2018年02月11日

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ  原題:THE BIG SICK

big sick.jpg

監督:マイケル・ショウォルター
脚本:クメイル・ナンジアニ、エミリー・V・ゴードン
出演: クメイル・ナンジアニ、ゾーイ・カザン、 ホリー・ハンター、レイ・ロマノ

パキスタンで生まれ、シカゴで育ったクメイル。アメリカで医師として成功した父からの弁護士になれという期待を裏切って、コメディアンを目指している。コメディアンクラブで、舞台に立つクメイルに野次を飛ばしてきた大学院生のエミリーと意気投合し付き合い始める。一方、パキスタンの伝統を重んじる母親は、同郷の女性と結婚させようと、偶然を装って花嫁候補の女性を何人もクメイルに引き合わせる。ある日、見合いを重ねていることがエミリーにばれてしまい、彼女は去って行く。しばらくして、エミリーは原因不明の病で昏睡状態になってしまう。エミリーの同級生からの知らせで病院に駆けつけるクメイル。病院で会ったエミリーの両親は、別れた経緯を知っていてクメイルに冷たかったが、思わぬ出来事をきっかけに心を開いてくれる。3人で昏睡状態のエミリーを見守る日々が続く。コメディアンになる夢を応援してくれた彼女を思いながら、舞台に立ち続けるクメイル・・・

パキスタン出身で、アメリカで俳優・作家・コメディアンとして活動しているクメイル・ナンジアニ。プロデューサーのジャド・アバトーとバリー・メンデルに知り合ったことから、長年昏睡状態に陥っていた女性と結婚するに至った実話を元に脚本を書くことに。実際に昏睡から覚め、妻となったエミリー・V・ゴードンと共に脚本を執筆。映画化にいたったもの。主人公クメイルは、本人が演じています。
2017年夏、アメリカで5スクリーンから始まった公開が、口コミデ評判が広がり、2600スクリーンまで拡大して大ヒット。
クメイルと愛妻エミリーによる脚本は、第90回アカデミー賞(R)にて脚本賞にノミネートされています。

母親が次々に花嫁候補を、近くまで来たからと家に寄らせたりして、クメイルに会わせます。パキスタンでは、部族によっては、親が相手を決めて、結婚式当日に顔を合わせるというケースが多々あるので、これはまだマシなほう。一応、相手と合わせて、意向を聞くのですから。母親としてみれば、同じ文化で育った嫁をと思う気持ちもわかります。白人女性と結婚した従兄弟が、親戚から総スカンを食ったという言葉も出てきました。
結婚は、好きになった者どうしが、まわりを気にせずしたいものですね。
本作では、舞台に立ったクメイルが、「ISISは国に帰れ」と野次を飛ばされたりもします。理不尽な差別についても、考えさせられます。お互いの違いを認め、共存する社会であってほしいものです。(咲)


2017年/アメリカ/120分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル
配給:ギャガ
(c)2017 WHILE YOU WERE COMATOSE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:http://gaga.ne.jp/bigsick/
★2018年2月23日(金)よりTOHOシネマズ 日本橋ほか全国順次ロードショー





posted by sakiko at 19:19| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長江 愛の詩(うた)  原題:長江図 英題:Crosscurrent

choukou.jpg

監督:ヤン・チャオ(楊超)
撮影:リー・ピンビン(李屏賓)
出演:チン・ハオ(秦昊)、シン・ジーレイ(辛芷蕾)

父を亡くしたガオ・チュンは、父の後を継いで小さな貨物船「広徳号」の船長となる。黒い魚をいけすに入れ、エサを与えず、魚が死んだら父親の魂は安らぎを得るとの言い伝えに従い黒い魚を捕らえて上海を旅立つ。花火のあがる船着場で、双眼鏡越しに見かけた女性の姿がなぜか心に残る。翌日、ガオは機関室で錆付いた缶の中にある「長江図」と題された手書きの詩集を見つける。20年前の1989年に、ガオの父親が長江を航行しながら綴った詩の数々だった。
やがて、ガオは上海で見かけた女性アン・ルーと出会い、愛を交わすようになる。彼女と出会うのは、なぜか父の詩に書かれた場所。しかも、会うごとに若くなっていく。やがて、三峡ダムを過ぎ、彼女が現われなくなったことにガオは気づく・・・  いったい、彼女の正体は? 

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016の特別招待作品として『長江図』のタイトルで上映された折り、スクリーンで観ることができなくて、DVDルームで拝見。悠久の長江の姿は、小さな画面では画面も暗くて、魅力が半減。いつかスクリーンで観たいと思っていました。
この度、公開が決まり念願が叶いました。映像の魔術師リー・ピンビンによる、息を飲む美しい長江の姿にうっとり。チン・ハオ演じるガオとともに、長江をのぼり、時折現われる美女の謎解きを楽しみました。
三峡ダムが出来、かなり上流の町にも高層ビルが林立し、急速に変わり行く中国の今も目にしました。ガオの父親が詩を綴った1989年というと、天安門事件の起こった年。中国の大きな転換期。詩に綴られた優美な世界も段々失われていくのでしょうか・・・ 
映像に残してくださったヤン・チャオ監督とリー・ピンビンに感謝です。
ぜひ、大画面でご覧ください。(咲)


「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016」のスクリーンで観た時、最初を見逃してしまったのか、あの途中で時々出現する女性は誰? 幻影?などと思い、不思議な物語という印象でした。
長江河口の広さ、都会のビル群、工業地帯の姿と、遡るにつれて変わっていく川岸の姿に驚き、上流の山河の景色の墨絵のような美しさに旅情を感じました。また外の景色の明るさと船の中の暗さの対比が面白く、映像の巧みさが出ていたと思います。その時は知らなかったのですが、再度観て、撮影は台湾の李屏賓(リー・ピンビン)だったのだと気がつきなるほどと思いました。
そして、圧巻は三峡ダムの登り方。実際の光景が映し出され、すごい高低差を経て上流に遡っていくのだと、まるで自分がその中にいる気分になりました。
でも、このダムこそが長江の景色を一変させてしまったという現実。経済の発展のために自然が壊されていく象徴にもなりました。
それにしても侯孝賢監督の作品を多く撮影し、その後、アジアの気鋭の監督と組み撮影を担当してきた李屏賓撮影監督ですが、この作品を製作するまでに10年たったとはいえ、新人監督の作品に参加したといういきさつを聞いてみたい気がします。東京国際映画祭で上映された『風に吹かれて〜キャメラマン李屏賓の肖像』(2009年)を観て、よけいこの撮影監督に興味を持ちました。
60日間も長江を遡るなんていう経験、なかなかできることではないし、やはりとても興味深い経験だとは思うので、私もチャンスがあれば、ぜひ参加したいものです。

この作品のことが気になっていたら、山形国際ドキュメンタリー映画祭2017で、この撮影に同行して撮影されたサイド・ドキュメンタリーの『長江の眺め』(徐辛/シュー・シン監督)が上映され、観ることができました。こちらは、この長江のほとりで生まれた徐辛監督が、「長江は死んだ」あるいは「死にゆく河」という思いで撮った作品で、汚泥にまみれた長江の流れや川岸の姿が映しだされたり、川岸でゴミをあさって歩き、大丈夫?と思えるような汚そうなものを食べているところを延々写したりといった具合で、なんか暗い思いになるような作品だったけど、「長江を死なせてはならない」という監督の思いがある作品だと思いました。この『長江 愛の詩(うた)』出演していたチン・
ハンとシン・ジーレイも、ほんの一瞬出ていたのですが、これはこの『長江愛の詩(うた)』撮影シーンを、切り取ったものだと語っていました。

*シネマジャーナルHP 山形国際ドキュメンタリー映画祭2017
•〜中国の光と影〜  野 史枝
http://www.cinemajournal.net/special/2017/yamagata/index.html#p02
•2017.10.5〜10.12  宮崎 暁美
http://www.cinemajournal.net/special/2017/yamagata/index.html#p03

この作品も一緒に観ることができるといいのですが、次に観る機会は、きっと、山形ドキュメンタリーIN東京(今年秋にあるのではないかと思います)になるかと思います。(暁)




2016年/中国/115分/DCP
配給:エスピーオー
公式サイト:http://cyoukou-ainouta.jp
★2018年2月17日(土)シネマート新宿、YEBIS GARDEN CINEMA他にて全国順次公開




posted by sakiko at 16:56| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

かぞくへ

kazoku.jpg

監督・脚本・編集:春本雄二郎
撮影:野口健司
照明:中西克之
録音・整音:小黒健太郎
音楽:高木聡
出演:松浦慎一郎(旭)、梅田誠弘(洋人)、遠藤祐美(佳織)、森本のぶ(喜多)

長崎五島出身の旭(あさひ)は、東京に出てきてボクシングジムのトレーナーで生計を立て、つましく暮らしている。同棲している恋人の佳織との結婚も具体的になってきた。佳織は可愛がってくれた祖母の認知症が進まないうちにと準備を進めている。
子どものころから兄弟のように育ち、五島で漁師をしている親友の洋人(ひろと)に、ジムの顧客・喜多の仕事を紹介する。洋人は喜んで契約に応じ、順調に行くはずだった。数ヶ月後、洋人は卸した鮮魚の代金を踏み倒され、詐欺被害に遭っていた。喜多は雲隠れし、洋人には多額の借金が残ってしまった。責任を感じた旭は結婚を急ぐ佳織に相談するが、取り合ってもらえない。

kazoku3.jpg

2016年の東京国際映画祭スプラッシュ部門で上映された作品。当時観ていたシネジャの(美)さんに「よかったよ〜」と聞いて、観られるのを楽しみにしていました。初監督作で自主制作・低予算・ほとんど馴染みのない俳優さん、と厳しい中から生まれています。春本雄二郎監督はオリジナルの脚本にしっかりと時間をかけたそうです。観た後にもずっと主人公たちが心に残りました。
人がみんな違う顔を持っているように「かぞく」もまたそれぞれ違う形を作っています。これまでのかぞく、新しく作るかぞく、壊れることも、一人ずついなくなることもあるけれど、胸の中にはずっとその場所が残っているはずです。
旭と佳織の結婚までの道のりは、同世代の人にはうなずけるエピソードでしょうし、旭と洋人の繋がりは世代に関わらず、こんな親友がいたらと羨ましく思うことでしょう。
春本監督にたくさんお話を伺えましたので、特別記事にもアップいたしました。こちら(白)


2016/日本/カラー/117分
配給:「かぞくへ」製作委員会
(c)「かぞくへ」製作委員会
http://kazokue-movie.com/
★2018年2月24日(土)ユーロスペースほか全国ロードショー
別のスタッフの感想
posted by shiraishi at 22:08| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

ウイスキーと2人の花嫁(原題:Whisky Galore)

whisky.jpg

監督:ギリーズ・マッキノン
原作:コンプトン・マッケンジー
脚本:ピーター・マクドゥガル
撮影:ナイジェル・ウィロウビー
音楽:パトリック・ドイル
出演:グレゴール・フィッシャー(ジョセフ・マクルーン)、ナオミ・バトリック(ペギー)、エリー・ケンドリック(カトリーナ)、ショーン・ビガースタッフ(オッド軍曹)、ケヴィン・ガスリー(ジョージ・キャンベル)、エディ・イザード(ワゲット大尉)、ジェームズ・コスモ(マカリスター牧師)

第2次大戦中のスコットランドの小さな島。ウイスキーの配給がストップして、島民たちの何よりの楽しみがなくなってしまった。郵便局長ジョセフの2人の娘ペギーとカトリーナには愛する人との結婚が控えている。しかしそのときになくてはならないのがウイスキー。このままでは結婚が遠くなってしまう。
ある晩、濃霧のため島の沖で貨物船が座礁し、脱出した乗組員たちから積荷はアメリカ輸出用のウイスキーと聞いた。それもなんと5万ケース!大喜びの島民たちは、船が沈む前にウイスキーを“救出”しようとする。

下戸の私でもスコットランド名産といえばスコッチウイスキーが浮かぶほどです。暮らしにウイスキーは不可欠、切り離すことはできません。この小さな島でも戦争のため配給がなくなってすっかり暗くなっていたところに、棚ボタのようにふってわいた事件。ウイスキー好きの島民がそれを阻む輩を、知恵を絞って出し抜く様が面白おかしく描かれます。キーパーソンは民兵のワゲット大尉。自分を重要人物だと信じ、大真面目に規律を維持しようとするのですが、ちっとも役に立ちません。
ウイスキー事件にからめて、娘2人を送り出す父と、頑固な母親からやっと自立する息子の親子模様も加えられています。軽快な音楽にのせて繰り広げられる、人情コメディをお楽しみください。
これは史実を元にした同名映画(1949年)をリメイクしたもの。マッキノン監督もプロデューサーも観たことがあるそうです。好きだった映画のリメイクをするのはきっと嬉しいことでしょうね。来日されたマッキノン監督のインタビューはこちらです。(白)


配給:シンカ
(C)WhiskyGaloreMovieLimited2016
http://www.synca.jp/whisky/
★2018年2月17日(土)より全国ロードショー
posted by shiraishi at 22:20| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバーズ・エッジ

rivers.jpg

監督:行定勲
原作:岡崎京子
脚本:瀬戸山美咲
音楽:世武裕子
主題歌:小沢健二
出演:二階堂ふみ(若草ハルナ)、吉沢亮(山田一郎)、上杉柊平(観音崎)、SUMIRE(吉川こずえ)、土居志央梨(ルミ)、森川葵(田島カンナ)

若草ハルナは同級生の山田一郎が、学校のロッカーに裸で押し込められていたところを助け出す。手を下したのはハルナの彼氏の観音崎だった。その後、一郎から秘密を打ち明けられる。いじめられている一郎が心のよりどころにしているものが川原にあるという。案内されて見たものは、そこで放置され朽ちていく人間の死体だった。一郎はカンナと付き合っているが、自分はゲイで好きな人がいるんだという。ハルナの後輩のこずえはモデルの仕事をして学校では浮いた存在だ。摂食障害のため食べては吐いている。こずえもまた、川原の死体に執着があり、3人は奇妙な絆で結ばれる。

岡崎京子さんのマンガはほとんど読んでいないのですが、絵柄が独特なのですぐにわかります。原作から生まれた映画はほかに『ヘルタースケルター』(2012)があります。岡崎京子さんは1996年に交通事故で重傷を負い、休筆を余儀なくされました。残念ながら新しい作品は増えていませんが、20年余り経った今もこうして映画化されるのは、作品が少しも古びていない証拠でしょう。
ひりひりするような焦燥感や孤独をたたえた俳優さんたちが作品の中で生きています。高校生時代ってこんなに痛くて辛かったっけ。すっかり厚く鈍くなってしまった自分の皮膜をびりびりと破られました。
映画化を熱望していたという二階堂ふみさんですが、この作品では周りのキャラが濃いので、いつもよりおとなしめです。痛々しくも強い吉沢亮さんに目ウロコ。(白)


2018年/日本/カラー/シネスコ/118分
配給: キノフィルムズ
(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
http://movie-riversedge.jp
★2018年2月16日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 21:30| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする