2018年04月07日

港町

minato.jpg

監督・制作・撮影・編集:想田和弘

岡山・牛窓。想田監督は前作『牡蠣工場』を撮りつつ、合間に小さな港町を歩き回った。
そこに暮らす人々と言葉を交わしながら日常を写していく。音楽も説明のナレーションも入らない淡々とした白黒の画面が続く。

想田監督7作目の観察映画。東野英治郎さん似の漁師ワイちゃん、世話好き・お喋り好きのクミさん始め、トラックで家々を回る魚屋さん、代々の墓を守るおばちゃんたちにカメラはついていきます。時折はさまれる監督からの質問に答える声を聞きながら、散歩している気分になります。クミさんの突然の告白のほかは、ほとんど静かな映画なのに、居眠りもせず空気にとっぷりとひたりました。知らない町なのに懐かしさを感じました。試写にいらした想田監督が挙げられた「観察映画の十戒」をせっせとメモしましたが、HPにちゃんとありました。こちらにも貼っておきます。(白)

1 被写体や題材に関するリサーチは行わない。
2 被写体との撮影内容に関する打ち合わせは、原則行わない。
3 台本は書かない。作品のテーマや落とし所も、撮影前やその最中に設定しない。行き当たりばったりでカメラを回し、予定調和を求めない。
4 機動性を高め臨機応変に状況に即応するため、カメラは原則僕が一人で回し、録音も自分で行う。
5 必要ないかも?と思っても、カメラはなるべく長時間、あらゆる場面で回す。
6 撮影は、「広く浅く」ではなく、「狭く深く」を心がける。「多角的な取材をしている」という幻想を演出するだけのアリバイ的な取材は慎む。
7 編集作業でも、予めテーマを設定しない。
8 ナレーション、説明テロップ、音楽を原則として使わない。それらの装置は、観客による能動的な観察の邪魔をしかねない。また、映像に対する解釈の幅を狭め、一義的で平坦にしてしまう嫌いがある。
9 観客が十分に映像や音を観察できるよう、カットは長めに編集し、余白を残す。その場に居合わせたかのような臨場感や、時間の流れを大切にする。
10 制作費は基本的に自社で出す。カネを出したら口も出したくなるのが人情だから、ヒモ付きの投資は一切受けない。作品の内容に干渉を受けない助成金を受けるのはアリ。


2017年/日本、アメリカ/カラー/シネスコ/122分
配給:東風、gnome
(c)Laboratory X, Inc.
http://minatomachi-film.com/
★2018年4月7日(土)よりシアター・イメージフォーラムにてロードショー、他全国順次公開
posted by shiraishi at 17:22| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミスミソウ

misumisou.jpg

監督:内藤瑛亮
原作:押切蓮介 「ミスミソウ 完全版」(双葉社刊)
脚本:唯野未歩子
撮影:四宮秀俊
音楽:有田尚史
主題歌:タテタカコ
出演:山田杏奈(野咲春花)、清水尋也(相場晄)、大谷凜香(小黒妙子)、大塚れな(佐山流美)、中田青渚(橘吉絵)、紺野彩夏(加藤理佐子)、櫻愛里紗(三島ゆり)、遠藤健慎(久賀秀利)、大友一生(真宮裕明)、遠藤真人(池川努)、玉寄世奈(野咲祥子)、森田亜紀(南京子)、寺田農(野咲満雄)

東京から地方の中学に転校してきた野咲春花は、妙子を中心としたグループにいじめにあっていた。女性の担任は知っていながら、無気力でなんの対処もしない。先に転校してきた相場晄(あいばみつる)だけが春花の味方だった。男子グループも加わっていじめはエスカレートしていく。晄を支えに耐えてきた春花だったが、家族が放火により焼死したことで、限界を越える。

試写が終わってため息をつく人、出たところで「いや〜すごかったね」と言い合う人が何人も。内藤瑛亮監督は映画美学校初等科の卒業制作『牛乳王子』が、2009年の学生残酷映画祭でグランプリを受賞。その後発表した『先生を流産させる会』(2012)『ライチ☆光クラブ』(2015)など注目されてきました。そんな監督が“トラウマ漫画”と称された原作の実写版のメガホンをとりました。ありえない方向にエスカレートしていくいじめ描写に半分眼をつぶりたくなりますが、そこに至るまでの中学生達の心理もそれぞれに丁寧に描いています。初め高校生の話かと思っていましたが、一番心と身体のバランスのとれない危うい時期は中学生なんですね。
春花が来る前に標的にされていた流美(るみ)が流れを変えて、壊れていく春花とともに眼を奪います。雪景色の白と流れる血の赤が強烈。キャストが無表情に暴力を振るう場面は、血糊が凍るほど過酷だった現場が、凄絶さを倍化させたさせたに違いありません。監督の演出と若い俳優さんの頑張りに拍手。原作キャラの絵が公式HPに出ていますが、丸顔で可愛らしいのに眼が怖い。映画はR15+です。トラウマになりそうな方はまず予告編をご覧下さい。(白)


2017年/日本/カラー/シネスコ/114分
配給:ティ・ジョイ
(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会
http://misumisou-movie.com/
★2018年4月7日(土)新宿バルト9ほか全国公開
posted by shiraishi at 15:34| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする