2017年05月03日

トトとふたりの姉(原題:Toto si surorile lui)

toto.jpg

監督・脚本・撮影・編集:アレクサンダー・ナナウ

ルーマニアの首都ブカレスト。その郊外に見捨てられたようなロマ・コミュニティがある。おんぼろのアパートの1室には10歳の少年トトと姉二人、アナ17歳、アンドレア14歳が住んでいる。母親は麻薬売買の罪で服役中。父親はいない。母親の弟が子どもたちの面倒を見てくれるはずだったが、ドラッグや酒を持ち込んで悪友とたむろするばかり。男たちが注射を打っているのを目にしながら、ベッド代わりの椅子で眠るトト。アンドレアはそんな家に寄りつかず、友達の家を泊まり歩いている。アナは先が不安でドラッグに手を出し、逮捕されてしまった。アンドレアは監督から渡されたカメラに向かって、誰にもいえなかった胸の内を語り始める。トトはヒップホップのダンスを知って、初めて夢中になれるものを見つけた。

子どもは生まれてくる家も親も選べません。それしか知らなければどんな環境であろうと、それが日常で生活の場になります。『ムーンライト』のシャロンは、母親が麻薬中毒・売春で薬代を稼ぐような家で育ったけれど、他人のフアンとテレサからたくさんの愛情を注がれました。
ところがこのドキュメンタリーの姉弟には、そんな大人が身近にいません。まともな仕事も希望もない大人は、酒やドラッグに浸り過酷な現実から一時でも逃れようとしています。トトの目に希望の光が灯ったことで、アンドレアが少し変わります。明るくて暖かい方へと向かうのは自然の理なのでしょう。各地の映画祭で絶賛されたそうですが、あの子たちは今どうしているのか、その後が気になります。(白)


2014年/ルーマニア/カラー/93分
配給:東風、gnome
(C)HBO Europe Programming/Strada Film
http://www.totosisters.com/
★2017年4月29日(土)ポレポレ東中野にて上映中 ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ルーマニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラストコップ THE MOVIE

last cop.jpg

監督:猪股隆一
脚本:佐藤友治
原作:「DER LETZTE BULLE」Red Arrow International 
撮影:迫信博
主題歌:BLUE ENCOUNT「さよなら」(キューンミュージック)
出演:唐沢寿明(京極浩介)、窪田正孝(望月亮太)、佐々木希(鈴木結衣)、藤木直人(松浦聡)、小日向文世(神野晴彦)、和久井映見(鈴木加奈子)、宮川一朗太(鈴木誠)、加藤雅也(西園寺春孝)、吉沢亮(藤崎誠吾)、升毅(町田昭仁)

熱血刑事(デカ)だった京極浩介は捜査中に爆発にまきこまれ、30年間昏睡状態にあった。奇跡的に目覚めるが、自分以外はすっかり変化しており、愛妻の加奈子は浩介の娘・結衣を連れて後輩の鈴木と再婚していた。平成生まれの望月亮太と相棒(バディ)を組んで仕事に復帰するも、なにしろ感覚は30年前のまま。亮太を振り回しながら事件解決にまい進する。そんな凸凹コンビの前に、最新鋭の人工知能が発端となった事件が勃発する。

2015年、2016年に放映されたテレビドラマの劇場版。新しいキャストを加えて、オリジナルのストーリーが繰り広げられます。アナログ刑事VS人工知能、不死身の浩介も限界か?元々はドイツの人気シリーズだったそうで、日本ばかりでなく各国でリメイク版が作られているようです。ドラマを見なかった人もついていけますのでご安心ください。
唐沢寿明さんは熱すぎる浩介にぴったり。得意のギャグが「コマネチ!」とは。30年くらい前のビートたけし(今や世界のキタノ監督)さんのネタでした。若い人は知らないんですねぇ。若い亮太との漫才のような掛け合い、浩介と世間とのズレ具合が笑いの素になり、コメディ度がかなり高いです。窪田正孝くんはコメディもイケます。映画では冒頭から「な、なんだ?!」というアクションシーン、ハイテンションなコメディから泣かせるドラマにもなり、幕の内弁当のようでした。おまけにエンディングが10種類用意されていて、各劇場で週替わりでランダムに上映されます。何が見られるかお楽しみに!(白)


2017年/日本/カラー/ビスタ/105分
配給:松竹
(C)2017映画「ラストコップ」製作委員会 
Based on the German TV series “DER LETZTE BULLE”, distributed by Red Arrow International
http://lastcop-movie.jp/
★2017年5月3日(水・祝)全国ロードショー
posted by shiraishi at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする