2018年03月31日

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男(原題:Darkest Hour)

winston.jpg

監督:ジョー・ライト
脚本:アンソニー・マクカーテン
撮影:ブリュノ・デルボネル
音楽:ダリオ・マリアネッリ
出演:ゲイリー・オールドマン(ウィンストン・チャーチル)、クリスティン・スコット・トーマス(クレメンティーン・チャーチル)、リリー・ジェームズ(エリザベス・レイトン)、スティーヴン・ディレイン(ハリファックス子爵)、ロナルド・ピックアップ(ネヴィル・チェンバレン)、ベン・メンデルソーン(国王ジョージ6世)

1940年5月、第二次世界大戦初期。戦局はナチス・ドイツが圧倒的な勢力でフランスに侵攻、イギリスにも脅威が迫っていた。そんな国難の時期に内閣不信任案が出されたチェンバレン首相の後任として、前海軍大臣のウィンストン・チャーチルが就任した。ドイツとの和平交渉を主張する元首相と外相ハリファックスに陰口を叩かれながらも、徹底抗戦を誓う新首相のチャーチル。そんなときドイツ軍に追い込まれた英国軍が、フランス・ダンケルクの海岸まで撤退し孤立状態となった。30万人もの兵士を救出する術はあるか?

国民に愛されながら、度重なる失策で政党内では“嫌われ者”であったというチャーチル。英国王ジョージ6世も当初はチャーチルに懐疑的だったそうです。この作品では、朝からウィスキーを片手にウィットとユーモアに富んだセリフを吐くチャーチル、妻クレメンティーンに叱咤激励されながら難局に挑むチャーチルの姿を描きだします。
さきごろのアカデミー賞ではチャーチルを演じたゲイリー・オールドマンが主演男優賞を受賞しました。そのゲイリー・オールドマンの指名を受けて復帰した特殊メーキャップ・アーティスト辻一弘も、みごとアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞。一躍話題になりました。
メイクアップのできばえは、大きな画面にアップになってもなんの違和感もなく、驚嘆するばかりでした。顔の幅や目と目の間の差など動かせないものの上にどうやってメーキャップを施していくのか、動画を探せばいくつか見つかります。
また昨年公開の『ダンケルク』、そのエピソードを映画化する映画『人生はシネマティック』もあわせてご覧下さい。(白)


2017年/イギリス/カラー/ビスタ/125分
配給:ビターズ・エンド、パルコ
(c)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
http://www.churchill-movie.jp/
★2018年3月30日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 23:40| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(原題:Valerian and the City of a Thousand Planets)

valerian.jpg

監督・脚本:リュック・ベッソン
原作:ピエール・クリスタン(作)、ジャン=クロード・メジエール(画)
撮影:ティエリー・アルボガスト
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:デイン・デハーン(ヴァレリアン)、カーラ・デルヴィーニュ(ローレリーヌ)、クライヴ・オーウェン(フィリット司令官)、リアーナ(バブル)、イーサン・ホーク(客引きジョリー)、ハービー・ハンコック(国防長官)、クリス・ウー(ネザ軍曹)、サム・スプルエル(オクト=バー将軍)、ルトガー・ハウアー(世界連邦大統領)
声の出演:ジョン・グッドマン(アイゴン・サイラス)

西暦2740年。銀河パトロールの敏腕エージェント、ヴァレリアンとローレリーヌは、超巨大宇宙ステーショ“千の惑星の都市アルファ”に向かっていた。しかし水面下で銀河の存亡に関わる陰謀がうごめき、全種族が絶滅の危機に瀕していることを知る。真実を公にはできない。極秘で回避せよ、とのミッションが下る。それも10時間以内に解決しなくてはいけない。ローレリーヌを口説いている場合ではなくなった。

バンド・デシネ巨匠ジャン=クロード・メジエールの伝説的グラフィック・ノベル「ヴァレリアンとローレリーヌ」シリーズが原作。1967年に世に出たものだそうです。なんと斬新な!
リュック・ベッソン監督が長年の悲願だった実写映画化を実現。原作の持つ世界観を表現できる技術が追いつくまで、じっと待っていたのだとか。冒頭に登場する美しい惑星パールを始め、舞台となる様々な惑星、奇妙キテレツなクリーチャーたち、変幻自在のリアーナ・・・映像美とアクションがすばらしい!予算もさぞ膨大だったことでしょう。SFアドベンチャー大好きな方はぜひ!
ファンの皆様、チャラくて可愛いデイン・デハーンと賢く強いカーラ・デルヴィーニュの恋の駆け引きもたっぷり観られます。この超大作を2D、IMAX3D、4Dなどご予算に合わせてお楽しみくださいませ。日本語吹き替え版もあり。(白)


2017年/フランス/カラー/シネスコ/137分
配給:キノフィルムズ
(c)2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION
http://valerian.jp/
★2018年3月30日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 23:19| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッド・スパロー(原題:Red Sparrow)

red.jpg

監督:フランシス・ローレンス
原作:ジェイソン・マシューズ
脚本:ジャスティン・ヘイス
撮影:ジョー・ウィレムズ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ジェニファー・ローレンス(ドミニカ・エゴロワ)、ジョエル・エドガートン(ネイト・ナッシュ)、マティアス・スーナールツ(ワーニャ・エゴロフ)、シャーロット・ランプリング(監督官)、ジェレミー・アイアンズ(コルチノイ)

ボリショイバレエのプリマとして人気絶頂だったドミニカ・エゴロワは、最も大事な足を怪我してしまいバレリーナの道を断念せざるを得なくなった。これまでバレエ団から受けていた支援も打ち切られ、病気の母の治療を続けるための資金に苦慮する。ロシア情報庁に勤める叔父に、母の世話と交換条件を提示され、ロシア政府の極秘施設に入ることになった。そこでは、ターゲットの欲望を操り、ハニートラップで任務遂行を図るスパイ“スパロー”の養成学校だった。ドミニカは厳しく過酷な訓練に耐え続ける。
ロシア情報庁内部では、アメリカに情報を流す二重スパイ“モグラ”がいることをつかむも、いまだ特定できずにいた。優秀な成績を収めたドミニカは、モグラを探し出す重要任務を与えられる。モグラと通じているCIA工作員ネイト・ナッシュはモスクワからブタペストに飛び、ドミニカはネイトの後を追う。

元CIA工作員として33年間勤めたジェイソン・マシューズの同名小説が原作。ハヤカワ文庫から刊行されています(上下巻)。何もかもさらけ出してはいないのでしょうが、内側にいたからこその実態の描写にはドキドキさせられます。
養成学校の冷徹な監督官シャーロット・ランプリングは怖くて震えそうでした。これまで映画で観た新兵の訓練も似たようなもの、まず徹底的に自我を否定し捨て去るところから始まっていました。上官の命令を絶対とし、自分の考えを持つことは許されません。優秀な道具になるわけですね。ハニー・トラップの手練手管は「ほぉ〜」と感心するだけにとどめておきましょう。使う機会がないことを祈ります。
ドミニカを演じるジェニファー・ローレンスとフランシス・ローレンス監督は『ハンガー・ゲーム』シリーズ3作でタッグを組んでいます。充分な信頼関係があってこそのシーンがあります。使用するか否かはジェニファーに選択権があったとか。叔父役のマティアス・スーナールツはベルギーの俳優ですが、プーチン大統領にそっくりで若き日を演じられそうです!
冒頭のバレエのシーン、ドミニカの相手役はセルゲイ・ポルーニンです。背中のタトゥーがなかったので、そこはスタントか、それとも消したのかも?(白)


2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/140分
配給:FOX
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
http://www.foxmovies-jp.com/redsparrow/
★2018年3月30日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 23:00| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする