2018年04月15日

さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物 原題 Desperate Man Blues

劇場公開日 2018年4月21日 〜新宿K's cinemanにてロードショー 全国順次公開

9673d52891d17732.jpg
(C)Cube Media 2003

監督 エドワード・ギラン
製作 エドワード・ギラン
撮影 レイ・アーガル
音楽 ロバート・ジョンソン、チャーリー・パットン、サン・ハウス
カーター・ファミリー、ジミー・ロジャーズ
字幕:寺尾次郎 監修:ピーター・バラカン

キャスト
ジョー・バザード
スザンナ・アンダーソン
エディ・ディーン
バーバラ・ブラウン
ジョン・クーパー

さぁ、今日もゴキゲンな音楽を聞きながらレコード・ハンティングに出かけよう!

アメリカ、メリーランド州に暮らすレコード・コレクター、ジョー・バザード。自宅地下室に降りると、そこには壁一面に25000枚の78回転のSPレコードが。発売当時たった10セントで売られていたブルース、カントリー、ブルーグラスなどの貴重なレコードを集め、大事そうに一枚一枚プレイヤーにかけ聴いている。20世紀初頭、ラジオと並んで音楽が人々の手元で聴くことができるきっかけになったのはSPレコードの普及から。
P・P・M、ジョーン・バエズ、ボブ・ディランなどアメリカンフォークソングが世界中に広がっていった1960年代。その前の世代から活躍したウディ・ガスリーやピート・シーガー、ウィーバーズなども、トラディショナルなブルース、カントリー、ブルーグラスから歌を取り入れていった。
ジョー・バザードがハマっているのは、そんな原点の曲である「本物のアメリカン・ミュージック」のレコードを探し、救うことだった! そんなお宝を探して何十年。アメリカ中を捜し歩いてためたレコードコレクション。ロックもヒップホップも大嫌いなガンコなレコード・コレクターのもうひとつのアメリカン・ヒストリー。

監督は、『さすらいのレコードコレクター 10セントの宝物』で私が目指したのは「アメリカが生み出した最も重要な産物だと多くの人がみなしているもの」、そしてアメリカ音楽の源泉に対する関心の高まり、忘れ去られたこの音楽を救い出した一個人、それらについて観客に関心を持ってもらうことですと語っている。
sasurai_main.jpg
(C)Cube Media 2003

昔、よく聴いた古いアメリカのブルース、カントリー、ブルーグラスの曲がたくさん流れとても懐かしかった。そして聞き覚えのある人たちの名前もたくさん。映像を観ながら胸が高鳴った。
実は高校時代(1968年頃)フォークソングをやっていて、あの頃流行っていたアメリカンフォークの原点の音楽を探り、その集めた曲を自分たちで歌ったレコードを作りたいと活動していた。その活動は途中で挫折してしまったけど、その頃聴いたような曲がいっぱい流れていて、そんな曲のレコードを集めているコレクターがいるんだと嬉しくなった。でも「ロックやヒップホップは大嫌い」というのが気になった。かなり保守的な人なのかも。今のアメリカの音楽の原点は、彼が集めている音楽たちなのにと思った。(暁)

公式HP
原題 Desperate Man Blues
製作年 2003年
製作国 オーストラリア
配給 スリーピン
上映時間52分



posted by akemi at 20:53| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシー運転手 約束は海を越えて    原題, A Taxi Driver

taxi untenshu.jpg

監督:チャン・フン(『映画は映画だ』、『義兄弟〜SECRET REUNION』)
出演:ソン・ガンホ、トーマス・クレッチマン、ユ・ヘジン、リュ・ジュンヨル

1980年5月、日本特派員として仕事をしていたドイツ人記者ユルゲン・ヒンツペーターは、韓国・光州で事件が起こったことを知る。戒厳令下の厳しい言論統制で 何が起きているのか一切ニュースが入ってこない。ヒンツペーターは、躊躇なく韓国に飛ぶ。

ソウル。タクシー運転手のマンソプは、男手一つで子育てをしていて、滞っている家賃に頭を抱えていた。「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」という話に飛びつき、英語もできないのにドイツ人記者を乗せて光州に向かう。
検問を切り抜けて、時間ぎりぎりに光州にたどり着く。マンソプは、早くお金を受け取りたいと、ソウルに戻ろうと促すが、取材する決意のかたいヒンツペーター。英語のできる大学生のジェシクや、地元光州のタクシー運転手ファンに道案内してもらうことになる。民主化運動に立ち上がった光州の市民が当局に弾圧されている様子を必死でカメラに収めるヒンツペーター。なんとかこのフィルムを世界に発信しなくてはならない。マンソプは地元のタクシー運転手たちと連携して、検問を潜り抜け、ソウルへと急ぐ・・・

韓国の誇る名優ソン・ガンホや、ユ・ヘジンの確かな演技に、重くなりがちな話題を軽やかに受け止めることのできた137分でした。
このヒンツペーターの取材で、世界は光州で何が起こっているかを知ることができました。
ヒンツペーターは、光州に自分を運んでくれた勇気あるタクシー運転手マンソプにお礼がしたいと、別れるときに貰った電話番号に連絡しますが繋がりませんでした。
映画の最後に、ヒンツペーター氏ご本人が、その後も見つけることのできなかった彼と会いたいと語る場面が出てきます。この映画がきっかけで再会できるといいなと思いましたが、ヒンツペーター氏は亡くなられてしまいました。

光州事件と聞いて思い出すのが、映画『光州5・18』(監督:キム・ジフン/2007年)です。
果敢に立ち向かう市民の姿が思い出されます。あらためて、内容を確認してみたら、光州のタクシー運転手カン・ミヌ(キム・サンギョン)が主人公でした。
「ミヌが働くタクシー会社の社長パク・フンス(アン・ソンギ)は、かつては空挺特別部隊予備役大佐であった。彼は、道庁の地下倉庫に保管されている大量の武器を手に、ミヌらと市民軍を編成、光州を死守することを誓いあう」とあらすじにありました。
『タクシー運転手 約束は海を越えて』では、ユ・ヘジンたちが演じている光州のタクシー運転手たちの活躍が描かれていたのだと、あらためて気が付きました。
勇気ある人たちによって、社会は変えられる。そして、そのことを身の危険も顧みず発信する人がいて、世界は真実を知ることができる。
今、混迷を極めるシリアの内情も、多くの勇気ある人たちによって、何が起こっているかが発信されていることに思いが至ります。(咲)


2017年/韓国/137分/カラー/シネマスコープ/5.1ch
配給:クロックワークス
公式サイト:http://klockworx-asia.com/taxi-driver/
★2018年4月21日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー




posted by sakiko at 10:48| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。