2018年06月30日

映画チーズ・イン・ザ・トラップ   原題:Cheese in the Trap

cheese trap.jpg

監督:キム・ジェヨン
出演:パク・ヘジン、オ・ヨンソ、パク・ギウン、ユ・イニョン、パク・サンダラ

バイトしながら大学に通う真面目で地味な女子大生ホン・ソル。そんな彼女が金持ちの息子でクールな美男子のユ・ジョン先輩と一緒に課題に取り組むことに。課題のために映画を観にいったり、食事をしたりするうち、「ソル、僕と付き合う?」というユ・ジョン先輩。
完璧すぎる彼が、なぜ私と? 何をたくらんでいるの?と、彼の本心がわからないソル。
一方、親を亡くし、姉イナと共にユ・ジョンの家で育ったイノという年下の男子もソルに近づいてくる・・・

韓国で累計再生回数11億ビューを記録した大人気ウェブ漫画「チーズ・イン・ザ・トラップ」。2016年に放映されたテレビドラマに続いて、映画化されました。
16回続いたドラマが、約2時間の映画に。 いろいろなエピソードは削られているし、結末も違うけれど、なかなかうまくまとまっていて、物語としてはどちらも好き♪
一番の違いは配役。ドラマと映画、どちらもユ・ジョン先輩を演じたのはパク・ヘジンですが、彼以外は演じた俳優さんが違います。
ドラマでホン・ソルを演じたキム・ゴウンは、目が一重で、ほんとに真面目な女子大生という雰囲気。どうして、こんなに地味な女の子が、素敵なユ・ジョン先輩と?と思わずにいられませんでした。その意外な組み合わせは、平凡な女の子に夢を持たせてあげるためかなとも思いました。
それに対して、映画でホン・ソルを演じたオ・ヨンソは、それなりに可愛くて綺麗。でも、あまり勉強が出来そうには見えない!(ヨンソさん、ごめんなさい!)  原作のウェブ漫画のホン・ソルは、映画版のオ・ヨンソの方がルックス的には近いです。
ユ・ジョンの家で育ったイノは、天才ピアニストの誉れが高かったのですが、挫折して、大学にも進学してない、ちょっと屈折した男の子。ドラマ版では、ホン・ソルが図書館で彼に丁寧に勉強を教える場面がよく出てきました。イノを演じたソ・ガンジュンがはまり役で、まさに子犬のようなイメージで可愛かったです。映画版では、イノとのエピソードはかなり削られて、イノの印象も薄いです。
そして、イノと一緒にユ・ジョン先輩の家で育った我が儘いっぱいの強烈な性格の姉イナも、映画版では出番も少なめ。ドラマと比べると、物足りない感じはしますが、映画は、ホン・ソルとユ・ジョン先輩の関係を中心に描いて、すっきりまとまっています。(咲)


テレビと映画の両方で、謎めいたクールなユ・ジョン先輩を演じたパク・ヘジンが公開を前に来日。プレミア上映で、舞台挨拶に登壇しました。
『映画チーズ・イン・ザ・トラップ』 主演パク・ヘジン舞台挨拶
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/459913547.html

2018年/韓国/116分 .
配給:クロックワークス
公式サイト:http://klockworx-asia.com/cheese/
★2018年7月14日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー




posted by sakiko at 17:48| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレアのカメラ   英題:Claire's Camera

clares camera.jpg

監督・脚本:ホン・サンス
出演:キム・ミニ、イザベル・ユペール、チャン・ミヒ

映画会社に入社して5年、マニ(キム・ミニ)はカンヌ国際映画祭に出張中だ。まだ会期も終わってないのに、女社長(チャン・ミヒ)から突然解雇されてしまう。帰国便を変更することもできず、ゲストハウスで過ごすことにする。
カンヌ映画祭に初めてやってきた音楽教師のフランス人クレア(イザベル・ユペール)。趣味はカメラ。自分が撮った相手は別人になるという自説を持っている。
クレアは韓国のソ監督(チョン・ジニョン)と知り合い、映画会社の女社長と3人で食事する。クレアは二人を写真に収める。クレアが先に店を出ていくと、ソ監督は、女社長に男女の関係を精算したいと告げる。実は、女社長は、ソ監督にマニとの関係を責めたいのをぐっと我慢していたのだ。
一方、クレアと知り合ったマニは、クレアの撮った写真の中にソ監督と女社長のツーショットを見つけ、解雇の理由に思い当たる・・・

本作は、2016年のカンヌ映画祭開催中に撮影されたもの。イザベル・ユペールはポール・ヴァーホーヴェン監督作『エル ELLE』、キム・ミニはパク・チャヌク監督作『お嬢さん』がコンペティション部門に出品され、カンヌに来ていて、その機会を利用してわずか数日で撮影。
カンヌ映画祭開催中の映画人や映画ファンで賑わうカンヌの町の雰囲気が伝わってくる作品。ホン・サンス監督お気に入りの役者たちが揃ったのを、ちゃっかり利用しての撮影。
町を徘徊したり、男女の会話で物語が進むホン・サンスのスタイル。
カンヌ映画祭に集う人たちが、映画上映や映画祭イベント以外の場で、どんな風に過ごしているのかも垣間見せてくれて楽しい。(咲)


第70回カンヌ 国際映画祭 アウト・オブコンペティショ出品

2017年/韓国/69分/ビスタ/5.1ch/カラー
配給:クレストインターナショナル
公式サイト:http://crest-inter.co.jp/sorekara/crea/
★2018年7月14 日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次ロードショー





posted by sakiko at 17:26| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする