2017年07月30日

ロスト・イン・パリ(原題:Paris pieds nus)

lost in paris.jpg

監督・脚本:ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン
出演:ドミニク・アベル(ドム)、フィオナ・ゴードン(フィオナ)、エマニュエル・リヴァ(マーサおばさん)、ピエール・リシャール

雪深いカナダの田舎に住む図書館司書のフィオナのもとに、パリに住んで48年のマーサおばさんから手紙が届いた。「フィオナ助けて!老人ホームに入れられてしまう」とあった。フィオナは生まれて初めての大都会パリへと訪ねて行く。ようやく家を探し当てたけれど、おばさんはいなかった。探しながら町を歩くうちに、セーヌ川に落ちて、全てが入ったバッグパックと携帯をなくしてしまう。カナダ大使館で思わず泣きだしたフィオナに、気の毒になった大使館員は食事券を差し出す。
フィオナのバッグを拾い上げたのはホームレスのドムだった。思わぬ臨時収入に喜んだドムはレストランで食事、そこにやってきたフィオナを誘ってダンスをしたりとご機嫌。一方マーサおばさんは、ホームに入れられるのを嫌って逃げ回っていた。

製作、脚本、監督のドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン夫妻の本業はクラウン(道化師)。長年培った身体そのものの表現力で、観客の目をくぎ付けにします。台詞がないときでも軽妙な動きで豊かな感情が現れてきます。考え抜かれたアニメーションのキャラクターが動いているようにも見えます。二人のほかに登場するのは、ベテランの名優たち。
マーサおばさん役のエマニュエル・リヴァは、ミヒャエル・ハネケ監督作『愛、アムール』(2012)の演技によりアカデミー賞R 主演女優賞に史上最年長でノミネートされました。惜しくも2017年1月89歳で亡くなられましたが、この作品に“物忘れはするけれど自立心旺盛なマーサ”の元気で愛らしい姿が残りました。(白)


2016年/フランス、ベルギー/カラー/1:1.85/83分
配給:サンリス
cCourage mon amour-Moteur s'il vous plaît-CG Cinéma
http://www.senlis.co.jp/lost-in-paris/
★2017年8月5日(土)渋谷ユーロスペースほか全国順次公開


posted by shiraishi at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

ブレンダンとケルズの秘密(原題:The Secret of Kells)

burendan.jpg

監督:トム・ムーア、ノラ・トゥーミー
脚本:ファブリス・ジョルコウスキー
音楽:ブリュノ・クーレ
出演:エバン・マクガイア(ブレンダン)、ブレンダン・グリーソン(アボット・ケルアッハ)、クリステン・ムーニー(アシュリン)、ミック・ライリー(エイダン)

9世紀のアイルランド。少年僧のブレンダンは高い塀に囲まれた修道院で修業中の身。名高い修道士のエイダンが「聖なる書」を抱えてスコットランドから逃れてきた。バイキングが暴れまわっており、ここまでやってくるのも近いかもしれない。塀の完成を急ぐ修道僧たち。エイダンは知恵と力の源となる「聖なる書」を完成させるために、ブレンダンに「インクの材料になる植物の実」が必要だという。
ブレンダンは実を探しに魔法の森に分け入っていく。オオカミに襲われそうになったとき、妖精の少女アシュリンが現れ、実を探す手助けをしてくれる。

海の妖精と人間の交流を描いたファンタジー『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』(2016年日本公開)のトム・ムーア監督のデビュー作品。『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』は青の濃淡の色使いが印象的でした。こちらはアイルランドカラーの鮮やかな緑の濃淡が美しいです。少年少女の出会いにバイキングと人々の闘いもあり、なかなかドラマチックにできています。ふんだんに使われているケルト文様が美しい〜。
エイダンが大切に書き継いでいる「聖なる書」は、聖書の写本[ケルズの書]のことで、ケルト文様と呼ばれる独特の装飾がどのページにも描かれています。ダブリン大学図書館に350年間保管されている国宝であり、今も多くの人が見学に訪れています。日本でも画像を多く掲載した書籍が出版されていますが、買うには高額なので図書館から借りて、緻密な文様と羽ペンで書かれたらしいカリグラフィー(書き文字)にうっとりしています。(白)


2009年/フランス、ベルギー、アイルランド合作/カラー/75分
配給:チャイルド・フィルム、ミラクルヴォイス
(C)Les Amateurs, Vivi Film, Cartoon Saloon
http://secretofkells.com/
★2017年7月29日(土)YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国順次公開。
posted by shiraishi at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

パリ・オペラ座〜夢を継ぐ者たち〜 (原題 BACKSTAGE)

チラシ.jpg


監督:マレーネ・イヨネスコ
出演:マチュー・ガニオ,アニエス・ルテステュ,ウリヤーナ・ロパートキナ,オニール八菜,バンジャマン・ペッシュ 他

1.jpg


フランス国王ルイ14世によって創設された由緒正しきバレエ団、パリ・オペラ座。356年にわたって、世界中から愛され続けているバレエの殿堂。果たして、その伝統のバトンは、どうやって渡されてきたのか?エトワールの過酷なまでの練習風景や、ドラマティックなクリエイションの舞台裏を追いかけると共に、伝統を受け継ぎ、次に伝えて行く者たちの真実に迫る。

2.jpg


『ロパートキナ 孤高の白鳥』などバレエ・ドキュメンタリーに人生を捧げているマレーネ・イヨネスコ監督の最新作。世界最古のバレエ団のハードなスケジュールや舞台裏を追いかける…だけではなくコンテンポラリー・ダンスの最先端を走る振付家ウィリアム・フォーサイスにも迫っています。フォーサイスって振付家と言うより芸術家、天才!! フォーサイスの場面は必見です。そういえばドキュメンタリー映画界の巨匠・ワイズマンもオペラ座のドキュメンタリーを作っていて、それはダンサーのお尻ばっかり追っかけていた…。 (千)

3.jpg


(C)DelangeProduction2016
2016年/フランス/配給ショウゲート
公式サイト  http://backstage-movie.jp/
★7月22日(土)より渋谷文化村ル・シネマほか全国順次公開


posted by chie at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

ダイ・ビューティフル(原題:Die Beautiful)

die.jpg

監督:ジュン・ロブレス・ラナ
脚本:ロディ・ベラ
撮影:カルロ・メンドーサ
音楽:リカルド・ゴンサレス
出演:パオロ・バレステロス(トリシャ)、ジョエル・トーレ(トリシャの父)、グラディス・レイエス(トリシャの姉)、クリスチャン・バブレス(バーブ)

ミス・ゲイ・フィリピーナで念願のミスコン女王に輝いた直後、急死してしまったトランスジェンダーのトリシャ。彼女の遺言は「ゴージャスなセレブメイクで、美しい姿で逝きたい」というもの。それも日替わりで7日間。トリシャの父親は元の男性の姿に戻そうと反対するが、友人達は彼女の遺言どおりにして送るべく、病院から遺体を盗み出す。そして腕によりをかけてトリシャに美しいメイクを施すのだった。
IMG_1787s.jpg

昨年10月の東京国際映画祭で主演男優賞と観客賞に輝いた作品。フィリピンでトランスジェンダーのトリーシャを妖艶かつ可愛らしく演じたパオロ・バレステロス、ご覧のとおりのイケメンです。メイクは全部彼自身がしているので、監督は「メーキャップ担当を雇わなくて済んで助かった」そうです。「男優賞・女優賞どちらでしょうか」という記者の質問にパオロは「どっちも!」と回答。場内大ウケでした。「日本の観客にこんなに喜んでもらえて嬉しい」と声を詰まらせていたロブレス監督。フィリピンでトランスジェンダーの殺害事件があり、心無い中傷をした人たちにもっと理解してほしいと思って企画した作品だそうです。ありのままの自分に誇りを持ち、最後まで自分らしく美しく生きたトリシャの波乱の物語をご覧ください。(白)

2016年/フィリピン/カラー/ビスタ/120分
配給:ココロヲ・動かす・映画社○
(C)The IdeaFirst Company Octobertrain Films
https://www.cocomaru.net/diebeautiful
★2017年7月22日(土)より新宿シネマカリテにてロードショー
posted by shiraishi at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君はひとりじゃない(原題:Body/Cialo)

kimiha.jpg

監督:マウゴシュカ・シュモフスカ
脚本:マウゴシュカ・シュモフスカ、ミハウ・エングレルト
撮影:ミハウ・エングレルト
出演:ヤヌシュ・ガヨス(ヤヌシュ)、マヤ・オスタシェフスカ(アンナ)、ユスティナ・スワラ(オルガ)

検察官のヤヌシュは妻を亡くし、娘のオルガと二人で暮らしている。オルガは母親が亡くなってから心を閉ざしてしまい、摂食障害を患って日に日にやせ細っていた。そんな娘をどう扱っていいかわからないヤヌシュは、セラピストのアンナのもとへオルガを連れていく。アンナは独自の療法で傷ついた人々癒していたが、自身も8年前に生まれたばかりの息子を亡くし、仕事と愛犬が心の支えだった。

最初に現れるのが、外で首つり自殺をした男性と検死の人々。ヤヌシュもこの中にいますが、みんながあれこれやっているときに遺体が突然スタスタと歩き出し、向こうへ行ってしまいます。誰も気にせず、観ているこちらは「何?!」とあっけにとられてしまいました。
ヤヌシュは仕事柄毎日のように死体を見て感覚がマヒしているのか、どんなに陰惨な現場の遺体であっても、それはすでにモノ。平気でランチの肉にかぶりつき、後輩に奇異の目で見られます。妻が死んだ後、家の中で起こる現象も不思議とは思いません。娘オルガは父親を嫌い、セラピーでその憤懣をぶつけます。
このオルガ役のユスティナ・スワラは全くの素人、シュモフスカ監督がfacebookで彼女の写真に目を止めて、出演することになったのだとか。痩せ細った身体が痛々しいですが、なかなかの目力です。アンナ役のマヤ・オスタシェフスカは映画と舞台で活躍する女優。声がおなかの底から出ています。観る人によって、シリアスにもコメディにもとれるふり幅の大きい作品。もう亡くなってしまった大切な人がそばで見守っていてくれるといいなぁ、と思います。たまには目もつぶって。
2015年東京国際映画祭ワールドフォーカス部門で上映。この年の第65回ベルリン国際映画祭で銀熊賞受賞、本国ポーランドでも多数受賞しています。(白)


2015年/ポーランド/カラー/90分
配給:シンカ
(C)Jacek Drygala
http://hitorijanai.jp/
★2017年7月22日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。