2018年03月04日

ニッポン国 VS 泉南石綿村

劇場公開日 2018年3月10日ユーロスペース他全国順次公開

NVAイラスト_omote_R.jpg
(c)疾走プロダクション

監督・撮影:原一男
製作・構成:小林佐智子
編集:秦岳志
音楽:柳下 美恵 
整音:小川 武
イラストレーション:南奈央子
キャスト 泉南市の方々、弁護士さん

アスベストによる健康被害を国に訴えた大阪・泉南の人々を追った8年半の記録


『ゆきゆきて、神軍』から31年。原一男監督の最新作は『ニッポン国VS泉南石綿村』。数々の尖った作品を生み出してきた原監督は、2006年大阪泉南地域の石綿(アスベスト)工場の元労働者や、家族、近隣の住民らが損害賠償を求め、国を相手に起こした訴訟を記録した長編ドキュメンタリーを製作。
明治時代から石綿産業で栄えた泉南地域。最盛期には200以上の工場が密集し「石綿村」と呼ばれていた。石綿は繊維状の鉱物で、耐火・耐熱性に優れ、安価に生産でき「奇跡の鉱物」と呼ばれ、多くの工業製品や建物等に使用されてきた。しかし、吸い込むと長い潜伏の後、中皮腫や肺癌などを発症することが判明。現在は生産が禁止されている。国は調査を行い健康被害を把握していたのに、経済発展を優先し規制や対策を怠った。その結果、多くの人々が肺を患い発症した。
main補正_R.jpg
(c)疾走プロダクション

カメラは「市民の会」の裁判闘争や原告たちの生活に密着し、日本だけでなく韓国への調査にも同行。そして、単に裁判闘争を描いただけでなく、被害者を出してきた差別構造をも映し出す。原告の多くは地方出身者や在日コリアンであり、劣悪な労働条件の下、対策も知らされぬまま身ひとつで働いていた。
しかし、一審で勝訴するも国は控訴を繰り返し、長引く裁判は原告たちの身体をむしばみ、原告は次々と亡くなっていった。原監督のカメラは8年に渡り密着同行し、裁判闘争や原告たちの人間模様を記録した。
監督は「自分たちの映画は、その時代から問われて、自らの生き方を探るために作ってきた」と語っているが、215分という長さを感じさせない圧倒的な人間ドラマである。
山形国際ドキュメンタリー映画祭2017のインターナショナル・コンペティション部門に出品され、市民賞(観客賞)を受賞。2017年、第18回東京フィルメックスでは特別招待作品として上映され、観客賞を受賞した。

シネマジャーナルHP 『ニッポン国 VS 泉南石綿村』関連記事

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017
http://www.cinemajournal.net/special/2017/yamagata/index.html
http://www.cinemajournal.net/special/2017/yamagata/index.html#p03
2017山形映画祭_R.JPG
原一男監督 山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 授賞式で

第18回東京フィルメックス
http://www.cinemajournal.net/special/2017/filmex/index.html
2017フィルメックス_R.JPG
原一男監督 第18回(2017)東京フィルメックス授賞式で

215分! 長い映画が好きでない私は、そんなに長い時間必要なの?と思ったけど、力作でした。8年以上にも渡る裁判闘争を表すには、このぐらいの時間が必要でした。監督は原告団の人たちの日常を丁寧に追い、石綿の被害を明らかにしていった。 アスベスト被害と朝鮮半島とのつながりも目から鱗だった。映画で表現することで、劣悪な環境で働いていた人々のことを表に出すことができた。圧倒的な人間ドラマであり、現代日本を作ってきた人々のことを伝えていた。
私は山形で初めて観たけど、山形の大きな会場がいっぱいだった。上映後、村松昭夫弁護士が「まだ戦っています。アスベスト問題での一番の被害者は建設現場。ここが解決されない限り、日本のアスベスト被害者は救われない。10月27日に東京高裁で初めて建設アスベスト訴訟の判決が出ますが、それまでまだまだ困難な状況は続きます。でも行政に判断させるのではなく、司法で対等に議論すること。そこに裁判が持っている社会を動かしていく原動力があると思います。いつまで続くか分かりませんが最後までやり続けたい。そして、情報をオープンにした方が、知恵と力が集まると皆さんに言いたい」と力強く語ると、会場から拍手が沸き起こっていた。壇上での監督のQ&Aが終わったあとは、会場の外で被害者の方たちも加わってトークが続いていた.
●DSCN1374補正_R.jpg

Q&Aで監督は製作を振り返り、「お手上げでした。私はこれまで尖った人たちにカメラを向けてきましたが、今回は普通の人たち。だから撮影しながら面白い映画になるはずがないと完成後もずっと思っていました。皆さんに面白いよと言ってもらうのを待っているんです(笑)」と言っていたが、見事観客賞を受賞。授賞式の時には「実は密かに観客賞を狙っていました」と語っていた。そして東京フィルメックスでも「観客賞」を獲得し、「皆さん、面白いと思ってくれたんだと、自信を持ちました」と語っていた。
皆さん、ぜひ観てくださいね。(暁)

製作年2017年 日本 上映時間215分
助成:大阪芸術大学 芸術研究所 JSPS科研費
製作・配給:疾走プロダクション
配給協力:太秦 宣伝協力:スリーピン
オフィシャルサイト
posted by akemi at 19:56| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェリーニに恋して   原題:In Search of Fellini

felini.jpg

監督:タロン・レクストン
脚本:ナンシー・カートライト、ピーター・ケナアス
出演:クセニア・ソロ、マリア・ベロ、メアリー・リン・ライスカブ

20歳になったルーシー。母クレアに大事に育てられ、男の子とキスしたことも、働いたこともなかった、母が末期の病を抱えているらしいと気づいたルーシーは、仕事に就いて自立しようと面接を受けに行く。結果は最悪。落ち込んでいるルーシーに「フェリーに映画祭」のチラシが手渡される。吸い込まれるように入った劇場で、フェリーニの『道』(1954年)を観たルーシーは、すっかりフェリーニ映画の魅力に心を奪われる。フェリーニに逢いたい! ルーシーはイタリアへと飛び立つ・・・

ローマ、ヴェネチア、ヴェローナ・・・ イタリア各地を旅しながら、『道』『甘い生活』などフェデリコ・フェリーニ作品の登場人物やゆかりの地に出会うルーシー。旅の行き着く先は?
フェリーニの映画をそれほど観ていない私にも、夢見るルーシーと一緒に、イタリアをたっぷり楽しめる作品でした。ヴェネチアでは、素敵な男性に導かれて仮面舞踏会に紛れ込みます。迷路のようなヴェネチアの町では、行き先表示に従って歩いていっても元の場所に戻ったりしたことを思い出しました。いろいろ経験して、迷うのが人生の旅。そんなことも感じさせてくれました。(咲)


2016年/アメリカ/103分//シネスコ/カラー
配給:ココロヲ・動かす・映画社○
cIn Search of Fellini, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:https://www.cocomaru.net/fellini
★2017年3月17日(土) YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開



posted by sakiko at 19:09| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THE KING ザ・キング  英題:THE KING

king.jpg

監督・脚本:ハン・ジェリム(『観相師―かんそうしー』
出演:チョ・インソン、チョン・ウソン、ペ・ソンウ、リュ・ジュンヨル

木浦(もっぽ)で暮らす喧嘩好きの不良学生パク・テス(チョ・インソン)。暴力的な父が、窃盗で捕まるたびに、検事の前では平身低頭な姿を見て、検事になる決意をする。猛勉強の末、検事となり、金持ちの令嬢と結婚し、一気に富裕層に上り詰める。
新人検事として仕事をこなす中、ある暴行事件で、元国会議員の父のコネで罪をもみ消す卑劣な行為を目の当たりにする。正義感に溢れるテスは、懲役刑に持ち込もうとするが、ソウルの戦略部に推薦する代わりに、暴行事件から手を引いてくれと先輩からほのめかされる。結局、正義よりも出世の道を選んだテスは、戦略部で国家権力との繋がりを強く持つ部長検事ハン・ガンシク(チョン・ウソン)のもとで働くことになる。ガンシクは、目をつけた政財界の大物や芸能人を必ず起訴に持ち込む敏腕検事として恐れられ、派手な生活を謳歌していた。テスもいつかガンシクのような成功者になりたいと野心を燃やす中、大統領選が始まる。戦略部の検事たちは昇進や保身をかけて、支持候補を当選させようと手段選ばず突進する・・・

冒頭、車の中で、「安東(アンドン)の仮面はなぜ笑顔か知ってるか?」と問うチョン・ウソン演じる男。チョ・インソン演じる若い男と、もう一人の男がその理由を聞いているところで交通事故に巻き込まれる。瀕死の状態の脳裏に、様々な政治の舞台やソウルオリンピックなどの光景が走馬灯のように駆け巡る。
1980年から2010年の韓国現代史を背景に、金と権力のために動く検事たちを描いた物語。

楽しそうに悪徳エリート検事を演じるチョン・ウソンですが、悪人にはどうしても見えないイイ男!  
チョ・インソンは、ドラマ「バリでの出来事」や映画『卑劣な街』で、ちょっと切れたチンピラ風の男のイメージが強いですが、私が初めて彼を観た『ラブストーリー』で、颯爽と登場した時、チョン・ウソンに雰囲気が似ていると思ったものでした。
「チョ・インソン2009ファンミーティング」を取材した時に、「歌手を夢見ていましたが、『アスファルトの男』のチョン・ウソン先輩を観て、ほんとにカッコイイな、歌手じゃない、俳優だ! と、長い間の夢だった歌手を捨てて俳優になることを夢見るようになりました」と語っていたのを思い出します。
その憧れのチョン・ウソンとの初共演。しかも、チョ・インソンの方がトップに名前の出る主役。どんな思いでいるのかなと、胸の内を聞いてみたいです。(咲)


チョ・インソン2009ファンミーティング
-Thanks a Million〜 感謝を込めて-
http://www.cinemajournal.net/special/2009/joinsung/index.html

2017年/韓国/韓国語/カラー/シネマスコープ/5.1chデジタル
配給:ツイン
公式サイト:http://theking.jp
★2018年3月10日(土)シネマート新宿他、全国順次ロードショー!




posted by sakiko at 14:52| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

修道士は沈黙する   原題:le confession

syuudoosi.jpg

監督・原案・脚本:ロベルト・アンドー(『ローマに消えた男』)
出演:トニ・セルヴィッロ、ダニエル・オートゥイユ、コニー・ニールセン、モーリッツ・ブライプトロイ、マリ=ジョゼ・クローズ

ドイツ、バルト海沿いハイリゲンダムの空港に降り立つイタリア人修道士、ロベルト・サルス。向かう先はG8財務相会議が開催される高級リゾートホテル。会議の前夜、国際通貨基金(IMF)のダニエル・ロシェ専務理事が自身の誕生日を祝う夕食会に、各国の財務相8名に加え、著名ロックスター、女性絵本作家と修道士のサルスを招いたのだ。賑やかな夕食会の後、サルスはロシェから部屋に呼ばれ、告解がしたいと言われる。翌朝、ロシェがビニール袋をかぶって窒息死しているのが発見される。自殺か、他殺か? 監視カメラでロシェの部屋から最後に出てきたサルスの姿が確認され、サルスに殺人の容疑がかかる。戒律に従って沈黙の誓いを立てているサルスは、自分の不利になろうともロシェの告解の内容を話そうとしない。

翌日のG8財務相会議では、貧富の格差を拡大させるような決定がされようとしているという設定。富を追求する大国の財務相たちとは真逆の、清貧を尊び精神世界に生きる神父を登場させた物語。
冒頭、神父の登場前に、ブルカ、チャードル、スカーフにコートなど、様々なヒジャーブ姿(イスラームを信仰する女性が髪の毛や身体の線を隠す格好)の女性たちの集団が出てきて、お〜っと思ったのですが、その後、彼女たちが映画に登場することはありませんでした。
ロシェの葬儀ミサでのサルスの説教は、今の世界にはびこる合理主義や拝金主義に警鐘を鳴らした痛烈な内容でした。冒頭でヒジャーブ姿の女性たちを登場させた思いを監督に聞いてみたいものです。抑圧された女性たちではなく、精神世界に生きる女性たちという解釈を私はしたいところです。富を追及する財務相会議と同じ場所で、ムスリマ(イスラーム女性)の権利拡大のために各地の女性たちが集まる大会が開かれているという設定なら、面白いと思いました。(咲)


「イタリア映画祭2017」で『告解』(原題の直訳)のタイトルで上映

2016年/イタリア・フランス/イタリア語・フランス語/カラー/108分/シネマスコープ/ドルビーデジタル
配給ミモザフィルムズ
公式サイト:http://shudoshi-chinmoku.jp
★2018年3月17日(土)よりBunkamura ル・シネマほか全国にて順次公開




posted by sakiko at 09:09| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

第5回グリーンイメージ国際環境映像祭 

green image.jpg

−映像のまなざし ここから向かう未来−

世界53の国と地域から応募された213作品の中から、グリーンイメージ賞 受賞17作品を上映、最終日には、グリーンイメージ大賞が決まります。

上映後には、制作者のトークや、会場の観客の方々との質疑応答の時間もあります。

世界の優れた環境「映像のまなざし」を通して、地球のいまが見える
日本と世界の環境と「ここから向かう未来」を考える3日間です。

期間:2018年3月23日(金)〜25日(日)
会場:日比谷図書文化館コンベンションホール(東京都千代田区日比谷公園1-4地下1階)

参加:協力費1日1,500円 学生協力費1日1,000円 3日間通し券3,000円
   中学生以下無料・事前予約不要

主催:グリーンイメージ国際環境映像祭実行委員会
(委員長 佐藤忠男)

上映スケジュール&プログラム
https://green-image.jp/filmfestivals/5th/

◆3月23日(金)12:30 - 21:20 [開場 12 : 15]
12:30 『古い扇風機(仮)』
The Fan
監督 : Fatmeh SOHANI
イラン/ 2014年/ 7分/言語なし
廃品として捨てられることをこわがっている、おんぼろ扇風機のアニメーション。

12:40 『十字線のむこう側(仮)』
In the Crosshairs
監督 : Marzieh KHEIRKHAH
イラン/2016年/6分/言語なし
戦車の砲身の中、鳥の巣と卵を兵士は見つける。気持ちとはうらはらに彼は、上官の命令に従って村を砲撃する。
乾いた大地の色で描かれる戦場のアニメーション。

12:46『終わらない詩(仮)』
BE'JAM BE the Never Ending Song
監督 : Caroline PARIETTI & Cyprien PONSON
フランス・スイス/ 2017年/87分/ペナン語
心を失ってはいけないーボルネオの深いジャングルの中、先住民がペナン語で語る森と人と見えないものたちの影。

14:30『カムイの鳥の軌跡 - オオジシギ2つの物語』
Chippiyak Kamui, The Snipe God
監督 : 山上 暢
日本/ 2017年/ 45分
2016年夏、日本とオーストラリアの鳥類研究者が合同で、世界初のオオジシギ調査を開始した。日本から1万キロ離れたオーストラリアに向かってオオジシギはどんな旅をしているのか? 驚きの生態が明らかになっていく。
【上映後トーク】
沼田 博光さん『カムイの鳥の軌跡』プロデューサー
× 竹山 史朗さん(モンベル広報部本部長)

15:35 『黄昏のコーラス(仮)』
Dusk Chorus: based on Fragments of Extinction
監督 : Nika SARAVANJA & Alessandro d'EMILIA
イタリア/2016年/62分/イタリア語・スペイン語・英語
世界で最も生物多様性豊かと言われるエクアドルの原生林の音を24時間 3Dサウンドスケープで録音する作曲家David Monacchiの探求の旅を追う。
地球上から失われつつある生きものたちの声を可視化した貴重な記録。

16:50『カメの冒険(仮)』
Chiripajas
監督: Olga POLIEKTOVA and Jaume QUILES
スペイン・ロシア/ 2017年/ 2分/言語なし
家族を探す小さなカメを描いた実写アニメーション。

16:55『ウミガメに安全な海を(仮)』
Safe Passage for Sea Turtles
監督 : YU Li-Ping & CHEN Tien-Pao
台湾 / 2016年/ 31分/中国語
人類よりはるか太古から地球に生きてきたウミガメ。
世界の海を自由に生きるこの生きものは、現代文化により未曾有の危機に見舞われている。
【上映後トーク】YU Li-Pingさん『ウミガメに安全な海を』監督

18:00 『森からの声(仮)』
Mundiya Kepanga, the Voice of the Forest
監督 : Marc DOZIER, Luc MARESCOT
フランス/ 2017年/ 85分/英語
パプアニューギニアのHuli族の首長Mundiya Kepanga。彼は詩的にユーモアを交えて自然と森林について語る。
彼の力強く哲学的な言葉と行動は人々を揺り動かしていく。

19:35 『ほたるの川のまもりびと』
Protectors of Firefly River
監督 : 山田 英治
日本/2017年/ 90分
夏には蛍が舞う豊かな自然に囲まれた美しい里山、長崎県川棚町こうばる地区。
ここにダム建設の話が持ち上がったのが半世紀ほど前。
以来、根拠の希薄なダム建設のために、人生を翻弄されながらも
明るく前向きに暮らす13世帯の「かけがえのない日常」を描く。
【上映後トーク】山田 英治さん『ほたるの川のまもりびと』監督


◆3月24日(土)11:00 -18:40 [開場 10 : 45]
11:00『大気汚染とたたかえ(仮)』
Fighting Air Pollution
監督 : HUANG Hung-Ju
台湾/ 2016年/18分/客家語・中国語
2015年末、台湾各地で大気汚染反対の声が挙がった。子どもレポーターたちはマイクを持って現場に向かった。
若い親子が歌いながら街を歩くデモ、苦い経験を抱える工業都市のスモッグ。子どもたちは何を考えるのだろう?

11:20『フォードランディア - ヘンリー・フォード アマゾンの挑戦と挫折(仮)』
Beyond Fordlandia: An Environmental Account of Henry Ford's Adventures in the Amazon
監督 : Marcos COLON
アメリカ・ブラジル/2017年/ 75分/英語
1927年、フォード氏の自動車会社はアマゾン川上流にゴムのプランテーション開発を試みた。失敗に終わったこの開発が90年後の現在に示唆することはなにか?
その後、輸出用大豆生産への転換に到ったかの地の歴史をたどる。

12:45『ダシー - 南アフリカ・小さなサバイバルの達人(仮)』
The Dassie: A South African Survival Specialist
監督 : Marlen HUNDERTMARK
ドイツ/2017年/52分/英語
南アフリカの海岸線に生息するダシーの誕生から成長までを、つぶさに追った鮮やかなネーチャーフィルム。
【上映後トーク】Marlen HUNDERTMARKさん『ダシー』監督

14:40『森の王者ツキノワグマ - 母と子の知られざる物語』
Moon Bear Chronicle: Unraveling the Mysteries
監督 : 松林 明
日本/2017年/49分
28年間、山に通い、クマの姿を追い続けた動物カメラマンが初めて映像で捉えた、奥深い山での「命のせめぎ合い」。
自然の中で命をつないでいくことの厳しさ、生きていることのかけがえのなさを伝える。
【上映後トーク】松林 明さん『森の王者ツキノワグマ』監督

15:45『レンジャーと豹(仮)』
Ranger and Leopard
監督: Fathollah AMIRI
イラン/2017年/53分/ペルシャ語
イラン中央部の町イスファハンの野生保護区レンジャーHalvaniは、ペルシャヒョウの噂を耳にするが、40年もの間、その姿を見た者はいない。ペルシャヒョウを探す彼の苦難の日々が始まった。

16:50 『福島 生きものの記録 シリーズ5 - 追跡』
Fukushima Record of Living Things Episode Five - Follow-Up
監督: 岩崎 雅典
日本 / 2017年/ 95分
東京電力福島第一原発事故による生きものたちへの健康被害を記録するシリーズ5作目。
新たに始まった海辺の生物調査、海洋、ツバメ、ニホンザル等の継続調査の追跡。
見えない放射線の動植物への影響の可視化を試みる研究者のインタビュー。事故から7年目の現状を描く。
【上映後トーク】岩崎 雅典さん『福島 生きものの記録』監督

◆3月25日(日)11:00 -16:30 [開場 10 : 45]
11:00『マングローブに生きる(仮)』
Macoconi: The Roots of Our Children
監督 : Fabio RIBEIRO
モザンビーク/2017年/35分/ポルトガル語・Makwe
アフリカで2番目に広いマングローブ林を持つモザンビークは、乱伐の危機に直面している。マングローブの破壊は、林からのささやかな採取で生きる地域の人々の生活への打撃となるばかりではなく、気候への影響をも及ぼしかねない。

11:35『風砂の町(仮)』
Anger in the Wind
監督 : Amina WEIRA
フランス/2016年/54分/フランス語・タマシェク語・フラ語
ニジェール北部アーリットでは1976年からアレバ社がウラン採掘を行なっている。
現在、主要な鉱山周辺地区は汚染されているが、住民は危険性を知らされていない。
年間を通して強い風が吹き、埃を巻き上げて町を包み込む。誰もが避難場所を探している。
【上映後トーク】Amina WEIRAさん『風砂の町』監督

14:00 特別プログラム Special Program
「伝統的知識から最先端の技術まで - 環境・暮らしの問題解決と未来を創る力を考える」
ITや電子マネーなど、新しい技術が私たちの暮らしを変えつつある今、古くから伝わる技術や知識はどう活かしていけるのか?
日本では高齢化や人口減少が進む一方、アフリカ、アジアの人口は増え、物流やお金の仕組みも変わろうとしています。食料生産や都市開発、資源の活用まで、未来に持続可能な社会を築くための課題と新旧の知識の活用を考えていきます。
【出演】
菅 正広さん 明治学院大学大学院 教授 /グラミン日本準備機構 理事長(調整中)
合田 真さん 日本植物燃料 代表取締役
岩間 敬さん 馬搬振興会 代表理事
【進行】尾立 愛子 グリーンイメージ国際環境映像祭実行委員会事務局長

15:30 表彰式
【審査委員】
鵜飼 哲さん 一橋大学大学院 言語社会研究科教授
岡田 秀則さん 東京国立近代美術館フィルムセンター 主任研究員
安川 香澄さん 国立研究開発法人産業技術総合研究所
       再生可能エネルギー研究センター 副研究センター長

【委員長あいさつ】
佐藤 忠男 グリーンイメージ国際環境映像祭実行委員長 / 映画評論家

*プログラム、スケジュールは変更することがあります。ご了承ください。



posted by sakiko at 21:20| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする