2017年09月29日

ソウル・ステーション パンデミック   原題:Seoul Station

seoul station.jpg

監督: ヨン・サンホ(『新感染 ファイナル・エクスプレス』)
声の出演:シム・ウンギョン、イ・ジュン、リュ・スンリョン

蒸し暑い夏の夜。ソウル駅に近い安宿に長逗留している元風俗嬢のヘスンとその彼氏(ヒモ?)のキウン。宿代が払えず、キウンがヘスンの写真を勝手に出会い系サイトにアップして金を稼ごうとたくらんでいることを知り、ヘスンは部屋を飛び出す。一方、キウンは、出会い系サイトを見て連絡してきた男とヘスンを探しに町に出る。連絡してきた男は実はヘスンの父親だった。
その頃、ソウル駅の片隅でホームレスの老人が首から血を流し息絶え絶えになっていた。気づいた弟が助けを求めて奔走するが、戻ってきたら兄がいない。と、すっかり形相を変えた兄が若い男性に噛みついているのを発見する。
町をあてもなく歩いていたヘスンも、狂ったような男に襲われそうになるが、命からがら警察署に駆けこむ。だが、ここにも感染者が押し寄せてきて、安全な場所ではなかった・・・

早朝の釜山行き高速鉄道KTX内で発生した感染パニックを描いた、『新感染 ファイナル・エクスプレス』の前日譚となるアニメ作品。
先に、実写の『新感染 ファイナル・エクスプレス』の方を観たのですが、ゾンビと化した人たちの動きが、アニメで描いた本作のゾンビの動きとそっくりで笑えました。(ほんとに遭遇したら笑ってはいられませんが)
町を放浪するヘスンの声を担当しているのが『あやしい彼女』のシム・ウンギョン。
実写の『新感染 ファイナル・エクスプレス』の冒頭で、血を流しながら列車に飛び乗ってくる女性を演じているのがシム・ウンギョン。ヘスンは、結局犠牲になったのですね。

ちなみに、パンデミックとは、感染症の全国的・世界的な大流行のこと。
ほんとにこんな事態になったら、さっさと感染したほうが、逃げまどうより楽かも〜 (咲)


2016年/韓国/カラー/92分
配給:BROADWAY
公式サイト:https://pandemic-movie.com/
★2017年9月30日(土)より新宿ピカデリー他全国ロードショー!!




posted by sakiko at 21:55| Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする