2017年06月11日

レイルロード・タイガー(原題:鉄道飛虎 Railroad Tigers)

railroad.jpg

監督・脚本:ディン・シェン
出演:ジャッキー・チェン(マー・ユェン)、ホアン・ズータオ(ダーハイ)、ワン・カイ(ファン・チュアン)、ワン・ダールー(ダーグォ)、ジェイシー・チェン(ルイ)、池内博之(山口)

1941年、第2次世界大戦下の中国。マー・ユェンは鉄道の仕事をしながら、仲間たちとしばしば日本軍の物資を盗み出していた。日本軍にはゲリラ隊「レイルロード・タイガース」と知られていたがまだ尻尾をつかませず、うまく立ち回って妨害していた。日本軍との攻防で辛くも生き残った中国軍の若い兵士ダーグォを助けたマーは、ダーグォがしかけようとしていた鉄橋の爆破計画を知る。仲間たちとダーグォの遺志を継ごうとするが、日本軍の指揮官山口らが立ちはだかり、決死の闘いを繰り広げる。

監督・脚本のディン・シェンはジャッキーと『ラスト・ソルジャー』 (2010)『ポリス・ストーリー/レジェンド』 (2013)、本作と合作が続いています。今回は武術の達人でも警察官でもない、普通の男でいなければならなかったので逆に大変だったかも。列車の内外でのアクションは相変わらず凄いです。何事もよく気がつくジャッキーのことだから、主演だけでなくスタント・チームや若い俳優への気配りもきっとしたはず。
ジャッキーの実子のジェイシー・チェンのほか注目の若手がたくさん出演しています。人気K-POPグループ「EXO」の元メンバー、ホアン・ズータオは元仕立て屋のダーハイ。武器はハサミ。中国兵役のワン・ダールーは読み方が違いますが、『私の少女時代』(2016/台湾)のダレン・ワンです。ラストにも特別出演の人がいますので、お見逃しなく!池内博之は『イップ・マン 序章』(2011)『スイートハートチョコレート』(2016)と中国作品に登場しています。2018年に公開の『追捕 MANHUNT』(ジョン・ウー監督)にも出演するとか。
「鉄道飛虎」で動画サイトを検索すると、ジャッキーと若手俳優たちが主題歌を歌っているようすが見られます。楽しそう。(白)


2016年/中国/カラー/シネスコ/124分
配給:プレシディオ
(C)2016 BEIJING SPARKLE ROLL MEDIA CORPORATION SHANGHAI FILM GROUP CO., LTD. BEIJING GOING ZOOM MEDIA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
http://railroadtiger-movie.jp/
★2017年6月16日(金)運行開始!
posted by shiraishi at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パトリオット・デイ(原題:Patriots Day)

patriot day.jpg

監督・原案・脚本:ピーター・バーグ
撮影:トビアス・A・シュリッスラー
音楽:トレント・レズナー&アスティカ・ロス
出演:マーク・ウォールバーグ(トミー・サンダース)、ケビン・ベーコン(リック・デローリエ)、ジョン・グッドマン(エド・デイヴィス)、J・K・シモンズ(ジェフ・ピュジリーズ)、ミシェル・モナハン(キャロル・サンダース)

2013年4月15日「パトリオット・デイ(愛国者の日)」。歴史あるボストンマラソンの警備についていた殺人課のトミー・サンダースの背後で大爆発が起こった。ただちにマラソンは中止、混乱する観客を避難させ負傷者の搬送にあたる。FBIの捜査官リックは現場を確認しすぐに「テロ」と判断。管轄はFBIに移り大規模な捜査が始まった。地元の警察官のトミーたちは、犯人の確定や足取りをつかむために丁寧に情報を集めて歩く。

2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件を元に、一般には知られなかった捜査の裏側をまるでドキュメンタリーのような緊迫感をもって再現。
ピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグは『ローン・サバイバー』(13)、『バーニング・オーシャン』(16)、本作と3本続けてのタッグ。ウォルバーグ演じるトミーは、他の実名の人たちと違って何人かの複合体キャラだそうです。しかし彼はすっかり「頼れる男」になりました。おやじ熊のぬいぐるみとバカ話をするのも似合うけれど、第2のトム・ハンクスになるのかもしれません。彼が出てきたらもう安心って!?ケヴィン・ベーコンは『COP CAR/コップ・カー』の悪徳警官が強烈で、今度はFBIで裏切る?などと思ってしまいました。刷り込みはあぶない。
2020年には東京オリンピックが開催されます。他人事ではなく、かたずをのんで見守りました。捜査官たちの奮闘とスピーディな解決への道、ボストンの市民たちの愛と団結は感動ものです。犯人側の描写もありますが、その心情の本当のところがわかりません。ただ信仰のためだけではないでしょう。世界の不均衡や格差?命がけでテロを起こし、無辜の人々を殺傷することで、彼らの理想に近づけた?彼らを突き動かす基になるものがあるうち、テロも戦争もなくならないのでしょう。誰もが幸せな世界には程遠く、私も貝になりたい。(白)


2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/133分
配給:キノフィルムズ
(C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved
★2017年6月9日(金)より公開中
posted by shiraishi at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

残像   原題:Powidoki  英題:AFTER IMAGE

zanzou.jpg

監督:アンジェイ・ワイダ 
脚本:アンジェイ・ワイダ、アンジェイ・ムラルチク 
撮影:パヴェウ・エデルマン
出演:ボグスワフ・リンダ、ゾフィア・ヴィフラチュ

ポーランドの前衛画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキの悲劇的な後半生を描いた物語。
中部の都市ウッチの造形大学で教鞭をとっていたストゥシェミンスキは、ユニズム理論の共同提唱者で、近代絵画の救世主として崇められていた。
第二次大戦後、ポーランドはソ連の影響下におかれ、スターリンによる全体主義の中で、芸術は政治理念を反映すべきものだと強制されていく。そんな中、彼は決して屈することなく芸術の自由を求めて闘った。その結果、大学教授の地位を追われ、食料配給も、画材の購入資格も剥奪されてしまう。どん底に陥った彼は、病に罹るが、大学関係者は見放す。前衛詩人ブシポシなど一握りの友人や学生が彼を尊敬し支える。学生たちの助力で市役所に雇われるが、その仕事はプロパガンダ看板を描くという屈辱的なものだった。やがて絵筆を握ることも許されなくなり、ショーウィンドゥのマネキンの飾り付けの仕事をさせられる・・・

2016年10月9日に享年90で急逝したアンジェイ・ワイダ監督の遺作となってしまった『残像』。個人の自由が全体主義に押し殺されていく様をひしひしと感じさせてくれました。
冒頭、戸外の丘の上での絵画の授業を終えて、足の不自由なストゥシェミンスキが、笑いながら草の上を転がって降りるのをみて、生徒たちも一緒に転がって降りるのですが、のびのびとした自由を象徴しているように見えました。
別れた妻が亡くなり、ひっそりとした葬列を、娘が赤いコートで追います。極寒の中、母親の葬儀に赤いコートしか着ていくものがない娘・・・ やるせない思いがぐっと迫ります。

レジスタンスの体験を基にした『世代』(54)、対ソ連の地下抵抗運動を描いた『地下水道』(56)、第2次大戦前後のポーランド社会の流転を描いた『灰とダイヤモンド』(58)など、「抵抗3部作」で国際的な評価を獲得したワイダ監督。
晩年の作品では、『カティンの森』や『ワレサ 連帯の男』が印象的です。『残像』は、時代に翻弄される個人を描いた作品。まだまだ描きたい題材があったことと惜しまれます。いつしか、こういうテーマの映画が作れなくなる時代が来るかもしれないことにも思いが至ります。(咲)


2016年/ポーランド/ポーランド語/98分/カラー/シネスコ/ドルビー5.1ch/DCP
後援:ポーランド広報文化センター 提供:ニューセレクト 
配給:アルバトロス・フィルム 
公式HP:http://zanzou-movie.com/
★2017年6月10日(土)、岩波ホールほか全国順次公開
posted by sakiko at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝 (原題 危城 Call of Heroes )

<サモ・ハンis BACK!>!
第2弾『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』

【日本版ポスター】コール・オブ・ヒーローズ_R.jpg


劇場公開日 2017年6月10日
東京・新宿武蔵野館、大阪・シネマート心斎橋ほか全国で順次公開

監督 ベニー・チャン
アクション監督 サモ・ハン
製作 ベニー・チャン アルビン・ラム製
作総指揮 ダニエル・ラム
脚本 ベニー・チャン
キャスト
エディ・ポン マー・フン
ラウ・チンワン ヨン・ハックナン
ルイス・クー チョウ・シウロン
ウー・ジン チョン・イック
ユアン・チュアン ジョン・スースー
ジャン・シューイン パク・レン
リウ・カイチー リウ
シン・ユー ワン
サミー・ハン チャン・ウー
フィリップ・キョン ティッガウ

血湧き肉踊る、迫力あるアクションの連続の熱きドラマ。香港映画界のレジェンド、サモ・ハンの最新作を連続公開する<サモ・ハンis BACK!>の第2弾は、サモ・ハンがアクション監督として、アクション映画に定評があるベニー・チャン監督との初コラボレーション『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』。

1914年。内戦下の中国。ヨン・ハックナン率いる自警団に守られ、貧しくも平和に暮らしている地方の村「普城」に、あちこちで略奪・虐殺を続ける悪名高い北洋軍閥勢力が迫っていた。北洋軍閥を率いるチョウ・イン将軍の息子で冷酷非情なチョウ・シウロンは、村に単身乗り込み避難してきていた教師のパク・レンやその教え子を含む3人を容赦なく殺害し、自警団に逮捕された。村はチョウ・シウロンの死刑を決めるが、そこへ北洋軍閥の将校チョン・イックが来て、拒否すれば総攻撃をかけて村民を皆殺しにするといって、チョウ・シウロンの釈放を要求する。ヨン団長は断固拒否し徹底抗戦を主張する。だが、村の有力者たちは怯え要求を呑んでしまう。自警団を解散したヨンは、女性や子供、若い団員たちを村の外へ逃がすと軍閥の入村を待った。村へ乗り込んできた軍閥はチョウ・シウロンを解放すると約束を破り略奪と虐殺を始めた。そのとき、ヨンと一緒に立ち向かったのは、一旦村を出たけど戻ってきた流れ者のマー・フンやヨンの妻ジョウ。そして自警団のメンバーだった。
サブ1_R.jpg
サブ7_R.jpg

襲い掛かかってきた軍閥から村を守るために戦う勇士たち。『七人の侍』を思わせるようなシチュエーション。壺を使ったアクションが見もの。それにしてもウー・ジンのアクションのキレはすごい。それに負けじと頑張っているエディ・ポンのアクションも見事だった。彼は、この数年で大きく演技の幅を広げたと思う。ベニー・チャンとサモ・ハンのコラボで、迫力あるアクションシーンを観ることができた。そして、ラウ・チンワンとルイス・クー、ベテラン二人の演技があって、ただアクションだけではないドラマを見せてくれる。(暁)

サブ9_R.jpg

c2016 Universe Entertainment Limited.All Rights Reserved.
製作年 2016年 製作国 中国・香港合作 上映時間120分
配給 ツイン
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト http://sammohungisback.com/call_1.html
posted by akemi at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

セールスマン  原題:forushande   英題:Salesman

salesman.jpg

監督アスガー・ファルハディ
出演:シャハブ・ホセイニ、タラネ・アリドゥスティ

無秩序に開発の進む大都市テヘラン。小さな劇団に所属している国語教師エマッドと妻ラナ。二人の住むアパートが、隣の土地を掘り起こしている影響で崩壊の危機に。そのことを知った劇団仲間に、空いている部屋があると紹介されて引越すが、そこには前の住人の荷物がまだ残されていた。
「セールスマンの死」の初日舞台を終えて、舞台化粧も落とさないまま先に帰宅した妻が、浴室で何者かに襲われる。置き忘れていた車の鍵から、近くに止めてあったトラックの主が犯人だろうと目星をつけて追うエマッド。ラナは、襲われたことを知られたくないので不問にしたい・・・

ベルが鳴って、てっきり夫が帰ってきたと思って、インターフォンで確認しないままドアの解錠ボタンを押してしまったラナ。隣人たちの言葉の端から、前の住人は娼婦だったらしいと判明する。どうやら犯人は、馴染みの客。しかし、夫エマッドがおびきよせた男は、予想もしない人物だった・・・と、サスペンスの要素もたっぷり。最後の最後まで固唾をのんで見守りました。
思いもかけない出来事から、夫婦の気持ちが微妙にすれ違い始めるのは、どこの世界でもありえること。「名誉」を重んじたい女心や、「恥」から逃げたい男心も描かれていて、昨今の日本で報じられるニュースが頭をよぎります。
普遍的なテーマが根底に流れている一方、ご近所付き合いの密なところ、パン屋さん、乗り合いタクシーなどイラン人の日常も垣間見られるのも、作品の魅力。
エマッドの受け持つ国語の授業では、Gholam-Hossein Saediの小説「牛」が取り上げられていて、映画を観たいなという生徒たちの要望で、メヘルジューイー監督の名作『牛』(1969年)を見せる場面も出てきます。娯楽映画がもてはやされた革命前のイランでは珍しい社会派の映画。「次の週までに詩を暗記してきて」という言葉も出てきて、詩を大切にしてきた伝統が今でも生きていることを感じます。乱開発される大都会との対比とも見て取れるでしょうか。(咲)


6月10日の公開にあわせて、主演女優タラネ・アリドゥスティさんが来日します。
登壇するイベントも盛りだくさん。詳細については、こちらで確認ください。
http://cinemajournal.seesaa.net/article/450516265.html

第69回カンヌ国際映画祭 脚本賞・主演男優賞W受賞
第89回アカデミー賞R外国語映画賞受賞

2016年/イラン・フランス/124分
配給スターサンズ/ドマ
公式サイト:http://www.thesalesman.jp
★2017年6月10日(土)Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
posted by sakiko at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。