2018年03月25日

獄友

獄友.jpg


2018年3月24日 ポレポレ東中野ロードショー!(順次全国公開)

監督:金聖雄(キム・ソンウン)
プロデューサー:陣内直行
撮影:池田俊己
現場録音:池田泰明
録音:吉田茂一
編集:野村太
編集助手:池田剛
音楽:谷川賢作
語り:金聖雄
制作デスク:沢口絹枝
スチール:村田次郎
イラスト:千葉佐記子
出演
桜井昌司
杉山卓男
菅家利和
石川一雄
袴田巌

冤罪を戦ってきた獄友(ごくとも)たち

『SAYAMA みえない手錠をはずすまで』(2013)『袴田巖 夢の間の世の中』(2016)など、数々の冤罪事件を追ってきた金聖雄監督のシリーズ第三弾が『獄友』である。
布川事件の桜井昌司さんと杉山卓男さんは(獄中29年)2009年再審開始後、2011年無罪が確定。足利事件の菅家利和さんは(獄中17年6ヶ月)再審後、2010年無罪が確定。狭山事件の石川一雄さんは(獄中31年7ヶ月)1994年仮釈放、現在第三次再審請求中で無実を訴え続けている。袴田事件の袴田巖さんは(獄中48年)2014年にようやく再審決定され釈放されたが、検察が即時抗告したため、今も死刑囚のまま姉の秀子さんと浜松市で暮らしている。
無罪が確定した布川事件と足利事件。今も戦っている狭山事件と袴田事件。冤罪被害者の横の繋がりはほとんどなかったが、足利事件の菅家さんの釈放をきっかけに、同じ痛みを抱えるもの同士、お互いを支え合うようになった。
無実の罪を着せられ獄中で長い時を過ごした自分たちを「獄友」と呼び、なぜ自白したのか、獄中での出来事、生活を懐かしそうに語り笑いあい、娑婆に出てからの人生を語る。何を失い、何を得たのか。同じ殺人犯という濡れ衣を着せられた冤罪被害者だからこそわかり合える。そこから伝わるのは、司法の闇、人間の尊厳への希薄、命の重さ。奪われた時間は決して取り戻すことはできないが、絶望の縁にいた彼らは「不運だったけど、不幸ではない、我が人生に悔いなし」、
「獄中」は生活の場であり、学びの場であり、仕事場でもあったと語る。

集合.jpg


製作 2018年 日本
配給 Kimoon Film
公式HP


posted by akemi at 22:30| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレート・アドベンチャー 原題 侠盗聯盟  英題 The Adventurers

835448744afbdd4a.jpg
劇場公開日 2018年3月31日
アジアンムービーセレクション2018 第2弾!
狙った獲物は必ず落とす!
ルーブル美術館から盗まれた中国の至宝”ガイア”を巡り繰り広げられる
世界をまたにかける怪盗アンディ・ラウVSスゴ腕刑事ジャン・レノの華麗なるバトル!

監督:馮コ倫(スティーブン・フォン)
脚本:スティーヴン・フォン、ロウ・ユウファイ、ハーヂーチャオ、チャン・シーグアン、ホアン・シャオチュアン
製作:劉徳華(アンディ・ラウ)
   馮コ倫(スティーヴン・フォン)
   張家振(テレンス・チャン)
キャスト
劉徳華/アンディ・ラウ:ダン
楊祐寧/トニー・ヤン:ポー
舒淇/スー・チー:レッド
ジャン・レノ:ピエール
張靜初(チャン・ジンチュー)
曾志偉(エリック・ツァン)

香港のアンディ・ラウとフランスのジャン・レノの豪華共演で贈るクライム・アクション。オール・ヨーロッパ・ロケを敢行した本作、アンディが世界を股にかけて国宝級のお宝ばかりを狙う伝説の怪盗ダン、それを追うフランス人刑事ピエールをジャンが演じている。
最新テクノロジーの電子機器を駆使する華麗でスマートな盗みの手口、意表をつく道具の数々、痛快な怪盗団のチームワークとそれを追う警察との、息もつかさぬ派手な追跡劇。
怪盗ダン(アンディ・ラウ)は5年前、3つのピースで構成される首飾り“ガイア”の一部「森の瞳」をルーヴル美術館から盗み出したが、直後に襲われ宝を奪われてしまった。さらに、何者かの裏切りで警察の手に落ち、投獄されてしまった。5年の刑期を終え、愛する人の為に足を洗おうと決意したダンだったが、足を洗う前に自分を陥れた人間を探し出すため、再び盗みの世界へ舞い戻り、最後の大仕事へとむかう。相棒ポー(トニー・ヤン)と、新たに加わったレッド(スー・チー)とともに、ターゲット“ガイア”の残りの二つのピース「命の翼」と「魂の泉」を狙う。フランス警察とピエール(ジャン・レノ)の追っ手が迫るなか、一触即発の危険すぎる盗みがいよいよ始まる!はたしてダンは、ピエールたちの操作網を潜り抜け、宝を手に入れ、裏切り者を探し出すことができるのか・・・
『黒衣の刺客』のスー・チー、『僕の恋、彼の秘密』『コールド・ウォー 香港警察 堕ちた正義』のトニー・ヤン、『インファナル・アフェア』『カンフー・ヨガ』のエリック・ツァンら豪華なキャストが脇を固める。監督は『ドラゴン・プロジェクト』『太極(TAI CHI)-ゼロ-』のスティーヴン・フォン。
DSC_0475補正.jpg
新宿武蔵野館にて
去年(2017)9月、香港に行った時、ちょうど公開されていて観にいった。広東語はわからず、字幕を追って内容確認。それでも追いきれず、残念に思っていたけど、10月には中国映画週間で上映され日本語字幕で観ることができた。日本公開はされないかなと思ったけど、公開されることになってとてもうれしい。それにしてもフランスだけでなく、ヨーロッパ各地で撮影していて、すてきな景色も観ることができた。これを観ながら、同じく怪盗物でヨーロッパが舞台だった周潤發(チョウ・ユンファ)、張国栄(レスリー・チャン)、鍾楚紅(チェリー・チェン)主演の『狼たちの絆』を思い出しました。(暁)

製作年 2017年  製作国 中国  配給ハーク
「2017東京 / 沖縄・中国映画週間」では『ザ・アドベンチャーズ』のタイトルで上映された。


posted by akemi at 21:37| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トレイン・ミッション(原題:The Commuter)

train.jpg

監督:ジャウム・コレット=セラ
脚本:バイロン・ウィリンガー、フィリップ・デ・ブラシ、ライアン・イングル
撮影:ポール・キャメロン
音楽:ロケ・バニョス
出演:リーアム・ニーソン(マイケル・マコーリー)、ベラ・ファーミガ(ジョアンナ)、パトリック・ウィルソンマーフィー)、サム・ニール(ホーソーン警部)、エリザベス・マクガバン(カレン・マコーリ)

マイケル・マコーリーは、警官の職を辞して保険会社のセールスマンになった。そして10年、なんの予告もなくリストラに遭う。60歳になった彼に次の仕事がそう簡単に見つかるとも思えない。屈託を抱えて乗った帰りの電車で、見知らぬ女性が前に座り「ゲームをしない?」と話しかけてきた。不審顔のマイケルに「終点に到着するまでの間に、乗客の中から“あるものを運んでいる人間”を1人見つけてほしい」という。マイケルの心中を見透かすように多額の報酬を提示し「元警官なら簡単でしょ」と電車を降りていく。携帯に連絡が入るが、100人もの乗客の中から探せるわけがない。拒否すると顔なじみの乗客が事故に遭うのを目撃、妻が人質に取られたことがわかる。マイケルは走る電車の中で必死に手がかりを探す。

止まれば死ぬとか、爆弾とか乗り物ミステリーは数多くありますが、これも相当縛りが強いです。ただのオジさんがそんなわけのわからない脅迫をされても何の対応もできません。マイケルが元刑事というのがミソでもあります。
100人の乗客の中にいるたった1人とは?依頼人は何者か?あやしいと思うと全てが怪しく、刻々と過ぎていく時間に、まにあうのか〜と、こちらも手に汗握ることになります。
リーアム・ニーソンとジャウム・コレット=セラ監督は『アンノウン』(2011)『フライト・ゲーム』(2014)『ラン・オールナイト』(2015)、とタッグを組みこれが4作目。できれば事前情報を入れずに、マイケルと一緒にドキドキしてくださいませ。(白)


2018年/アメリカ・イギリス合作/カラー/シネスコ/105分
配給:ギャガ
(C)STUDIOCANAL S.A.S.
http://gaga.ne.jp/trainmission/
★2018年3月30日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 21:10| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大英博物館プレゼンツ 北斎(British Museum Presents: Hokusai)

hokusai.jpg

監督:パトリシア・ウィートリー
ナレーション:アンディ・サーキス
出演:デビッド・ホックニー、ティム・クラーク

2017年5〜8月に大英博物館で開催された展覧会「Hokusai: Beyond the Great Wave」のドキュメンタリー映画。有名な作品を間近で見られるのはもちろん、その展覧会の舞台裏や北斎の研究者、北斎ファンの芸術家たちのコメントも多数。

江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎、真実にせまろうという作品です。一度見たら忘れられない強い印象を残す作品はどう生み出されてきたのでしょう?
特に60代から亡くなる90代まで精力的に書き続けた北斎の肉筆画を中心に紹介します。天才にしてかつ努力の人だった北斎は、東西問わ芸術家たちに多大な影響を与えました。大英博物館の展覧会は大行列だったそうです。行列が苦手なもので、スクリーンで細部まで観られて感激でした。
北斎の絵を観たくなった方は墨田区の“すみだ北斎美術館”、信州小布施の“北斎館”などへ足をのばしてみてはいかがでしょう?
北斎の娘お栄を主人公にした原恵一監督のアニメーション『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』(2015年)が、北斎のようすを伝えて面白く、おすすめです。(白)


2017年/イギリス/カラー/シネスコ/87分
配給:東北新社
Documentary film and guide to exhibition film (C)British Museum
BIG COMIC Manga images in documentary (C)Shogakukan
http://hokusai-movie.jp/
★2018年3月24日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 20:23| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。