2017年05月26日

ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー(原題:Harold and Lillian: A Hollywood Love Story)

harold.jpg

監督・脚本:ダニエル・レイム
製作総指揮:ダニー・デビート
撮影:バティスト・フェンウィック、ダニエル・レイム
出演:ハロルド・マイケルソン、リリアン・マイケルソン、メル・ブルックス、フランシス・フォード・コッポラ、ダニー・デビート

ハロルド・マイケルソン(1920〜2007年)、リリアン・マイケルソン(1928〜)は、ハリウッド全盛期に絵コンテ作家とリサーチャーとして活躍した。弾2次大戦で爆撃機搭乗員だったハロルドは帰還してハリウッドに移る。ハロルドの母親の反対を押し切ってリリアンと結婚し、イラストレーターを経て映画制作スタジオに入り、絵コンテ作家として頭角を表す。リリアンは主婦として子育てと家事のかたわら、ハロルドと同じスタジオでリサーチャー(映画の資料集め)を始め、のちにリリアン・マイケルソン・リサーチ図書館を設立。数々の名作・大作を手掛け、ハリウッド映画を支えてきた二人をインタビューや映像資料とともに振り返る。

ダニエル・レイム監督はアメリカン・フィルム・インスティチュートの学生だった1997年、講師だったハロルドに出会い親交を深めていったそうです。2000年ころから二人の映画を作ろうと準備を始め、多くの映画関係者にインタビューをし、ハロルドの絵コンテを探しました。まだ若かったころの二人の映像やハロルドの絵コンテと実際の映像の比較などとても興味深いシーンばかりでした。
黒澤明監督の絵コンテを見たことがあります。画家を目指したこともあったという監督の絵コンテは、骨太の力強い線に色もしっかりつけられていました。監督の思いがその中に凝縮されているようでした。
速い線描きのものが多いハロルドの絵コンテは、当時の制作本数が多かったのと時間がかけられなかったせいかもしれません。絵コンテは脚本から映像を起こすので、監督のようなものです。ハロルドの絵は的確でセンスがよく、そのまま名場面の元にもなっています。それなのに職人仕事のひとつでクレジットされることもなかったというのは不思議です。同じく映画を見えないところで支えてきたリリアンの仕事も。
思い出を語るリリアンが表情豊かで、とっても可愛らしいです。あらゆる知識と人とのネットワークを駆使して資料や情報を集めたというのも、この人好きのするリリアンの魅力が大いに役立ったはず。舞台裏を観るのが好きな方は必見。(白)


2015年/アメリカ/カラー・モノクロ/16:9/94分
配給:ココロヲ・動かす・映画社○
(C)2015 ADAMA FILMS All Rights Reserved.
http://www.harold-lillian.com/
★2017年5月27日(土)YEBISU GARDEN CINEMAほかで公開
posted by shiraishi at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする