2017年09月24日

AMY SAID エイミー・セッド

amy said.jpg

監督・脚本:村本大志
撮影:加藤陽介
音楽:jan and naomi
テーマ曲:大橋トリオ
出演:三浦誠己(朝田圭一)、渋川清彦(飯田収)、中村優子(飯田直子)、山本浩司(岡本亮介)、松浦祐也(五島春樹)、テイ龍進(木塚修司)、石橋けい(安藤美帆)、柿木アミナ(本庄エミ)ほか

大学の映画研究会のファムファタル的存在だったエミが突然人生から降りてしまった。エミが自分の恋人だと思っていた圭一は、エミが死んだ原因もわからないまま、彼女と一緒に歩むはずだった道に一人取り残されてしまう。
20年後、エミの命日に40代になった8人の男女が集まった。かつて映画論を戦わせ、将来の夢を語り合った思い出の場所はそのままだが、彼らの人生は様々な方向を向いていた。圭一はパン屋を営み、収と直子は結婚して無農薬野菜を作っている。亮介は売れない俳優に、春樹は介護士、修司はIT会社を経営、美帆はキャリアウーマンになっていた。それぞれが思い出を語りあううち、直子が「エミの死んだ理由を知っている」と口を開いた。

個性派・実力派俳優が多く所属するマネージメント会社ディケイドが、創立25周年を記念して自ら製作した作品。ディケイドのオールスター出演の青春群像劇です。8人だけの同窓会は触れたくない過去、今だから話せる秘密が顔を出していて「あるある」感がじわじわとのぼってきました。同じ時間を共有しても、立ち位置から見えていたものは少しずつ違っています。彼らの真実もいなくなったエミの真実とは違うかもしれません。注目してきた俳優さんばかりで「これから先も日本映画を豊かにしていってね〜」と内心でエールを送りました。
この試写の後に10年ぶりの同期会で故郷に帰ったのですが、自分の記憶も何十年も経つと都合よく塗り替えてしまうのだと再確認。不帰となった旧友も何人かいて、後10年したら自分もそちら側にいるかもしれません。いや、病気自慢をしているかも?「元気でいてまた会おうね」と別れましたが、実現させたいと思います。(白)


2016年/日本/カラー/96分
配給:ディケイド
(C)2017「Amy said」製作委員会
http://amy-said.com/
★2017年9月30日(土)テアトル新宿ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 11:40| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜間もやってる保育園

yakanmo.jpg

監督:大宮浩一
企画:片野清美
撮影:遠山慎二、前田大和
編集:辻井 潔
出演:エイビイシイ保育園の子どもたち他

待機児童が問題になっているこのごろ、多様な働き方をする親のニーズに合わせて全国には80の“夜間もやってる保育園”がある。歌舞伎町のお隣、大久保にある「エイビイシイ保育園」をはじめ、北海道から沖縄までの保育現場とそこで働く人、親の思いを紹介する。「エイビイシイ保育園」では片野清美園長の熱意のもと、オーガニック給食、多動の子どもたちへの療育、卒園後の学童保育まで行っている。

待機児童の問題は東京など都市部に集中しています。核家族で共働きが多いのに、保育所が足りない。認可を受けるに足る広さや設備がない、近隣の反対で建てる場所がない、保育士が足りない…と、ないない尽くしです。毎年保育の資格を得た若い人が誕生しても、低賃金できつい仕事であればやめていってしまいます。この作品に登場する保育士さんたちの笑顔に救われます。子どもたちの様々な表情も可愛く、こちらも思わず笑顔になりました。あっというまに成長するこの時期の子どもたちの受け皿になるだけでなく、子育ての不安や悩みにも応じてくれる保育者たちがいてくれることが、親たちにとって大きな拠り所となっています。こういう保育所がもっと増えると共に、保育士さんの処遇が良くなりますように。
大宮監督は2010年『ただいま それぞれの居場所』で介護福祉の現場を、2014年にはベトナム戦争従軍取材などで知られる報道カメラマンの石川文洋の青年期と現在を描いた『石川文洋を旅する』を企画・製作・監督。(白)


2017年/日本/カラー/111分
配給:東風
(C)夜間もやってる製作委員会
http://yakanhoiku-movie.com/
★2017年9月30日(土)よりポレポレ東中野にてロードショーほか全国順次公開
posted by shiraishi at 10:43| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする