2017年05月28日

ローマ法王になる日まで   原題:Chiamatemi Francesco - ll papa della gente

roma houou.jpg

監督・原案・脚本:ダニエーレ・ルケッティ
主演:ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、セルヒオ・エルナンデス、ムリエル・サンタ・アナ、メルセデス・モラーン

現ローマ法王フランシスコの半生を描いた物語。
2013年3月、第266代ローマ法王に就任したホルヘ・マリオ・ベルゴリオは、イタリア移民2世のアルゼンチン人。266代にして、史上初のアメリカ大陸出身のローマ法王。

コンクラーベ(法王選挙)のためにバチカンを訪れたベルゴリオは、自身の半生を振り返る。
1960年、ブエノスアイレス。大学で化学を学んでいたベルゴリオは、神に仕えることが自分の道と確信し、イエズス会に入会する。35歳の若さでアルゼンチン管区長に任命される。時は、ビデラ大統領による軍事独裁政権。多くの市民が反政府として捕らえられ、謎の失踪を遂げる。
ベルゴリオのもとに、家族が行方不明になった一般市民や彼らを支援する神父たちが相談に訪れるが、神学校にも軍のスパイの神父がいて、安全な場ではなかった。ベルゴリオは行方不明者の家族の訴えに耳を傾けるオリベイラ判事に助言を求めるが、彼女も軍に目を付けられて、職場を追われる。恩師エステルの妊娠中の娘も失踪したと知り、ベルゴリオはたった一人でビデラ大統領官邸を訪れる。やがて、行方不明者家族の会のメンバーとして活動していたエステルと友人たちも、密告により逮捕されてしまう・・・

カトリック世界を描いた宗教的な物語かと思っていたら、1970年〜80年代のアルゼンチンの独裁政権時代を中心に描いていて、過酷な時代を経てきたことが、法王フランシスコの弱者への温かい眼差しを作ったことをずっしり感じさせてくれるものでした。
『チリの闘い』(パトリシオ・グスマン監督)や、『アルジェの戦い』(ジッロ・ポンテコルヴォ監督)を彷彿させられる内容で、独裁政権に対して果敢に闘う市民の物語にもなっています。なおかつ、独裁政権が、いかに卑劣な手段で市民を抹殺したかも描かれていて、胸が痛みます。

選挙運動中に、「メキシコ国境に壁を作る」と発言したトランプに、「壁ではなく橋を」と苦言を呈したフランシスコ法王。この度、トランプ大統領との対談が実現しましたが、成金のトランプに、清貧のフランシスコ、二人きりの場で、どんな会話がなされたのか気になるところです。(咲)


2015/イタリア/スペイン語、イタリア語、ドイツ語/カラー/113分/2.39:1/ドルビーデジタル
提供・配給:シンカ・ミモザフィルムズ
後援:駐日バチカン市国ローマ法王庁/在日アルゼンチン共和国大使館/イタリア大使館/イタリア文化会館/セルバンデス文化センター東京
推薦:カトリック中央協議会広報
公式サイト:http://roma-houou.jp/
★2017年6月3日(土) ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA 他にて全国公開
posted by sakiko at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Viva!イタリアVOL.3 『日々と雲行き』『Viva!公務員』『マフィアは夏にしか殺(や)らない』 

viva italia.jpg

今年で3回目となる≪Viva! イタリア≫。
過去に「イタリア映画祭」で紹介された作品が3本上映されます。
どれも、いかにもイタリアらしい作品です。

◆『日々と雲行き』 
原題:GIORNI E NUVOLE  英題:DAYS AND CLOUDS 
監督:シルヴィオ・ソルディーニ 
出演:マルゲリータ・ブイ/アントニオ・アルバネーゼ

 一人娘が成人し、豪邸で仲睦まじく暮らす ミケーレとエルサの中年夫婦。妻のエルサは、フレスコ画の研究に打ち込む日々。だが、夫のミケーレが共同経営者から外されてしまい失職してしまう・・・

イタリア・アカデミー賞 最優秀主演女優賞・最優秀助演女優賞/モスクワ国際映画祭 最優秀主演女優賞/ゴールデンCIAK賞 最優秀主演女優賞/
イタリア映画記者協会賞 最優秀主演女優賞/ローマ映画祭 特別賞
イタリア映画祭2008上映作品

2007年/イタリア・スイス・フランス共同製作/デジタル/117分


◆『Viva!公務員』
原題:QUO VADO? 英題:Where Am I Going? 
イタリア映画祭2016上映時の邦題『オレはどこへ行く?』)
監督・原案・脚本:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ 
主演:ケッコ・ザローネ 

イタリア映画歴代興行収入トップの大記録を打ち立てたコメディ。
子供のころからの夢だった安定した終身雇用の職=公務員に就いて15年のケッコ。
だが、ある日、政府による公務員削減の対象になってしまう。
地方に飛ばしてもなかなか辞めると言わないケッコを、リストラ担当者はついに北極圏に転勤させるが・・・

会社が傾いて希望退職した私にとって、ちょっと身につまされる話でしたが、決して屈しないケッコに大笑い。最後はハッピーな気持ちに♪ 人生、何が転機になるかわからない!(咲)

イタリア映画記者協会賞 最優秀プロデューサー賞/ゴールデンCIAK賞 最優秀助演女優賞/ナストロ・ダルジェント賞 最優秀プロデューサー賞/
バリ国際映画祭 最優秀助演女優賞/イタリア・コンテンポラリー映画祭 観客賞

2015年/イタリア/デジタル/86分

◆『マフィアは夏にしか殺(や)らない』 
原題:La mafia uccide solo d'estate 英題:The mafia kills only in summer 
監督:ピエルフランチェスコ・ディリベルト 
出演:ピフ/クリスティアーナ・カポトンディ 

イタリア・アカデミー賞新人監督賞・青少年審査員賞/イタリア・ゴールデングローブ賞 最優秀脚本賞/イタリア映画記者協会賞 新人監督賞・最優秀脚本賞/
トリノ映画祭 観客賞/ゴールデンCIAK賞 脚本賞・編集賞/バンピ・ペリ映画祭 作品賞・話題賞/ブストアルシツィオ映画祭 観客賞・脚本賞/
バリ国際映画祭 作品賞/アヌシー・イタリア映画祭 グランプリ
イタリア映画祭2014上映作品

2013年/イタリア/デジタル/90分
提供:オンリー・ハーツ


公式サイト:http://www.vivaitaly3.com/
★2017年5月27日 (土)ヒューマントラストシネマ有楽町にて公開!
posted by sakiko at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花戦さ

hanaikusa.jpg

監督:篠原哲雄
原作:鬼塚忠
脚本:森下佳子
音楽:久石譲
美術:倉田智子
出演:野村萬斎(池坊専好)、市川猿之助(豊臣秀吉)、中井貴一(織田信長)、佐々木蔵之介(前田利家)、佐藤浩市(千利休)、高橋克実(吉右衛門)、山内圭哉(専伯)、和田正人(専武)、森川葵(れん)

戦国時代、京の六角堂に池坊専好という風変わりな花僧がいた。人の名前と顔が覚えられず、天真爛漫。ただただ花が好きで、世情にも出世にもとんと関心がない。時の権力者・織田信長に活けた花が気に入られ、いっきに評判が上がる。本能寺の変以後、豊臣秀吉が天下人となり、しばし世情は安定する。専好は千利休と親しくなり、互いに尊敬し高めあっていく。その後、権力を手にした秀吉は一粒種の鶴松を亡くし、正気を失ったごとく傲慢な圧政をしく。意に沿わない者は次々とは始末され、無辜の民が苦しむようになった。大切な人たちの窮状に、専好は刃でなく花を持って闘うことを決意する。

華道家元池坊に伝わる逸話を元に書かれた鬼塚忠氏の同名小説が原作。狂言師・野村萬斎、歌舞伎俳優・市川猿之助をはじめとして主役を張れる俳優が勢ぞろい。書ききれないほどたくさんの出演者です。野村萬斎さんの飄々とした軽さ、温かさが主人公そのままのようでした。池坊初代家元の専好が花を活けたとされてから、今年は555年になるそうです。先週ちょうど日本橋三越で池坊展が開催されていたので、覗いてきました。映画の紹介パネルもあり、専好と秀吉の衣裳が2点飾られていました。
秀吉と千利休の確執はこれまでにいくつかの作品で描かれてきました。1989年の『利休』(勅使河原宏監督)では、三國連太郎さんが千利休。今回は同じ役を実子の佐藤浩市さんが演じています。親子2代ですね。
作品中、池坊監修のいけばなが200余。茶道、華道をたしなむ方は必見です。劇中れんが描く絵画は小松美羽さん、題字は金沢翔子さん、と各界の才能のコラボレーションとなっています。(白)


2017年/日本/カラー/ビスタ/127分
配給:東映
(C)2017「花戦さ」製作委員会
http://www.hanaikusa.jp/
★2017年6月3日(土)いざ、勝負!
6/24(土)〜25(日)丸の内TOEIで日本語字幕付上映
posted by shiraishi at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LOGAN ローガン(原題:Logan)

logan.jpg

監督・原案:ジェームズ・マンゴールド
脚本:スコット・フランク、ジェームズ・マンゴールド、マイケル・グリーン
撮影:ジョン・マシソン
音楽:マルコ・ベルトラミ
出演:ヒュー・ジャックマン(ローガン/ウルヴァリン)、パトリック・スチュワート(チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX)、ボイド・ホルブルック(ドナルド・ピアース)、スティーブン・マーチャント(キャリバン)、ダフネ・キーン(ローラ)

2029年。地球上のミュータントは大半が死滅し、ウルヴァリンことローガンもこれまでの闘いで傷つき疲弊して、治癒能力もしだいに衰えていた。メキシコ国境に近いテキサスで出自を隠して運転手として働き、ミュータントのキャリガンと、老いを迎えているチャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)の世話をしていた。ある日ガブリエラという女性が、娘のローラをノースダコタまで送り届けてほしいと現れる。ガブリエラは子どもに実験を繰り返すトランジェン研究所の看護婦で、収容されていたローラや子どもたちを脱走させたのだった。ローラを奪還しようとピアース一味が襲撃してくる。ローガンはチャールズとローラを車に乗せ、ノースダコタへと向かう。ローラは押し黙っていたが、凶暴で戦闘能力が高く、しかもローガンそっくりの特徴を持っていた。

2000年に公開となった最初の『X-MEN』(ブライアン・シンガー監督)でローガン/ウルヴァリンを演じたヒュー・ジャックマン。17年間にわたって9作目の出演となりました。2013年日本ロケを行った『X-MEN SAMURAI』の監督も務めたジェームズ・マンゴールド監督と一緒に来日、先日プレミア上映会、翌日記者会見が行われました。
IMG_3579.JPG

ミーハー心を満タンにして出かけた会見。すらりと背が高く(小顔!)立ち姿も美しいヒュー・ジャックマン。最後のウルヴァリンとなった本作には格別の思いがあるようでした。ヒーローものでは今までになかった主人公が描かれています。ジェームズ・マンゴールド監督とヒュー・ジャックマンがミュータントのスーパーヒーローではない「人間的なドラマ」に全身全霊をこめた作品。
「最後に監督から素晴らしいプレゼントをもらった気分です。今はとても平和で満足しています」と語っていました。また特筆に値するのがローラ!台詞がないときの目力といい、動きの良さといい、二人が「ダフネ・キーンに会えたのは奇跡」というだけあります。(白)


2017年/アメリカ/カラー/シネスコ/138分/R15+
配給:20世紀フォックス映画
(C)2016 Twentieth Century Fox
http://www.foxmovies-jp.com/logan-movie/
★2017年6月1日(木)全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。

mamadame.jpg

監督:谷内田彰久
原作:モギサン、モギサン奥さん著「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」
出演:中野裕太、簡嫚書 (ジエン・マンシュ−)、王彩樺(ワン・サイファ−)、 蛭子能収

Facebookで結ばれた台湾の女の子と、日本人青年の実話から生まれた物語

台湾に住む女の子リンは、日本のドラマやアニメが大好きで、大学で日本語を専攻している。2011年3月に起こった東日本大震災の話題がfacebookでも駆け巡っていた時、リンのところに、日本人青年モギから友達リクエストが届く。いち早く復興支援の手を差しのべた台湾の人たちのことを知りたいというメッセージに、さっそく友達承認して、交信が始まる。やがて、ゴールデンウィークになり、友人二人を連れてやってきたモギさんを歓待するリン。ほんの数日の滞在だったけど、二人の気持ちは一気に縮まった。やがて、日本に嫁に行くというリンに、ママは行くなという・・・

ジエン・マンシュ−演じるリンちゃん、実にキュート。でも、本物のリンちゃんも負けず劣らず、ほんとに可愛い。中野裕太演じるモギサンは、人は良さそうだけど、ちょっともっさりした青年。本物のモギサンも、写真で見る限り、そんな感じ。よくぞ、こんなに可愛い女の子を射止めたなと感心してしまいます。ネット上で、お互いの気持ちがわかった上で会ったから? それにしても、ネットで知り合って結婚までしてしまうのか〜と思っていたら、昨日会った同級生の娘さん、結婚相手をネットで見つけたそう。今や、そんな時代なのですね。 さて、本物のリンちゃんとモギサンは、すっかり有名になり、日本と台湾を行き来して、日台の架け橋となって活動中とのこと。素敵なカップルです。(咲)

2016年/日本/94分/16.9/カラー/5.1ch
配給:朝日新聞社 / アティカス
公式サイト:http://mama-dame.com/
★2017年5月27日(土)新宿シネマカリテ他全国順次公開
posted by sakiko at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールド 金塊の行方(原題:Gold)

gold.jpg

監督:スティーブン・ギャガン
製作総指揮:ポール・ハギス(『クラッシュ』)
脚本:パトリック・マセット、ジョン・ジンマン
撮影:ロバート・エルスウィット
主題歌:イギー・ポップ
出演:マシュー・マコノヒー(ケニー・ウェルス)、エドガー・ラミレス(マイケル・アコスタ)、ブライス・ダラス・ハワード(ケイ)、コリー・ストール(ブライアン・ウルフ)

1981年ネバダ州。祖父の代からの鉱山会社を引き継いだケニーは、事業を拡大させようと頑張るも裏目に出るばかり。7年後には倒産寸前にまで追い込まれていた。家も抵当に入って手放し、昼夜働いて支えてくれる恋人ケイのもとに転がり込んでいる。インドネシアで金鉱を当てようと、地質学者のマイケル・アコスタに接近する。採掘のための資金をかき集めたケニーは、マイケルの言葉をかけて金鉱採掘を開始した。やがて大きな金脈を発見、会社はいっきに盛り返す。まさに一攫千金の夢を実現したケニーに、出資を渋った銀行や大手の採掘会社がすりよってくる。祝賀会で酔いつぶれたケニーの耳に飛び込んだのは、170億ドルの金塊が一夜にして消えてしまったというニュースだった!!

1990年代に株式市場に大混乱をもたらした、詐欺事件「Bre-X事件」をマシュー・マコノヒー自身の製作、主演で映画化したクライムサスペンス。文字通り「一山当てること」が何よりも好きなケニーは外見にかまわず、直感で生きる男。2013年の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』では、りゅうとした背広を着こなし冷徹なビジネスマンを演じ、『ダラス・バイヤーズクラブ』では21sも減量したマコノヒーが、今度はビール腹に禿げ頭、20sも増量して役作りしています。
わかりやすいケニーと違ってどこかミステリアスなマイケル役はエドガー・ラミレス。ときどき見かけるベネズエラ出身の俳優さんです。ケイ役のブライス・ダラス・ハワードはロン・ハワード監督の娘さん。『ジュラシック・パーク』ほかにも出演していますが、印象に残っているのは『ヘルプ 心がつなぐストーリー』。エマ・ストーンの友人でメイドのオクタヴィア・スペンサーをこきつかうヒリー役。今回は恋人を献身的に支え、お金に溺れないケイを演じて好感度上がりました。
ケニーは本当に“山師”だったのか、騙したのは誰なのか最後までひっぱられました。実話が元なんですよねぇ。(白)


2017年/アメリカ/カラー/シネスコ/121分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、STAR CHANNEL MOVIES
Photo by Lewis Jacobs
http://www.gold-movie.jp/
★2017年6月1日(木)TOHOシネマズ シャンテほかにてロードショー
posted by shiraishi at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おじいちゃんはデブゴン(原題:我的特工爺爺 The Bodyguard)

<サモ・ハンis BACK!>! 
第1弾『おじいちゃんはデブゴン』
サモ・ハンが『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ&アメリカ/天地風雲』(97)以来、20年ぶりにメガホンを取り、自ら主演、アクション監督を兼ねて贈る!

5月27日(土)より、新宿武蔵野館、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー!
【日本版ポスター(WEB用)】おじいちゃんはデブゴン_R.jpg
(c)2016 Irresistible Alpha Limited,Edko Films Limited,Focus Films
Limited,Good Friends Entertainment Sdn Bhd. All Rights Reserved.

監督・アクション監督 サモ・ハン
脚本 チアン・チュン 
製作 アンディ・ラウ、ビル・コン、チャイ・プイワー、アイヴィー・ホー、ラウ・イートン
撮影 アルディ・ラム 
美術 ピーター・ウォン 
編集 クワン・チーリョン 
音楽 アラン・ウォン ジャネット・ユン 
主題歌:アンディ・ラウ
<CAST> サモ・ハン(ディン)、ジャクリーン・チャン(チュンファ)、アンディ・ラウ(レイ・ジンガウ)、フォン・ジャーイー(チョイ)、リー・チンチン(ポク)、チャウ・ユーチェン(ポクの息子)、ジェームズ・リー・ガイ(セルゲイ)
<ゲスト出演> ユン・ピョウ、ユン・ワー、ユン・チウ、ツイ・ハーク、ディーン・セキ、カール・マッカ フー・ジュン、ウィリアム・フォン、エディ・ポン

ストーリー
かつて人民解放軍の中央警衛局で要人警護にあたっていた拳法の達人ディンは、退役後、北京からロシア国境に近い中国最北東部にある故郷の村綏鎮市に移り住み独り暮らしをしている。66歳になるディンは最近物忘れが激しくなって、医師には認知症の初期症状と診断されていた。
ディンが心を許すのは隣家に住む少女チュンファだけ。彼女の父レイ・ジンガウは定職に付かず、ギャンブルばかりして中国マフィアに多額の借金をして、母は家を出てしまっていた。チュンファは父と喧嘩をするたびに、ディンの家に逃げて来ていた。
中国マフィアのボス、チョイはジンガウに、借金返済を待つ代わりにウラジオストクへ行ってロシアン・マフィアの宝石を奪うという危険な任務を強要する。弱みを握られているジンガウはロシアまで行った挙句、受け取った宝石を持ち逃げしてしまう。マフィアはチュンファを誘拐して、ジンガウをおびき出そうとするが、その計画を無敵のカンフー技で阻止したのはディンだった。一度は撃退したもののチュンファの行方がわからなくなってしまった。ディンはチュンファを救うために一人マフィアに立ち向かう。
サブ1_R.jpg サブ2_R.jpg
(c)2016 Irresistible Alpha Limited,Edko Films Limited,Focus Films
Limited,Good Friends Entertainment Sdn Bhd. All Rights Reserved.
1961年の映画デビューから56年。香港映画界で俳優、武術指導、監督、プロデューサーとして様々なヒット作に関わってきた香港映画界のレジェンド、サモ・ハン。日本では“デブゴン”の愛称で知られ、たくさんのシリーズも作られ、今も根強い人気を誇る。今回、サモ・ハンが演じるのは認知症気味の退役軍人。隠居生活を送っていた彼は、中国マフィアとロシアン・マフィアの抗争に巻き込まれた隣人の父娘を救うため、封印していた無敵の必殺拳を駆使して悪を退治する。そして、格闘アクションだけでなく、幼い少女とのふれあいが爽やか。
主人公と心を通わせる幼い少女チュンファに『レクイエム-最期の銃弾-』『ファイヤー・ストーム』などの香港映画界きっての天才子役ジャクリーン・チャン、そ父レイ・ジンガウには本作のプロデューサーも兼ね、主題歌「原諒我」も歌っているスーパースター、アンディ・ラウ。父を狙う中国マフィアのボス、チョイに『控制/コントロール』『ライ・ズ・オブレジェンド 炎虎乱舞』のフォン・ジャーイー。ディンに好意を寄せる家主のポクに『グレートウォール』『わが家の犬は世界一』などのベテラン女優リー・チンチン。その息子で警察の副隊長には「遊剣江湖」など中国のTVドラマで人気のチュー・ユーチェン。サモ・ハンの旧友たち、ユン・ピョウ、ユン・ワー、ユン・チウ、ツイ・ハーク、ディーン・セキ、カール・マッカもちょこっと出演。またフー・ジュン、ウィリアム・フォン、エディ・ポンなどサモ・ハンとの関係が深い香港・中国・台湾映画界の豪華な顔ぶれが次々とゲスト出演します。

サモ・ハン20年ぶりの監督で主演です。4月初めに『SPL/狼よ静かに死ね』以来11年ぶりの来日、舞台挨拶を行いました。11年前の来日時にドニー・イェン、ウー・ジンと3人の会見の取材に行きました。2人はまだ若くて、御大サモ・ハンのオーラをびしびし感じました。大きな身体にかかわらず、身軽で切れのいアクションで魅了してきた人です。ますます貫禄がつきましたが、本作ではアクション監督も兼任、元警護役らしいアクションを心掛けたそうです。足腰がちょっと心配でしたが、手技・関節技を多用、スピードとカット割りで力強いシーンを作っていました。ラストバトルも凄いです!もともとの設定では家族や人情に重きをおいたドラマであまりアクションはなかったそうですが、サモ・ハンが出るのにそんなわけにはいきません。プロデューサーにも名を連ねているアンディ・ラウが可愛いチュンファのダメ父役で、マフィアに追われるという珍しい役。主題歌も歌っています。
サモ・ハン作品は劇場で『プロジェクトA』(1983)を観たのが始まりですが、その後ビデオを探して『鬼打鬼』(1980)まで遡ったのでした。今回サモ・ハンの旧友たち、香港映画ファンには懐かしい方々の顔を見つけるたびに「おお!」と喜んでしまいました。年は重ねても元気な皆さんにスクリーンで再会できたのが嬉しいです。次の作品の計画もあるそうで楽しみ〜。(白)

サモ・ハンのあの巨体から電光石火のごとくアクションが繰り出される。とても信じられないくらいきれのいい動き。なぜ、そんなことができるのか、自分の身体の変化を考えると(すごく太って、すばやい動きはすでにできずの状態)、どうなってるの?と思ってしまう。壮絶な最後のシーンは目を背けたくもなるけど、最後にほっとした。少女が出てくることで心和む。それにしても豪華な出演メンバー。
公開2日目に観にいったアンディファンの友人たちも、サモ・ハンのアクションを興奮気味に話していた。朝いちの回が満員だったそう。(暁)


【公式HP】 sammohungisback.com
<2016年/中国・香港/99分/広東語/R15+/カラー/シネマスコープ/>
字幕翻訳:神部明世 
配給:ツイン

サモ・ハン11年ぶりに来日し舞台挨拶に
シネマジャーナル記事 <サモ・ハンis BACK!>
桜咲く東京にサモ・ハンがやってきました!
〜先行特別上映会 舞台挨拶報告〜
http://www.cinemajournal.net/special/2017/sammohung/index.html
posted by akemi at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。