2017年12月17日

バーフバリ 王の凱旋(原題:Baahubali 2: The Conclusion)

bafubari.jpg

監督・脚本:S・S・ラージャマウリ
原案:V・ビジャエーンドラ・プラサード
音楽:M・M・キーラバーニ
出演:プラバース(シヴドゥ/バーフバリ)、アヌシュカ・シェッティ(デーヴァセーナ)、ラーナー・ダッグバーティ(パラーラデーヴァ)、ラムヤ・クリシュナ(シヴァガミ)、ナーサルビッジャラ(デーヴァ)

はるか遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。シヴドゥは自分が伝説の英雄アマレンドラ・バーフバリの息子であると知った。父の家臣だったカッタッパから父の辿った悲劇を聞く。
国母シヴァガミから王位継承の命を受けたバーフバリは、忠臣カッタッパと共に国の視察の旅に出る。クンタラ王国のデーヴァセーナ姫と出会って恋に落ちるが、彼を恨むパラーラデーヴァは2人を引き裂く策略を練っていた。パラーラデーヴァが王位につき、バーフバリと生まれたばかりの息子の命が狙われる。

今年4月に公開した『バーフバリ 伝説誕生』の続編。プラバースがバーフバリ父子を一人で演じているので、あれどっちの話だっけ?とわからなくなるのですが、周りの顔ぶれで判断してください(え?)。前編はほぼ息子バーフバリ、今回の後篇は時を遡り父バーフバリの話が半分以上で、全てを知った息子バーフバリが父の復讐にたちあがる熱い熱いストーリーです。
装備なしでも動きも力もハリウッド映画の超人なみのバーフバリ、普通死んでますって!という場面が何度あったことか。流れるような超絶アクション、奇想天外な武器や戦車、ここぞというときのスローモーションに、キメポーズ。過剰に見える演出もインド映画ならでは。数を頼んだ陣形の戦闘シーンは中国映画にも似ていますが、とにかく主人公は雨あられと降る矢にもあたりません。今回も女優さんが強くて逞しくて美しい!(白)


おさらい 
本作予告編
2017年/インド/カラー/シネスコ/141分
配給:ツイン
(C)ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.
http://baahubali-movie.com/
★2017年12月29日(金)新宿ピカデリー、丸の内TOEIほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 11:39| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。