2018年01月21日

星めぐりの町

hosimeguri.jpg

監督:脚本:黒土三男
出演:小林稔侍(島田勇作)、壇蜜(島田志保)、荒井陽太(木内政美)、神戸浩(五郎)、六平直政(加藤)、平田満(社長)、高島礼子(弥生)

勇作は妻を亡くしてから娘の志保と二人暮らし。一人で早朝から豆腐作りを続け、町の主婦達や料亭に届けている。ある日警察官が亡き妻の遠縁にあたる少年 政美を連れて訪ねてくる。東日本大震災で家族を亡くし、一人残されてしまったのだという。深く傷つき言葉を発せず、誰にも心を開かない政美を、勇作と志保は無理強いせずにそっと見守ることにした。一人で隠れるように食べていた政美はいつしか二人と食卓を囲み、勇作の仕事について来るようになった。政美の傷は少しずつ癒えてきたように見えた。

俳優生活50年余、名脇役 小林稔侍さん76歳の初主演作品。ちょっと不器用で職人肌の昭和のお父さんがよく似合います。娘役の壇蜜さんが車の修理工場勤めで、山道をバイクで走る姿のかっこいいこと。2人の住む家がまた山に抱かれたなんとも風情のある家です。囲炉裏ばたで食べるご飯の美味しそうなこと。
政美役を演じた荒井陽太くんはオーディションで選ばれています。前半セリフがなく、表情と身体で表現しなければなりません。溜めた思いが吐き出される後半までよく頑張っていました。
黒土三男監督は震災当時浦安にお住まいで、液状化で家が半壊。お兄さんお姉さんの住む豊田市に移られたのだそうです。周りの方々の暖かな気遣いや自然に大いに癒され、力づけられたのでしょう。ちょうど政美少年のように。「普通の人の普通の暮らしがかけがえのないもの」とあらためて思った作品。(白)


2017年/日本/カラー/ビスタ/108分
配給:ファントムフィルム
(c)2018 豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会
http://hoshimachi.jp/
★2018年1月20日(土)豊田市先行公開、1月27日(土)より丸の内TOEI他、全国公開
posted by shiraishi at 20:15| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミッドナイト・バス

midnight.jpg

監督:竹下昌男
原作:伊吹有喜「ミッドナイト・バス」(文春文庫刊)
脚本:加藤正人
撮影:丸池納
音楽:川井郁子
出演:原田泰造(高宮利一)、山本未來(加賀美雪)、小西真奈美(古井志穂)、葵わかな(高宮彩菜)、七瀬公(高宮怜司)、長塚京三(山辺敬三)

高宮利一は、故郷の新潟で長距離深夜バスの運転士の仕事をしている。妻の美雪とは16年前に離婚し、子ども二人は利一が引き取った。ある夜東京から新潟へ戻るバスに美雪が乗り込んできた。新潟に一人残っている父親を見舞うところだった。美雪は東京で再婚し、幼い息子もいるが疲れたようすなのが気になった。
利一が東京で定食屋をしている年下の恋人志穂との再婚を考えていた矢先、息子の怜司が体調を崩し東京の仕事をやめて戻ってきた。娘の彩菜は友だちと新しい仕事を始め、コスプレ姿で利一を仰天させる。明るくふるまっているが、自分の夢と結婚との間で揺れている。

原作は「四十九日のレシピ」と同じ伊吹有喜(いぶき ゆき)さん。バラバラになった家族がたまたま故郷の新潟に集まって、それぞれに抱えていた問題を乗り越えて再生していく物語です。ネプチューンでの原田泰造さんしか知らなかったので、こんなにじっくりとした俳優さんでもあったのかとちょっと意外でした。157分と長目の映画ですが、一人ひとりのドラマを丁寧に描いているので長いとは感じません。
深夜バスは眠っている乗客を乗せて夜を越えて走ります。ある人には悶々として眠れないような問題があるかもしれず、ある人にはわくわくするような出来事が待っているかもしれません。通り過ぎる人にはいちいちそんなことを思ったりしませんが、同じ乗り物で長い道のりを一緒にすごす人にはどんな人生があるのだろうと思うことがあります。バス事故で運転士さんの過酷な勤務状態が話題になったことがありました。どうか安全運転で、事故などありませんように。(白)


2017年/日本/カラー/ビスタ/157分
配給:アークエンタテインメント
(C)2017「ミッドナイト・バス」ストラーダフィルムズ/新潟日報社
http://midnightbus-movie.jp/
★2018年1月20日(土)新潟先行ロードショー
1月27日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:05| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュピターズ・ムーン  原題:Jupiter holdja 英題:Jupiter's Moon

jupitars moon.jpg
監督:コーネル・ムンドルッツォ(『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲ラプソディ』)
出演:メラーブ・ニニッゼ、ギェルギ・ツセルハルミ、ゾンボル・ヤェーゲル、モーニカ・バルシャイ

シリアの少年アリアン・ダシュニは、父ムラッドと共に貨物列車でハンガリー国境近くにたどり着く。川を船で渡り国境を目指すが、国境警備隊のラズロに撃たれ、父ともはぐれてしまう。瀕死の状態で難民キャンプに運び込まれるアリアン。
医師シュテルンは、医療ミスで将来有望なアスリートを死なせてしまい、今は難民キャンプで働いている。遺族からの訴訟を取り下げさせる賠償金稼ぎに難民を違法に逃していた。 アリアンを担当したシュテルンは、彼が重力を操り浮遊できることを知り、これで金儲けできると難民キャンプから連れ出す。一方、国境警備員のラズロは違法に撃ってしまったアリアンを探しだし、シュテルンに違法な銃撃について口封じしようとする。そんな折、アリアンは見失った父の手がかりをつかみ、飛び出していく・・・

空中に浮遊する少年の物語はファンタジーでありながら、難民問題を背景にしていて、まさに現代社会を描いたものと感じました。
コーネル・ムンドルッツォ監督は、「本作は“alien(宇宙人、外国人、よそ者)"についてのアイディアを描いたもので、一体誰がよそ者なのかを問いかけたもの。”信用”や“奇跡”“周りとは違う”ということに対して新たな問題を提起するには、木星の遠く離れているイメージが適していると思った」と語っています。
私が印象に残ったのは、出身地を尋ねられたアリアンが、シリアのホムスで、自分の部屋もあったし、なんでも持っていたと語っていた場面。何不自由なく幸せに暮らしていても、いつ自分も難民になるかもしれないことを誰しもが思えば、他者への思いやりも自然に生まれるでしょう。
空から眺めたブダペストの町や鎖橋、オスマン帝国が遺したトルコ風呂(水を抜いた場面も!)など、ハンガリー映画ならではの場面も楽しみました。(咲)



『ジュピターズ・ムーン』 タイトルの由来:
木星(ジュピター)に67ある衛星の一つ「エウロパ」は、ガリレオ・ガリレイが発見したもので「ヨーロッパ」の語源となったラテン語「EUROPA」と同じ綴り。生命体が存在する可能性があり、人類や生命体の「新たな命の揺りかご」となり得るかもしれない衛星。
コーネル・ムンドルッツォ監督は、その「エウロパ」の名の下に、現在、そして近未来のヨーロッパ、ひいては世界の物語として観てもらうことに意義があるとして本作を『ジュピターズ・ムーン』と名付けたとのことです。

2017年/ハンガリー・ドイツ/128分/シネマスコープ /カラー/DCP/5.1ch/PG-12
配給:クロックワークス
公式サイト:http://jupitersmoon-movie.com/
★2018年1月27日(土)より新宿バルト9ほか全国公開



posted by sakiko at 19:42| Comment(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライオンは今夜死ぬ  原題:Le lion est mort ce soir

lion konya sinu.jpg
監督・脚本 :諏訪敦彦(『M/OTHER』『ユキとニナ』)
出演:ジャン=ピエール・レオー、ポーリーヌ・エチエンヌ、モード・ワイラー、アルチュール・アラリ、イザベル・ヴェンガルテン

南仏コート・ダジュール。年老いた俳優ジャンが死の瞬間をどう演じるか悩んでいた矢先、相手役の女優の準備が整わず撮影は延期となる。ジャンは赤いグラジオラスの花束を抱えて、かつて愛した女性ジュリエットの住んでいた古い屋敷を訪ねる。美しい姿のまま現われるジュリエット。これは現実なのか、夢なのか。ジャンがベッドで横たわっていると、屋敷に忍び込んだ地元の子どもたちから、自分たちが撮る映画に出て欲しいと頼まれる。子どもたちは脚本を作り、ジャンも気に入り、撮影が始まる。数日後、いよいよラストシーンを撮るために皆で湖に向かう途中、ジャンは上機嫌で「ライオンが今夜死んだのだ」と歌いだす・・・

大男のジャンに、最初はおっかなびっくりの子どもたち。ジャンも子どもたちを脅かして楽しんでいます。やがて始まる映画作り。子どもたちが伸び伸びと映画を撮る姿に、自由な心で表現することの素晴らしさを感じさせてくれます。この映画が撮影されたのは、映画の父であるリュミエール兄弟の作品の舞台であるラ・シオタ。諏訪監督がここをロケ地に選んだのも、映画の原点を感じたかったからでしょうか。
諏訪監督が名優ジャン=ピエール・レオーと知り合ったのは、2012年のラ・ロシュ・シュル・ヨン映画祭。ジャンに映画的なポエジーを感じた諏訪監督は、いつか彼を主役に撮りたいと思ったのが、この映画の発端。その後、ジャンが来日した折に、好きな歌は?と尋ねたところ、「ライオンは今夜死ぬ」を歌ってくれて、タイトルがひらめく。さらに、劇中でジャンがこの歌を歌うことも決め、そこから物語を作っていったそうです。
かつて愛したジュリエットは実はもう亡くなっていて、ジャンの前に現われるのは幻。子どもたちの中に、7歳の時に父親を交通事故で亡くした少年がいて、「思えば会える」と語りかけます。誰もが直面する「死」についても考えさせられる物語。
諏訪監督の前作『ユキとニナ』のユキを演じたノエ・サンピが、成長した姿を一瞬ですが見せてくれます。どうぞお見逃しなく。(咲)


2017年/フランス・日本/103分
配給:ビターズ・エンド
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/lion/
★2018年1月20日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて 全国順次公開



posted by sakiko at 19:38| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロング,ロングバケーション(原題:The Leisure Seeker)

longlong.jpg

監督・脚本:パオロ・ヴィルズイ
原作:マイケル・ザドゥリアン「旅の終わりに」(東京創元社刊)
脚本:ステファン・アミドン、フランチェスコ・ピッコロ、フランチェスカ・アルキブージ
撮影:ルカ・ビガッツィ
出演:ヘレン・ミレン(エラ)、ドナルド・サザーランド(ジョン)、ジャネル・モロニー(ジェーン)、クリスチャン・マッケイ(ウィル)、ダナ・アイビリリアン

ジョンとエラはもう50年も連れ添ってきた。子どもたちが呆れるほど仲がいい。しかしジョンはアルツハイマーが進行し、エラは末期がんで先は長くない。エラは病院での治療を打ち切り、最愛の夫とキャンピングカーで旅に出るつもりだ。残りの人生は自分たちの好きなようにしたい。元教師だったジョンは敬愛するヘミングウェイの家に行くのが夢だった。フロリダ・キーウェストを目指して二人は出発する。母を病院に、父を施設にと考えていた娘と息子は大パニックだが、心配することしかできない。ジョンの記憶はときどき混乱し、また元に戻り、と不安定だ。エラは知らずにいた秘密をジョンの口から知ってしまう。

ドナルド・サザーランドとヘレン・ミレン、大ベテランの名優2人が夫婦!広いアメリカを南北に横断するキャンピングカーの旅!イタリアで脚本を手にしたパオロ・ヴィルズィ監督は、物語は気に入ったものの、アメリカまで来たくなくて「ドナルド・サザーランドとヘレン・ミレンが出てくれるなら映画を作る」と(当然無理だと思って)プロデューサーに約束したそうです。そしたら2人が出演を快諾した(脚本と監督が気に入って)ので、動かずにいられなくなったとか。そんな相思相愛のスタッフ・キャストから生まれた愛とユーモアに満ちた作品です。ジョンの運転にハラハラし、痛みをこらえるエラに闘病中の友人を思いました。このラストにはいろいろ感想が出るでしょうが、ジョンとエラには相応しいと思いました。皆様はいかがでしょう?(白)

2017年/イタリア、フランス/カラー/シネスコ/112分
配給:ギャガ
(C)2017 Indiana Production S.P.A.
http://gaga.ne.jp/longlongvacation/
★2018年1月26日(金)TOHOシネマズ 日本橋他全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 17:58| Comment(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする