2017年09月17日

ドリーム(原題:Hidden Figures)

『ドリーム』ポスター図s.jpg

監督:セオドア・メルフィ
原作:マーゴット・リー・シェッタリー
脚本:アリソン・シュローダー、セオドア・メルフィ
撮影:マンディ・ウォーカー
音楽:ハンス・ジマーほか
出演:タラジ・P・ヘンソン(キャサリン・G・ジョンソン)、オクタビア・スペンサー(ドロシー・ボ―ン)、ジャネール・モネイ(メアリー・ジャクソン)、ケビン・コスナー(アル・ハリソン)、キルステン・ダンスト(ビビアン・ミッチェル)

米ソが熾烈な宇宙開発競争をしていた1961年、ソ連が有人ロケットの打ち上げに成功し、出遅れたアメリカはマーキュリー計画を推進した。NASAの研究所には優秀な人材が集められ、多くの女性が計算係≠ニして働いていた。最先端のこの施設にも外界と同じく根強い人種差別が残っており、白人と黒人の場所は分かれ、黒人は管理職になれず、俸給にも差があった。
黒人女性ばかりの“西計算グループ”の仲の良い3人。ドロシーは職場の実質的なリーダーだったが、昇格も昇給もない。かけあうと白人上司ミッチェルは「仕事があるだけいいでしょ」とにべもない。この2人のやりとりに後も注目を。
キャサリンは、西グループから初めて東の宇宙特別研究本部に移動になる。山のような書類を目の前に積まれ、着々とこなしていくが、白人男性ばかりの職場には黒人用・女性用トイレもなく、仲間のいる西の端まで走らねばならない。少女のころから数学の天分を見せていた彼女は、上司のハリソンに認められ、難題を解き明かしてゆく。計算係の彼女が出した結果は全て白人男性の成果となるのだったが…。メアリーは技術部に配属され、エンジニアを目指すも、必要な学歴を身につけられるのは白人ばかり。黒人で、しかも女性には門戸が開かれていなかった。そしてある日、地球周回軌道を初めて飛ぶ予定の宇宙飛行士ジョン・グレンがNASAを訪れた。
dream main.jpg

この3人の素敵な女性たちは、実在した人たち。宇宙開発競争の時代、人種差別と男性優位の壁に阻まれながらも、卓抜な才能とスキルでNASAにおおいに貢献していきます。エンジニアを目指すメアリーが白人限定の学校に行くために、どうアプローチしたのか? 大型コンピューター(IBM)がNASAに入ってから、ドロシーが計算グループの存続を図るために何をしたのか?素晴らしい才能のある特別な人たちではありますが、ひたむきに仕事にうちこむだけでなく、それぞれが子育ても家事もする家庭人でもありました。つくづく「カッコイイ!!」。それなのに、ご当地のアメリカでさえ、あまり知られていなかったそうです。宇宙飛行士の後ろには技術と理論を支えた科学者や技術者が、その陰にはこうした女性たちがいました。原題は『Hidden Figures』(隠された人たち)。Figuresには人物、数字、など多くの意味があります。白人社会の背後にいて知られなかった彼女たちのことでもあり、彼女たちが見つけ出す数字のことでもあるのでしょう。
演じる女優3人が個性的でしかも可愛い! ジャネール・モネイはミュージシャンですが、『ムーンライト』ではシャロンを大切にするテレサ役。オクタヴィア・スペンサーは『ヘルプ 心がつなぐストーリー』(2011)のメイド役がすぐに浮かびます。タラジ・P・ヘンソンはテレビが多いようでしたが、 ジャッキー・チェン版『ベスト・キッド』(2010)のジェイデン・スミスの母役です。
リサーチした実話をドラマとして仕上げていく構成、セリフの数々も巧みです(脚色賞ノミネート)。セオドア・メルフィ監督は『ヴィンセントが教えてくれたこと』の監督・脚本、『ジーサンズ はじめての強盗』の脚本を担当しています。今後が気になる監督さん。
同じような思いをしてきた働く女性たちは、自分を重ねて涙したはず。観終わったこちらも「やった!」とガッツポーズがしたくなる元気の出る映画です。久々にスカッとさせてもらいました。(白)


2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/127分
配給:20世紀フォックス映画
(C)2016 Twentieth Century Fox
http://www.foxmovies-jp.com/dreammovie/
★2017年9月29日(金)全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:11| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017 

yamadoki.png

会期:10月5日[木]〜12日[木] 8日間
会場:山形市中央公民館(アズ七日町)、山形市民会館、フォーラム山形、山形美術館、とんがりビル KUGURU ほか
公式HP: http://www.yidff.jp/home.html

1989年から隔年で開催されてきた「山形国際ドキュメンタリー映画祭」は、今年で記念すべき15回目となります。連携イベント含め約120作品が上映されます。

◆インターナショナル・コンペティション 15作品
121の国と地域から応募された1,146本より厳選した15作品を上映。
日本からは、『ニッポン国 VS 泉南石綿村』(原一男監督)と『願いと揺らぎ』(我妻和樹監督)の2作品。日本人監督作品が2作品入選したのは、97年開催以来20年ぶりの快挙。

◆アジア千波万波
アジアのドキュメンタリー作家を応援し、発表の場を生み出すことを目的にした部門。
63の国と地域から645本の応募。上映21作品のうち日本の作品は3作品。

◆日本プログラム
日本のいまを独自の視点で捉えたドキュメンタリーを紹介。

◆アフリカを/から観る
今年の目玉はアフリカ特集。様々な角度からアフリカを満喫。
第1部 自画像を描き直すアフリカ
第2部 アフリカの抱える課題 それぞれの視角
第3部 はじけるアフリカルチャー
関連イベントして、アフリカ音楽を味わいつくす「アフリカナイト」も開催。

◆共振する身体 −フレディ・M・ムーラー特集
『山の焚火』で知られている、スイスを代表する映画作家フレディ・M・ムーラーの特集。
初期の実験映画や、芸術家を対象とするドキュメンタリー作品をまとめて上映。1986年にアテネフランセ文化センターが特集上映を組んで以来、30年ぶり。
ムーラーは、山形で集団的映画製作を続けた、日本のドキュメンタリー映画作家・小川紳介とも親交があり、山形県牧野村を来日時に訪問している。

◆ともにある Cinema with Us
2011年3月11日の東日本大震災から生まれた作品を取り上げるプログラムの4回目。

◆政治と映画:パレスティナ・レバノン70s-80s

アラブに関する3回目の特集。
第1部 パレスティナ革命とミリタント映画
「ミリタント映画」 60年代末にはじまる世界的革命運動/闘争の中で、世界の映画人が、イギリス統治下の1930年代にまで遡る「パレスティナ革命」に共鳴して作った映画
第2部 ジョスリーン・サアブのレバノンそしてベイルート

◆やまがたと映画
「世界一の映画館」と言われながらも歴史的な大火の火元となった酒田市の伝説的映画館グリーン・ハウスをめぐる上映と展示。また、脚本家伊藤和典の実家である上山トキワ館にて撮影された押井守監督の実写作品の上映という、今はなき山形の二つの映画館についての企画を通して、我々と映画と地域を繋ぐ場所、映画館のマジックを浮かびあがらせる。

◆特別招待作品
本映画祭とも縁があり、作家として、批評家、研究者としても大きな功績を遺した松本俊夫監督を追悼し『薔薇の葬列』、三面マルチ上映『つぶれかかった右眼のために』ほかドキュメンタリー、実験映画の短中編を上映。
オープニング上映(松本俊夫追悼プログラムより)
『銀輪』『西陣』『つぶれかかった右眼のために』

クロージング上映
『表現に力ありや「水俣」プロデューサー、語る』

松本俊夫追悼プログラム
『薔薇の葬列』『銀輪』『西陣』『つぶれかかった右眼のために』 「松本俊夫短編集」

★山形国際ドキュメンタリー映画祭 東京記者会見の報告は、スタッフ日記をご覧ください。



posted by sakiko at 17:19| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

オン・ザ・ミルキー・ロード  英題:ON THE MILKY ROAD

on the milky road.jpg
監督・脚本:エミール・クストリッツァ(『パパは、出張中!』『アンダーグラウンド』)
音楽:ストリボール・クストリッツァ
出演:モニカ・ベルッチ、エミール・クストリッツァ、プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ、スロボダ・ミチャロビッチほか

ガチョウが走り回り、ロバがいななく、どこにでもありそうな村の風景。
でも、そこは銃弾がいつ飛んでくるかわからない戦争の真っ只中。
コスタは毎日、ロバに乗って前線にいる兵士たちにミルクを届けにいく。右肩に乗せたハヤブサが相棒だ。
コスタを雇っているミルク屋の娘ミレナは器量もよくて村一番の人気者。一途にコスタのことを思っている。母親が兵士の兄ジャガのために花嫁候補の娘を村に呼んだというので、兄と同じ日にコスタと結婚したいと夢見ている。なのに、ミレナが告白してもコスタは素っ気ない。
やがて、ジャガの花嫁候補がやってくる。ローマからセルビア人の父を探しに来て、戦争に巻き込まれたという絶世の美女だった。彼女とコスタは会った瞬間、激しい恋に落ちる。
そんなある日、突然の休戦協定。ジャガも戻ってきて、ミレナはダブル結婚式をと、コスタの気持ちはさておき、おおはしゃぎ。
ところが、ジャガの花嫁をかつて狂おしく愛していたという多国籍軍の英国将校が彼女を連れ去ろうと特殊部隊を村に送り込み、村を焼き払う。運良く生き残ったコスタは花嫁を連れて羊の群れに紛れ込んでの逃避行を決行する・・・


戦争中も人々の日々の営みは平時と同じように続き、恋もする。
ユーモア溢れる語り口の中に、戦争の悲哀をたっぷり感じさせてくれるエミール・クストリッツァ監督らしい作品。『パパは出張中』や『ライフ・イズ・ミラクル』が懐かしい。
主人公コスタを演じているのは、エミール・クストリッツァ監督ご本人。
そして、一目惚れして決死の逃避行を共にする絶世の美女には、監督が切望してモニカ・ベルッチを起用。
コスタにはつれなく振られてしまうミレナも実に魅力的。とてもパワフルな女性なのです。
そして、もっとパワフルなのがジャガとミレナの母親。狂ってばかりいる大時計に挑んで歯車にはさまれてしまう姿にあっぱれです。(咲)


2016年/セルビア・イギリス・アメリカ/2時間5分/アメリカンビスタサイズ/カラー
配給:ファントム・フィルム
公式サイト:http://onthemilkyroad.jp/
★2017年9月15日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開


【ウンザ!ウンザ!クストリッツァ!2017】
9月16日(土)〜29日(金) 東京都 YEBISU GARDEN CINEMAにて

<上映作品>
『アンダーグラウンド 完全版』
『アンダーグラウンド 通常版』
『ジプシーのとき』
『黒猫・白猫』
『SUPER8』
※『アンダーグラウンド 完全版』は前編と後編に分けて上映。鑑賞にはそれぞれのチケットが必要
公式HP:http://mermaidfilms.co.jp/unzaunza/
提供:ディスクロード、マーメイドフィルム 
配給:コピアポア・フィルム 宣伝:VALERIA 
後援:セルビア共和国大使館


posted by sakiko at 21:46| Comment(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2017 Focus on Asia International Film Festival Fukuoka

期間:2017年9月15日(金)〜24日(日) 10日間
会場:キャナルシティ博多 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13など
主催:アジアフォーカス・福岡国際映画祭実行委員会/福岡市
共催:国際交流基金アジアセンター

公式サイト:http://www.focus-on-asia.com/

☆オープニング・セレモニー
9月15日(金)19:15〜.
会場キャナルシティ博多B1Fサンプラザステージ
アジア各国からの監督・俳優ら豪華ゲストがキャナルの水上レッドカーペットに華やかに登場します。
どなたでもご覧いただけます。
登場ゲストはこちらで確認を! 
http://www.focus-on-asia.com/2017/dl/pdf/guest.pdf

◆オープニング上映
日時:9月15日(金)  開演:20時00分
上映作品:『ワンダーボーイ・ストーリー』
(2017年/シンガポール/ディック・リー監督、ダニエル・ヤム監督/96分)

◆クロージング上映 『巫女っちゃけん。』
9月24日(日)18:30〜 舞台挨拶あり

☆『巫女っちゃけん。』福岡国際映画祭上映記念トークイベント
2017年9月24日(日)16:00〜.
開催会場:キャナルシティ博多B1Fサンプラザステージ.
出演グ スーヨン監督、広瀬アリス(主演)
どなたでもご覧いただけます。
http://www.focus-on-asia.com/events/#link04


◆タイ大特集 「映画の美味でタイを釣る〜」
今年の特集は エビでタイを釣る!
8本のタイ映画が上映されるほか、・「タイ映画は幕の内弁当」と称して、7つのショートシンポジウムが開かれます。
http://www.focus-on-asia.com/events/#link03

☆シンポジウム
「パク・ジョンボムとユン・ジョンビンが語るチャン・リュルの世界」

9月16日(土) 『春の夢』上映後
http://www.focus-on-asia.com/events/#link02

その他、多彩な上映作品は、こちらで確認ください。
http://www.focus-on-asia.com/lineup/




posted by sakiko at 09:07| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

『デンジャラス・ドックス』  ドキュメンタリーオムニバス

dangerous docs.jpg


レバノンの難民キャンプ、松山・道後の祭、そしてロンドン・・・
それぞれの場所で捉えた人間模様

◆Vol.1『男が帰ってきた』(A Man Retuned)
監督:マハディ・フレフェル 
2016年/ レバノン/33分
ベルリン国際映画祭2016・短編部門 銀熊賞受賞
ヴィンタートゥール短編国際映画祭2016・国際部門グランプ リ受賞 
ウィーン短編国際映画祭2016・国際部門グランプリ受賞

暗闇で電話する男。「どんな不可能も可能にしなくては」「神が守ってくださる」
26歳のレダ。レバノンのパレスチナ難民キャンプ、アイン・ヘルワを脱出し、3年間ギリシャに滞在していたが、強制送還され戻ってきた。恋人との結婚を決意するレダ・・・

7段はあるウェディングケーキにナイフを入れ、生演奏にあわせて踊る二人。そんな結婚式の日にも、レダは裏でヘロインを売る。レダも連れ帰った猫も薬中。薬に頼って生きていくしかないのか、花嫁は知っているのか・・・とちょっとつらい気持ちに。


◆Vol.2『渦』(UZU)
監督:ガスパール・クエンツ
2016年 /日本/27分
ベロオリゾンテ短編映画祭2016・審査員特別賞受賞。
シネマ・アイ・オナーズ2016短編部門・世界の10作品に選出
セルビア民族学映画祭2017グランプリ

大きな神輿の周りに集まる男たち。掛け声に合わせて担ぎ上げ前進する。決して地につけてはいけない。必死で下にもぐりこみ、血を出し、担ぎ出される男も・・・
大神輿を中心に男たちが渦巻く様を捉えた一作。

愛媛県松山市道後で行われる秋祭り。
日本在住15年になるフランス人監督の目線で捉えた祭りに挑む男たち。


◆Vol.3『シット・アンド・ウォッチ』(Sit and Watch)
監督 フランシスコ・フォーブス、マシュー・バートン
2016年/イギリス/37分
ヴィジョン・デュ・レール国際映画祭2016・中編グランプリ 受賞

会議場、オンラインでSEXを見せる仮面の男女、テムズ川のボートツアーガイド、ムエタイのボクサー、深夜バスで喧嘩する乗客、そして、色の違う様々な人種の集う聖書研究会。
ボートがロンドンの町を静かに移動していく。移民や貧困層の住む高層アパートから、国会議事堂へ・・・

同じロンドンの町でも、これだけ様々な日常がある。
だからって、多様な社会の中で、自分を受け入れて生きるしかないなぁ〜

配給:神宮前プロデュース
3作品合計100分 
公式サイト:http://jgmp.co.jp/docs
★2017年9月23日(土)より渋谷ユーロスペース、9月30日(土)より新宿ケイズシネマにて公開 



「あゝ、デンジャラス祭りin 新宿ど真ん中」
新宿のど真ん中「モア4番街」を1日封鎖しての映画祭。

【日時】9月21日(木)

14:00より予告編・特別映像等、各種映像上映
17:00/20:10『あゝ、荒野』ダイジェスト(爆音サイレ ント上映)
18:30/19:20『デンジャラス・ドックスvol.2/渦 』(爆音サイレント上映)

https://shinjuku0921.tumblr. com/




posted by sakiko at 17:40| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする