2018年05月13日

海を駆ける

umiwokakeru.jpg
    
監督・脚本・編集:深田晃司(『淵に立つ』)
出演者:ディーン・フジオカ、太賀、阿部純子、アディパティ・ドルケン、セカール・サリ、鶴田真由

インドネシア、一番西の端の町バンダ・アチェ。
海から男がやってきて、波打ち際に倒れる。
その日、NPO法人で災害復興の仕事をしている貴子は、息子タカシの同級生クリスと、その幼馴染でジャーナリスト志望のイルマから取材を受けていた。身元不明の日本人らしき男が海辺で発見されたので、至急来て欲しいと連絡が入る。折りしも、日本からやって来る親戚のサチコは、息子のタカシたちに空港に迎えに行かせる。
貴子は、記憶を失っている男の身元捜しをする間、家で預ることになる。海辺で発見された男に、インドネシア語で海という意味の「ラウ」と名付ける。いつも静かに微笑んでいるラウ。イルマは、ラウが起こした不可思議なマジックのような現象を動画に撮り、スクープとして取り上げて貰おうとする・・・

2004年12月26日に起こったインド洋津波。アチェ州では17万3000人が犠牲になった。アチェ州では、30年にわたってインドネシア政府からの独立を目指して内戦状態が続いていたが、津波をきっかけに独立運動は終結。内戦と津波の二つの災いからの復興の道を歩んでいる。
深田監督は、2011年12月、京都大学とアチェのシアクアラ大学が共同で開催した津波と防災のシンポジウムの撮影を依頼され、バンダ・アチェを訪れる。インドネシア自体が始めての訪問だった。津波で家族が亡くなったのも神様が望んだことという運転手。日本の津波被災者とは違う捉え方に、価値観の違いをずっしり感じたという。帰路には、アチェで映画を撮りたいと思い始めていたところ、縁あってアチェで映画を撮ることになり、脚本を執筆。全編、アチェで撮影している。

ジャーナリスト志望の女性イルマは、元々裕福な家庭で育ったが、津波で家を流され、津波で足を悪くした父親と共に復興住宅で暮らしている。大学に行くのも諦め、自力でジャーナリストとなるべく頑張っているという設定。ラウという男の起こす摩訶不思議な現象を映像に捉えて、スクープとして発信しようとしたのに、まんまとプロのジャーナリストに横取りされてしまいます。イルマは、髪の毛もきっちり隠したムスリマ。幼馴染で大好きなクリスから告白されたのに、宗教の違いから振ったという過去がある。そのクリスは、日本から来たサチコに惚れて、タカシから日本語での殺し文句を教えてもらうのですが撃沈・・・ という場面も。
青春群像劇が繰り広げられる中、ディーン・フジオカが、言葉少ない謎の男を存在感たっぷりに演じている。

先日、深田監督のお話を伺う機会があり、その中で印象的だったのが、インドネシア特有のスタッフの話。撮影費用が膨れ上がったので、なんとか減らせないかと、目をつけたのが、rain stopper。ところが、インドネシア側からは、これは外せないと進言されたそうだ。確かに、雨が降りそうな空模様の時に、彼が祈祷すると撮影中に雨は降らなかったとか。
エンドロールに、ちゃんと二人、お名前が載っているのを確認! (咲)


2018年/日本・フランス・インドネシア/107分/5.1ch/ヨーロピアンビスタ/カラー/デジタル
配給:日活 東京テアトル
公式サイト:http://umikake.jp
★2018年5月26日(土)テアトル新宿、有楽町スバル座ほか全国ロードショー






posted by sakiko at 19:12| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランペイジ 巨獣大乱闘(原題:Rampage)

Rampage.jpg

監督:ブラッド・ペイトン
脚本:ライアン・イングル
撮影:ジャロン・プレサント
音楽:アンドリュー・ロッキングトン
出演:ドウェイン・ジョンソン(デイヴィス・オコイエ)、ナオミ・ハリス(キト・コードウェル博士)、ジェフリー・ディーン・モーガン(ラッセル捜査官)、マリン・アッカーマン、ジェイク・レイシー、ジョー・マンガニエロ

霊長類学者デイヴィスが親代わりとなって育てた白いゴリラ、ジョージに異変が起こった。具合が悪そうにしていたかと思うと、みるみるうちに巨大化し、心優しかったジョージが凶暴な顔を見せたのだった。檻を破って脱走したジョージはどこかへ向かっている。そして、森の中、水中と別の生きものが巨大化していた。陸海空を統べる軍隊が制圧に乗り出したが、巨大化とともに能力も増大している猛獣には歯が立たない。遺伝子を研究していたキト・コードウェル博士が、その原因をディヴィスに告げる。破壊の限りを尽くす巨大化した猛獣を止めるすべはあるのか?

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』でロック様ことドウェイン・ジョンソンを観たばかりですが、本作では制作総指揮もかねています。でかくなった動物が暴れまわるパニック映画? え〜(ちょっとイヤ)! だけどロック様が出るんなら観に行こうっと(実はファン)、と出かけた試写会。不覚にも涙しましたよ。はい。白ゴリラのジョージの表情とそのキャラがものすごく良いのです。デイヴィス博士との手話で会話できるほどの知能もあります。これを観たら、手話を覚えたくなりました。この人間とゴリラの間に流れる愛情に泣けます。女子もぜひ。
ブラッド・ペイトン監督は『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』(2012)、『カリフォルニア・ダウン』(2015)につぎ、ドウェイン・ジョンソンとの3度目のコラボレーションを果たしました。これも大ヒットの予感。(白)


2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/107分/2D、3D
配給:ワーナー・ブラザース
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
http://wwws.warnerbros.co.jp/rampagemovie/
★2018年5月18日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 17:09| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピーターラビット(原題:Peter Rabbit)

peter.jpg

監督:ウィル・グラック『ANNIE/アニー』
原作:ビアトリクス・ポター
脚本:ロブ・ライバー、ウィル・グラック
撮影:ピーター・メンジース・Jr.
音楽:ドミニク・ルイス
出演:ローズ・バーン(ビア、声:あひるのジマイマ、パドルダック)
ドーナル・グリーソン(トーマス・マクレガー、声:かえるのジェレミー・フィッシャーどん)
サム・ニール(マクレガーおじさん)
デイジー・リドリー(カトンテール声)
エリザベス・デビッキ(モブシー声)
マーゴット・ロビー(フロプシー声)
ジェームズ・コーデン(ピーターラビット声)

ウサギのピーターはたくさんの仲間と楽しく暮らしている。両親はなくなってしまったけれど、大親友の画家ビアがいる。けれどもマグレガーおじさんの後にロンドンからやってきた若いマクレガーは、動物嫌いで潔癖症。畑に入ったピーターはさっそく追い掛け回された。おまけにマクレガーはピーターの大事なビアが気になるらしい。あんなヤツにビアを取られたくないっ!これまでの幸せを守るために、ピーターは立ち上がった。小さくても動物でもできることはある!ってね。

ビアトリクス・ポターが子どものために描いた小さな絵本「ピーターラビット」シリーズは日本でも福音館書店から発行されて、我が家にも5,6冊あります。本作は実写と3DCGアニメの融合作品で、ふわふわモフモフの動物の毛も再現されています。どうやって作っているのでしょう。メイキングが見たいものです。舞台は原作者のポターが愛してやまなかった湖水地方。目の前に広がる絵本の世界にひたり、ビアの住居の可愛らしい調度品や描きあげられた絵にもご注目ください。
レニー・ゼルウィガーがポターを演じた伝記映画『ミス・ポター』(2006年)も未見の方はぜひどうぞ。(白)


2018年/オーストラリア、アメリカ、イギリス合作/カラー/シネスコ/95分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
http://www.peterrabbit-movie.jp/

★2018年5月18日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 16:36| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

台湾巨匠傑作選2018

劇場初公開の『スーパーシチズン 超級大国民』を含む28本一挙上映!

期日:2018年4月28日(土)〜6月15日(金)
劇場:新宿 K's cinemaほか全国順次公開

    東京都新宿区新宿3−35−13 SHOWAKANビル3F
    TEL : 03-3352-2471
配給:オリオフィルムズ
スケジュールなど詳細はHPへ http://taiwan-kyosho2018.com/
facebookで席の状況などお伝えしています。

=上映作品=

『スーパーシチズン 超級大国民』ワン・レン監督
1995年/120分
出演:リン・ヤン、スー・ミンミン、コー・イーチェンほか

thumbnail_ワン・レン 2017東京国際.jpg

ワン・レン監督 2017東京国際国際映画祭

●キン・フー監督作品
『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』(67)
『俠女』(71)
●ホウ・シャオシェン+ワン・レン監督作品
『坊やの人形』(83)
●ホウ・シャオシェン監督作品
『風櫃の少年』(83)
『冬冬の夏休み』(84)
『童年往事 時の流れ』(85)
『恋恋風塵』(87)
『ナイルの娘』(87)
『悲情城市』(89)
『憂鬱な楽園』(96)
thumbnail_侯孝賢 2015東京フィルメックス.jpg

ホウ・シャオシェン監督  2015東京フィルメックス

●エドワード・ヤン監督作品
『光陰的故事』(82)
『台北ストーリー』(85)
『恐怖分子』(86)
『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』(91)
『ヤンヤン 夏の想い出』(00)

●ツァイ・ミンリャン監督作品
『青春神話』(92)
『愛情萬歳』(94)
『河』(97)
『郊遊 ピクニック』(13)
thumbnail_ツァイ・ミンリャン 2014フィルメックス .jpg

ツァイ・ミンリャン監督 2014フィルメックス

●台湾映画秀作集
『推手』(91)アン・リー監督
『ウェディング・バンケット』(93)アン・リー監督
『恋人たちの食卓』(94)アン・リー監督
thumbnail_アン・リー ライフ・オブ・パイトラと漂流した227日.jpg

アン・リー 監督 『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』会見

『藍色夏恋』(02)イー・ツーイェン監督 4Kデジタル初上映
『モンガに散る』(10)ニウ・チェンザー監督
『あの頃、君を追いかけた』(11)ギデンズ・コー監督
『台湾新電影時代』(14)シエ・チンリン監督 ドキュメンタリー
『あの頃、この時』(14)ヤン・リーチョウ監督 ドキュメンタリー
posted by shiraishi at 20:02| Comment(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私はあなたのニグロではない(原題:I Am Not Your Negro)

watasiha.jpg

監督:ラウル・ペック
原作:ジェームズ・ボールドウィン
撮影:ヘンリー・アデボノジョ、ビル・ロス、ターナー・ロス
音楽:アレクセイ・アイギ
ナレーション:サミュエル・L・ジャクソン
出演:ジェームズ・ボールドウィン、メドガー・エバース、マルコムX、マーティン・ルーサー・キング・Jr.、シドニー・ポワチエ

ジェームズ・ボールドウィンはアメリカの作家、詩人、公民権運動家(1924年〜1987年)。ニューヨークに生まれたが、1948年からヨーロッパに移る。1956年、パリで執筆活動に励んでいたとき、ある記事に目が止まる。黒人差別の激しいアメリカ南部で、15歳の黒人女子が初めて高校に入学し、好奇の目にさらされるばかりか白人生徒から嘲笑され、ツバを吐かれている記事だった。これを機にボールドウィンは帰国して、積極的に公民権運動に関わるようになる。黒人公民権運動の活動家、メドガー・エバース、マルコムX、マーティン・ルーサー・キングと出会い、司法長官ロバート・ケネディとも会談する。彼の未完の原稿をもとに、多くの映像を交えアフリカ系アメリカ人の激動の現代史を描き出したドキュメンタリー。

名前の挙がった3人は、黒人に公民権をと活動してきましたがいずれも暗殺されています。ちょっと書き出してみます。みな30代と若いのに胸をつかれます。
メドガー・エバース(37歳没)は1963年6月12日、ケネディ大統領がTV放送で公民権運動を推進する強い決意を表明したその日に自宅に帰りついたとたんに撃たれました。犯人の人種差別主義者の白人は2度無罪になり、最初の裁判から30年後3度目の裁判で初めて有罪判決・無期懲役となりました。
マルコムX(39歳没)はかつて在籍していた教団NOI(ネーション・オブ・イスラム)の信者3人から15発の銃弾を受けて1965年2月21日死亡。3人は3月に有罪・禁固刑を受けましたが、後に仮釈放されています。
マーティン・ルーサー・キング・Jr.(39歳没)は1963年8月、ワシントン大行進にて、“I Have a Dream”の演説を行っています。没後50年の今年、孫の女の子が同じ演説をしているシーンがニュースで紹介されていました。
1964年7月2日に公民権法(Civil Rights Act)が制定。1964年12月ノーベル平和賞が授与され、当時の最年少受賞者でした。
1968年4月4日遊説のために出かけたメンフィス市内のモーテルで、累犯の白人男性に銃撃されました。国外逃亡した犯人はイギリスで逮捕され、99年の禁固刑(後に病没)。

試写を観てしばらく胸が重くなりました。私はそう“感じるだけ”ですが、長い差別と排斥の歴史の中でどれだけの人が傷つき、亡くなったことか。ジェームズ・ボールドウィンが語る激しい言葉が深く刺さります。トランプ政権のもと、時代が逆戻りしているのではと憂えるこのごろ、ぜひ先人たちの思いを受け取ってください。日本人だからといって、無関係ではありません。何の差別もしていないでしょうか?誰にも人より良くなりたい、面倒なことには関わりたくない、見たくないものに目をつぶりたい思いがあるはずです。
ベルリン、山形など各地の映画祭で数多く受賞しています。予告編だけでも今すぐに。(白)


小学生の頃、野生動物が好きでアフリカのことに興味を持った私にとって、人種差別の問題は最初に認識した社会問題だった。中学生や高校生の頃、アフリカ系アメリカ人の作家ジェームズ・ボールドウィンの名を知り、著書「山にのぼりて告げよ」「白人へのブルース」などを読んだ記憶はあるのだけど、なにせ50年近くも前なので、細かい内容までは覚えていない。しかし、この作品で彼が語っていたような内容で、人種差別やアメリカでの黒人の歴史や文化などについて書いてあったと思う。
この作品では、ボールドウィンの講演やテレビでの発言などのアーカイブ映像を軸に、あの頃の映画や音楽の記録映像を交えながら公民権運動が盛り上がった時代が映し出される。そして、黒人たちは公民権を手にしたものの、差別の本質は今も変わっていないことが浮き彫りにされる。
南北戦争が1865年に終わって奴隷制度はなくなり黒人に自由が与えられたけど、それから100年たった1960年代でも、人種差別は大きかった。そして今でも黒人に対する差別や偏見はある。それでも50年以上前に、リチャード・ライトやジェームズ・ボールドウィンのように白人に物申す黒人がいたから、今があると思う。
去年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で、この作品を観た時のレポートはこちらです。(暁)

シネマジャーナルHP 
特別記事 山形国際ドキュメンタリー映画祭2017宮崎記事 
http://www.cinemajournal.net/special/2017/yamagata/index.html#p03

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 トップページ
http://www.cinemajournal.net/special/2017/yamagata/index.html


2016年/アメリカ・フランス・ベルギー・スイス合作/カラー/シネスコ/93分
配給:マジックアワー
http://www.magichour.co.jp/iamnotyournegro/
★2018年5月12日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 15:46| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする