2018年01月27日

サファリ    原題:SAFARI

safari.jpg

監督:ウルリヒ・ザイドル(パラダイス3部作『愛』『神』『希望』)
出演:ゲラルド・アイヒンガー、エヴァ・ホフマン、マニュエル・アイヒンガー、ティナ・ホフマン、マンフレート&インゲ・エリンガー、マリタ&フォルカー・ネーマン、マルコルフ・シュミット

南アフリカ、ナミビアのハンティング・ロッジ。
瀟洒な部屋でカタログを見ながら値段を口にする老夫婦。料金はここで取り扱う動物の狩猟料だ。
サファリスタイルの若いカップルが、案内人のあとを静かに行く。今だ!と、木陰から獲物に銃口を向ける。命中。仕留めたシマウマと嬉しそうに記念写真を撮るカップル。
一転、カメラはシマウマの皮を手馴れた様子で剥ぐ黒人の男たちを映し出す。
肉の塊を貰って帰り、粗末な家の一室で焼いて食べる男・・・

本作はナミビアでハンティングをするドイツとオーストリアのハンターたち、ハンティング・ロッジを経営するオーナー、そして、サファリをガイドする原住民たちを追ったドキュメンタリー。

“トロフィー・ハンティング”という言葉を初めて知った。
獲物の毛皮や頭だけを目的に動物を狩猟するレジャー。現在、サハラ沙漠以南のアフリカ24カ国で野生動物の狩猟が許可されていて、年間1万8500人のハンターがトロフィー・ハンティングを楽しんでいるそうだ。収益は年間約217億円。アフリカ諸国では、一大観光収入源として積極的にハンティングを許可しているという。
本作は、淡々と映し出しているだけで、是非を語るわけではない。だからこそ、こうした享楽にお金を投じられる者と、黙々と動物を捌く者の対比が、なんとも虚しく胸に迫ってくる。(咲)


2016年/オーストリア/90分/DCP/カラー/16:9/5.1ch/ドイツ語、オーストリア語
配給:サニーフィルム
後援:オーストリア大使館 / オーストリア文化フォーラム
公式サイト:https://www.movie-safari.com/
★2018年1月27日(土)シアター・イメージ フォーラムほか全国劇場ロードショー




posted by sakiko at 21:10| Comment(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅  原題:Gauguin Voyage de Tahiti

gauguin.jpg

監督:エドゥアルド・デルック
出演:ヴァンサン・カッセル(『ブラック・スワン』『美女と野獣』)、ツイー・アダムス、マリック・ジディ、プア・タウ・ヒクティニ

株式仲買人だったゴーギャンは、ピサロなど印象派の画家たちとの親交を経て画家への道を志す。1876年にはサロンへの入選も果たすが、次第に近代主義全盛のパリに嫌気がさす。マルティニーク島やパナマへの旅を経て、ついに見つけた楽園がタヒチだった。詩人マラルメの働きかけで政府から渡航費も工面し、妻の実家コペンハーゲンから妻と5人の子どもたちを呼び寄せたが、妻子からは同行を拒まれる。ゴーギャンは一人で旅立つが、タヒチに着いた彼は病に罹り、白人医師のもとに運ばれる。入院を勧められるが、初心を貫こうと画材一式を持って島の奥地へと向かう。森の奥の部落で客人として迎えられ、少女テフラを妻にもらう。彼女に野生の美しさを見出したゴーギャンは、彼女をモデルに一日中絵を描き、村の暮らしにも馴染んでいく。しかし、タヒチの奥地にも西洋文明が忍び寄り、テフラも皆と同じように白い服を着て教会に行きたいと言い出す・・・

ゴーギャンといえばタヒチ。南太平洋で見つけた楽園で、のどかな後半生を過ごしたというイメージを持っていましたが、本作を観て、決してゴーギャンにとってタヒチは最後まで楽園ではなかったことを知りました。帰国を決意するも、飛行機で十数時間で飛んで帰れる今と違って、故国に帰るには日数も費用もかかった時代。どんな思いだったでしょう。ゴーギャンの描いたタヒチが、以前と違った印象で語りかけてくるように感じます。(咲)

2017年/フランス/102分/シネスコ/DCP
配給:プレシディオ
後援:タヒチ観光局
公式サイト:http://gauguin-film.com/
★2018年1月27日(土)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ他 全国順次ロードショー




posted by sakiko at 20:59| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする