2018年02月04日

ロープ 戦場の生命線   英題:A PERFECT DAY

rope.jpg

監督:フェルナンド・レオン・デ・アラノア
出演:ベニチオ・デル・トロ、ティム・ロビンス、オルガ・キュリレンコ、メラニー・ティエリー

1995年、停戦直後のバルカン半島。
とある山間の村で、唯一の井戸に死体が投げ込まれ、水が汚れてしまう。
“国境なき水と衛生管理団”のマンプルゥたちは、なんとか死体を引上げようと試みるが、死体があまりに巨漢でロープが切れてしまう。死体が腐敗しないうちに一刻も早く引き上げないと、水の浄化ができなくなってしまう。
マンプルゥは、ベテラン職員のビー、紛争地帯に初めて派遣されてきた新人女性ソフィー、現地通訳ダミールの4人でチームを組んで活動していた。二組に分かれ、1本のロープを求めてさまよう。停戦合意したとはいえ、この地帯にはまだ武装解除が徹底しておらず、さらに、あちこちに地雷が埋まっている危険地帯。果たして、ロープを見つけ、無事死体を引き上げることはできるのか・・・

最初に見つけたのは国旗を掲揚しているロープ。でも、この国旗を降ろさせてしまっては、その地に危険が及びます。欲しくても貰うわけにいきません。
マンプルゥは、道中、銃を持った不良少年グループに襲われてサッカーボールを奪われてしまった少年ニコラを助けます。ニコラが家にロープがあるというので、彼の案内で家に行くのですが、そこで衝撃の場面を見てしまいます。

戦争が人々にもたらす厳しい現実を、時にユーモアを交えて描いた作品。争いごとがなければ、人々は笑顔で平穏な人生を送れることをつくづく感じさせてくれます。
世界の各地で絶えない争い。その中で、危険を顧みず人々のために働く人たち。頭がさがります。“国境なき水と衛生管理団”の新人女性職員ソフィーを演じたメラニー・ティエリーや、本部職員で現地視察にやってくるカティヤを演じたオルガ・キュリレンコが、実にカッコよく活動家を体現しています。(咲)


2015年/スペイン/106分/カラー/シネマスコープ/英語・セルビア語・スペイン語・フランス語・ボスニア語
配給:レスペ   提供:レスぺ、中央映画貿易
★2018年2月10日(土)新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国順次公開




posted by sakiko at 21:47| Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。