2018年01月14日

ピンカートンに会いにいく

pinkaton.jpg

監督・脚本:坂下雄一郎
音楽:池永正二
出演:内田慈(神埼優子)、松本若菜(中川葵)、山田真歩(篠塚美紀)、水野小論(五十嵐かおり)、岩野未知(渡辺葉月)、田村健太郎(松本浩一)

神埼優子は、20年前ブレイク直前に解散してしまった5人組アイドル「ピンカートン」のリーダーだった。気まずい別れをしたままのメンバーとはその後連絡をとっていない。別の仕事をしながら今も芸能事務所に籍をおき、売れない女優を続けてきた。ある日レコード会社の松本という男から電話があり、ピンカートンを再結成しないかという話が舞い込んでくる。すでにアラフォー、女優の仕事もなく崖っぷちにいた優子は表向きはクールに、かつてのメンバーを訪ねて口説き落とすことになった。3人はすでに家庭の主婦となって「今さら?」と断わり、一番人気だった葵の消息はなかなか掴めない。

元アイドルだった女性たちの20年後。再結成は成功するのか?と心配半分で観ていました。アイドル時代の5人の個性が20年後もそのままなので、顔立ちの違いも気になりません。優子役の内田慈(うちだ ちか)さんは、ちょっとだけ出ていてもとても印象に残る女優さんです。ずいぶんいろんな作品で観た気がしますが、これが初めての主演とのこと。おめでとうございます。
プライドが高いまま“こじらせ女子”になってしまった優子の毒舌がなかなか面白いです。動く電車の中で通路を歩く人に腹を立てる場面があり、せっかちで同じことをする私は思わず首をすくめました。田村健太郎さん演じる松本がとりなすのですが、私が言い訳したかったのと同じセリフ。
坂下雄一郎監督・オリジナル脚本で3作目の作品ですが、昨年の商業映画デビュー作『東京ウィンドオーケストラ』も設定や会話が面白かったです(2作目の『エキストランド』見逃しました)。毎年作品が劇場公開されるなんてとってもすごいことです、坂下監督。(白)


2017年/日本/カラー/ビスタ/86分
配給:松竹ブロードキャスティング、アーク・フィルムズ
(C)松竹ブロードキャスティング
http://www.pinkerton-movie.com/
★2018年1月20日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開!!
posted by shiraishi at 19:48| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パディントン2(原題:Paddington 2)

padinton.jpg

監督・脚本:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン
原作:マイケル・ボンド
音楽:ダリオ・マリアネッリ
出演:ヒュー・ボネビル(ブラウンさん)、サリー・ホーキンス(ブラウン夫人)、ヒュー・グラント(フェニックス・ブキャナン)、ブレンダン・グリーソン(ナックルズ)、マデリーン・ハリス(ジュディ)、サミュエル・ジョスリン(ジョナサン)、ベン・ウィショー(パディントンの声)

ペルーからやってきて、すっかりブラウン一家や街にとけこんだ礼儀正しいクマのパディントン。ジャングルで一人暮らしのルーシーおばさんがもうすぐ100歳の誕生日を迎えるのでプレゼントを探している。アンティークショップでロンドンの名所がたくさん載っている飛び出す絵本を見つけた。一度も旅行したことのないおばさんにロンドンの町を見せてあげられる!世界に1冊しかないこの絵本はとっても高価だったので、パディントンはアルバイトをしようと決めた。慣れない仕事に悪戦苦闘しながら、こつこつとお金をためて手に入れるのを楽しみにしていた。ウィンドウを覗きにいったある晩その絵本が盗まれてしまい、犯人を追いかけたパディントンが疑われ逮捕されてしまう。

2014年の『パディントン』は全世界でヒットし、興行収入328億円を越えたそうな。それまで育ったジャングルから大都会のロンドンでさまざまな騒動を巻き起こすのですが、礼儀正しく真面目なパディントンがみんなを幸せにしていきました。そしてこの第2弾では濡れ衣から刑務所に収監されてしまうのです。しかし、ご安心下さい。どこででも友だちができてしまう彼は、そこでも楽しく過ごしてしまうのでした。
絵本を盗んだ落ち目の俳優ブキャナンをヒュー・グラントが快(怪)演。日本語吹き替え版では斎藤工さんが声を当てています。パディントンは松坂桃李さん。
犯人を見つけてパディントンを救い出すためブラウン一家が大活躍します。味のある囚人たち、隣人に芸達者な俳優さんたちが揃い、大人も子どもも楽しめるファミリー・ドラマです。どうぞご家族でお出かけ下さい!(白)


2017年/イギリス・フランス合作/カラー/シネスコ/104分
配給:キノフィルムズ
(C)2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.
http://paddington-movie.jp/
★2018年1月19日(金)ロードショー
posted by shiraishi at 17:36| Comment(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(原題:Mein Blind Date mit dem Leben)

5%.jpg

監督:マルク・ローテムント
原作:サリヤ・カハヴァッテ
脚本:ルート・トマ
出演:コスティア・ウルマン(サリヤ)、ヤコブ・マッチェンツ(マックス)、アンナ・マリア・ミューエ(ラウラ)、ヨハン・フォン・ビューロー(クラインシュミット)

サリヤは真面目で成績優秀な青年だったが、先天性の目の病気で視力の95%を失ってしまった。それまで描いていた将来への希望も打ち砕かれたかと思ったが、一流のホテルマンになりたいという夢を諦めることはできなかった。サリヤは5%しか見えないのを隠して、ミュンヘンの5つ星ホテルでの面接に臨んだ。面接に遅れて来たマックスの窮状を救ったことから、彼はサリヤの心強い味方となる。見習いの第一関門を通過したが、今後の研修には多くの課題が待っている。マックスや事情を知ったホテルのスタッフの助けを得て、人一倍の努力を続け研修課題を次々とクリアしていった。

自分の視野が突然狭まっていき、ぼんやりとしか見えなくなってしまったらどうするでしょう。私を含め、殆どの人が目からの膨大な情報を当たり前のこととして受け取っているはずです。こんな風に夢をあきらめずにいられるでしょうか??この映画が実話を基にしているというのに驚きました。ほんとにこんなことができてしまうとは!!
5%しか見えないのに動くということは、周りの状況が全て頭に入っていなければなりません。慣れ親しんだところならともかく、たくさんの人が出入りするホテルで、どうやって?という心配や疑問は是非映画でお確かめください。
悩んだり、苦しんだり、少しも思い通りにならず人生は楽ではありません。それでも諦めないで生きていこうよ、とそっと肩を叩いてもらえる作品です。(白)


2017年/ドイツ/カラー/シネスコ/111分
配給:キノフィルムズ
(C)ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH
http://eiga.com/jump/ks5mm/
★2018年1月13日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 17:00| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめてのおもてなし  原題:Willkommen bei den Hartmanns   英題:Welcome to Germany

hajimete omotenasi.jpg

監督:サイモン・バーホーベン
出演:センタ・バーガー、ハイナー・ラウターバッハ、フロリアン・ダーヴィト・フィッツ、パリーナ・ロジンスキ、エリヤス・エンバレク

ミュンヘンの瀟洒な一軒家。教師を定年退職したアンゲリカは、子どもたちも成人して家を出て、大病院の医長を務める夫リヒャルトと二人暮らし。時間を持て余したアンゲリカは、難民を受け入れることを思いつく。子どもたちも帰ってきた日曜日のディナーの場で唐突に発表すると、夫も子どもたちも大反対。アンゲリカは夫を説き伏せ、一緒に難民センターへ面接に行く。二人はディアロというナイジェリアからやって来た亡命申請中の青年を受け入れることを決める。
アンゲリカはディアロにドイツ語を教えたり、一緒に庭仕事したりと、水を得た魚のように生き生きとした毎日を取り戻す。一方、リヒャルトはストレスがたまって、病院で部下にあたりちらし、そろそろ引退をとほのめかされていたのに拍車がかかる。
そんなある日、誤解からディアロが警察沙汰を引き起こしてしまう。家の前には、難民排斥のプラカードを持った者たちまで現われる・・・

今、ヨーロッパ各地で押し寄せる難民を排斥する動きがありますが、本作はそのことに対して声高に物申すものではなく、ディアロという難民を受け入れた家族の一人一人が抱えている問題をコメディータッチで浮き彫りにしていく物語。定年退職後の過ごし方を模索する妻、忍び寄る老いに悩む夫、仕事優先で妻に逃げられ子育てするシングルファーザーの息子、30過ぎても大学を卒業できないでいる娘。観る人によって、誰かしらに共感できる物語。もちろん、難民問題にも目を向けさせてくれます。2016年度ドイツ映画興行収入NO.1を記録したお薦めの一作。(咲)

配給:セテラ・インターナショナル
2016年/ドイツ/ドイツ語/116分
公式サイト:http://www.cetera.co.jp/welcome/
★2018年1月 13日(土) シネスイッチ銀座ほか全国順次公開




posted by sakiko at 09:25| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする