手の中から抜きん出ないと舞台に上がることができません。勝ち上がらねばならない点ではスポーツと変わりません。よほどの思いと才能が必要です。その他に財力も必須。この作品では全く違う環境で育った二人の少女が、バレエ学校という同じラインに立ったところから、熾烈な競争を重ね、プリマになるまでが描かれます。ユリア役のマルガリータ・シモノヴァは、30歳の現在もポーランド国立バレエ団在籍中の現役バレエ・ダンサー。カリーナ役のアンナ・イサエヴァは2013年までロシア・ナショナル・バレエ劇場で古典敵作品の全てに出演していましたが、現在は講師として活動中。
2人が憧れるエトワール、アントワーヌ・デュバル役はニコラ・ル・リッシュ。友人が大ファンでパリ・オペラ座の公演に行くのを楽しみに働いていたのを思い出します。『エトワール』(2000)で20代の彼の姿が観られます。
バレエというと思い出すのが昨年の7月に公開された『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』です。作品中で紹介される「Take Me To Church」を踊る彼を奏楽堂の舞台で見たのは宝物のような思い出です。(白)


2017年/ロシア/カラー/シネスコ/132分
配給:アットエンタテインメント
(C)Valery Todorovsky Production Company
http://bolshoi-ballet-movie.com/
★2018年7月7日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 15:28| Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする