2017年10月12日

あなた、そこにいてくれますか  英題:WILL YOU BE THERE?

anatasokoni.jpg

監督:ホン・ジヨン(『キッチン 3人のレシピ』『結婚前夜〜マリッジブルー〜』)
出演:キム・ユンソク(『チェイサー』)、ピョン・ヨハン(「ミセン 未生」)、チェ・ソジン、キム・サンホ、アン・セハ

2015年、カンボジア奥地。医療ボランティアの医師ハン・スヒョン(キム・ユンソク)は、赤ちゃんを助けたお礼に、村の長老から過去に戻れる薬を10粒貰う。帰国し半信半疑で1粒飲んだスヒョンは深い眠りに落ちる。目覚めると、そこには30年前の研修医時代の自分(ピョン・ヨハン)がいた。
実はスヒョンには、30年前に戻ってどうしても会いたい人がいた。イルカの調教師をしていた恋人のヨナ(チェ・ソジン)。遠距離恋愛で、ヨナのイルカショーもなかなか見に行けないでいた。あの時、あぁしていればという思いが、スヒョンを30年前に誘ったのだった。30年前の自分に事実を告げて進言するスヒョン。果たして、若いスヒョンは30年後の自分だと信じて、実行してくれるのだろうか・・・

本作は、フランスの作家ギヨーム・ミュッソのベストセラー小説「時空を超えて」を韓国風にアレンジして実写映画化したもの。
人生を振り返って、別の選択をしていれば・・・と思う局面はいくつもあるけれど、人生にもし・・・はない。でも、悲しい運命をもし変えることができるなら、それほど嬉しいことはないでしょう。一つ、運命を変えたら、その後の人生に矛盾が生じてくるけれど、実にうまく辻褄をあわせています。
でも、なんといっても本作のみどころは、二人一役を見事に演じたキム・ユンソクとピョン・ヨハン。ちょっとした仕草など、二人の努力もあるけれど、キム・ユンソクの若い頃はこんなだっただろうなというピョン・ヨハンをよくキャスティングしたと感心します。
あ〜逆に、ピョン・ヨハンもあんなおっさんになるのか・・・と!
スヒョンの親友テホ役キム・サンホは、出てくるだけで笑わせてくれる名脇役ですが、その若き日を演じたアン・セハも顔だけで笑わせてくれる俳優。
そして、恋人のイルカの調教師ヨナ役のチェ・ソジンの、なんと爽やかなこと!
ホン・ジヨン監督は、女性らしい心遣いで本作を素敵な映画に仕上げています。
『キッチン 3人のレシピ』公開を前に来日された折にインタビューさせていただいたのを懐かしく思い出しました。カーリーヘアの、可愛らしい感じの監督でした。
http://www.cinemajournal.net/special/2009/kitchen2/index.html
亡き梅木直子さんと一緒に取材したのでした。あの時に戻って直子さんにお会いしたい!(咲)


2016年/韓国/111分/カラー/ビスタ
配給:ギャガ・プラス
公式サイト:http://GAGA.NE.JP/anasoko
★2017年10月14日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷 他 全国順次ロードショー



posted by sakiko at 21:01| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする