2017年06月25日

ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女   英題:THE LAST PRINCESS

last princesss.jpg

監督:ホ・ジノ(『八月のクリスマス』『春の日は過ぎゆく』『四月の雪』『きみに微笑む雨』)
出演:ソン・イェジン(『四月の雪』『私の頭の中の消しゴム』)、パク・ヘイル(『殺人の追憶』、ユン・ジェムン、ペク・ユンシク、ラ・ミラン、戸田菜穂

「朝鮮」から「大韓帝国」へと国号が変わり、李氏朝鮮第26代国王・高宗(コジョン)が初代皇帝の座についていた日本統治時代。高宗(コジョン)の娘である徳恵翁主(トッケオンジュ)の激動の人生を描いた物語。
7歳の時、目の前で父を毒殺される。わずか13歳で日本に留学させられ、大学卒業後も祖国への帰国を許されない日々を過ごす徳恵(ソン・イェジン)の前に、かつて父が結婚相手に考えていたジャンハン(パク・ヘイル)が現われる。大日本帝国軍少尉である一方、密かに朝鮮独立運動に尽力していた。徳恵と対馬藩主の子息・宗武志(キム・ジェウク)との政略結婚が決まり、残された道は亡命のみ。甥のイ・ウ王子(コ・ス)やジャンハンが上海臨時政府に亡命させようとするが失敗する。その時を最後に徳恵とジャンハンは引き離されてしまう。
宗武志と結婚し、娘も出産するが、やがて徳恵は心を病んで入院する。そして、日本敗戦。だが、韓国初代大統領となった李承晩は徳恵の帰国を許さなかった。1961年、朴大統領が就任し状況が変わる。新聞記者となったジャンハンは、徳恵を帰国させようと日本に赴く・・・

日本統治時代、政略結婚で韓国の王室に嫁がれた方子(まさこ)さまのことは知っていましたが、逆の立場の皇女さまがおられたことを、この映画を通じて初めて知りました。実は、韓国でも徳恵翁主のことは、あまり知られていないそうです。一方、方子さまは奉仕活動もされて、韓国ではいいイメージで受け止められて、尊敬されている方と監督から伺いました。宮家のご出身で気品のある方子さまを演じた戸田菜穂さんも気品があって適役だったと監督。戸田菜穂さんは、日本でリメイクされた『八月のクリスマス』に出演していて、ご縁があるとも監督は語りました。★監督インタビューは本誌100号 および 特別記事でお届けします。

徳恵翁主の人生を、ドラマティックに脚色して描いていますが、日韓併合時代を生きた人たちの様々な運命にも思いの至る物語です。(咲)


2016年/韓国/127分/カラー/5.1chデジタル
配給:ハーク
公式サイト:http://www.lastprincess.info
★2017年6月24日(土) シネマート新宿ほか全国順次公開
posted by sakiko at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふたりの旅路   原題:MAGIC KIMONO

futgarino tabiji.jpg

監督・脚本・編集:マーリス・マルティンソーンス
出演:桃井かおり、イッセー尾形、アルトゥールス・スクラスティンス、マールティンシュ・シルマイス、アリセ・ポラチェンコ、木内みどり、石倉三郎

神戸に住むケイコ(桃井かおり)は、不慮の事故により娘を亡くし、さらに阪神・淡路大震災ですべてを失う。夫も行方不明だ。それ以来、自分の殻に閉じこもって1人淋しく暮らしてきた。いつしか20年の月日が流れ、ケイコは神戸の姉妹都市であるラトビアの首都リガで開催される着物ショーに出演することになる。1枚の黒留袖を携えて訪れたリガの町で、ケイコは震災で行方不明になっていた夫(イッセー尾形)と再会する・・・

神戸とリガの姉妹都市提携40周年を記念しての共同製作。
神戸の高架下商店街、元町駅山側付近、摩耶山中腹にある灘丸山公園から眺めた神戸港など、神戸の町の断片が出てきて、ちょっと懐かしい。(神戸の東端で育った私には、どちらかというとそれほど馴染みのない景色だけど!) リガの町並みも美しい。

行方不明になった夫との再会は現実なのか夢なのか・・・ 喪失感が幻想を生んだのでしょうか。愛する人を突然失った悲しみは、時がぬぐいさってくれるものでないことを、つくづく感じさせられました。(咲)


2015年/ラトビア・日本/89分/カラー
配給:エレファントハウス
公式サイト:http://www.futarimovie.com
★2017年6月24日(土)より、渋谷ユーロスペース、丸の内TOEI他全国順次公開
posted by sakiko at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありがとう、トニ・エルドマン   英題:Toni Erdmann

toni erdomann.jpg

監督: マーレン・アデ
出演: ペーター・ジモニシェック、サンドラ・ヒュラー

イネスは、大手コンサルタント会社の社員としてブルガリアの首都ブカレストのオフィスで働くキャリア・ウーマン。たまにドイツの実家に帰っても、父と話すこともなく仕事の電話ばかりしている。そんなイネスを心配して、ある日、父が前触れもなくブカレストにやって来る。大手石油企業との契約更新をかけた重要プロジェクトで頭がいっぱいのイネスは、そんな父をかまっていられない。仕事上のレセプションに父であることを隠して同席させたりするが、いつになく元気のない父。ようやく愛犬が亡くなったことを知るイネス。やがて父はドイツに帰っていくが、ほどなくして、トニ・エルドマンと名乗る男がやって来る。出っ歯の入れ歯をして変装した父だった・・・

トニ・エルドマンは、仕事でいっぱいいっぱいのイネスの前に、いろんな姿でふっと現われます。ほんとに神出鬼没! 中でも、2メートルはある毛むくじゃらの「クケリ」という幸せを呼ぶ精霊になったトニ・エルドマンは最高! 娘を思う親心にほろっとさせられます。
なんだかよくワケがわからないけど、トニ・エルドマンが現われるたびに、笑わせられました。(咲)


本年度アカデミー賞・外国語映画賞ノミネート

2016年/ドイツ=オーストリア/カラー/162分/5.1ch/1:1.85
配給: ビターズ・エンド
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/tonierdmann/
★2017年6月24日(土)よりシネスイッチ銀座、新宿 武蔵野館ほか、全国順次ロードショー!
posted by sakiko at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする